ラサギリンが処方される理由とは

3月 14, 2020
医師は、パーキンソン病の治療のためにラサギリンを処方します。レボドパとの併用療法または単独で使用できる薬です。この記事では、その管理方法と禁忌について説明します。

医師はパーキンソン病の治療のためにラサギリンを処方します。通常、この薬は、パーキンソン病の治療法として使用されていたドーパミンの前駆体であるレボドパの補助療法で使用できます。しかし、医師はレボドパなしでラサギリンを独自に処方します。

パーキンソン病は、ドーパミンとして知られる、脳にとって非常に重要な化学物質をニューロンが十分に生成しない場合に発生する運動障害の一種です。以下に、ラサギリンがどのように役立つかを説明します。

ラサギリンの仕組み

ラサギリンは、選択的MAO-B阻害剤です。 MAO-Bの阻害は、ドーパミンが神経外で分解するのから保護します。したがって、脳内のドーパミン濃度が増加します。最初は、医師はレボドパとともにラサギリンを処方していました。しかし今日では、投与終了時に運動の変動がある患者の場合に、両方を組み合わせて処方しています。

ラサギリンを処方 ドーパミン
ラサギリンは、選択的MAO-B阻害剤です。したがって、ドーパミンを分解から保護します。

医師がラサギリンを処方する方法 〜投与量と投与について〜

基本的に、一般的な投与形態は経口で、24時間ごとに1 mgの用量を、単独でまたはレボドパと組み合わせて投与します。食事の有無にかかわらず服用できます。また、高齢患者に容量を変えずに投与できます。

専門家は未成年者にラサギリンを勧めません。これは、小児および青年におけるその安全性と有効性に関する十分なデータがないためです。

ラサギリンの禁忌

次の条件下ではラサギリンを処方すべきではありません。

  • 活性物質または賦形剤のいずれかに過敏症がある場合。
  • 患者がすでにモノアミン酸化酵素(MAO)で治療中の場合。これには、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)などの処方箋の対象ではない医薬品や天然物を服用している場合も含まれます。これらの場合、患者は、ラサギリンの使用を中止してMAO阻害剤またはペチジンによる治療を開始した時点から14日間の休憩を取る必要があります。
  • 急性または慢性肝不全の患者。また、軽度の肝不全の患者は、ラサギリンによる治療を開始するときに特別な予防措置を講じる必要があります。ただし、肝不全が軽度から急性に進行した場合、治療を中止する必要があります。

こちらもお読みください:認知症について掘り下げる:認知症患者の生活とは?

他の薬物との相互作用およびその他の相互作用

上述のように、ラサギリンを他のMAO阻害剤または抗うつ剤と併用することは禁忌です。例としては下記が挙げられます。

  • セントジョンズワート(セイヨウオトギリソウ)などの天然抗うつ薬
  • SSRI、選択的セロトニン再取り込み阻害薬
  • SNRI、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬
  • 三環系および四環系抗うつ薬

また、鼻と口内の鬱血除去薬や、エフェドリンまたはプソイドエフェドリンを含む風邪薬に含まれるような交感神経刺激薬と一緒に服用してはいけません。

ラサギリン
ラサギリンは、他のMAO阻害剤または抗うつ剤とは禁忌です。

この点で、酵素シトクロムP450(CYP450)は、ほとんどの薬物の代謝で役割を果たします。事実、ある試験管内研究で、シトクロムP450 1A2(CYP1A2)のアイソザイムがラサギリンの代謝に関与する主要な酵素であると示唆する結果が出ています。したがって、ラサギリンとCYP1A2阻害剤であるシプロフロキサシンの同時投与は、ラサギリンの血漿濃度に影響を与える可能性があります。なので、注意して服用する必要があるのです。

さらに、代謝酵素CYP1A2の誘導により、喫煙患者ではラサギリンの血漿レベルが低下する可能性があります。

こちらもお読みください:私たちの脳が必要とする必須脂肪酸

考えられる副作用

ラサギリンの最も一般的な副作用は次のとおりです。

  • インフルエンザまたはインフルエンザウイルスによる感染症
  • 皮膚がん
  • 白血球減少症
  • アレルギー、鼻炎、または結膜炎
  • 食欲減退
  • うつ病と幻覚
  • 頭痛
  • めまい
  • 狭心症
  • 皮膚炎
  • 鼓腸
  • 緊急排尿
  • 発熱または倦怠感
  • 筋骨格痛、頸部痛、関節炎

ラサギリンは妊婦に処方できる?

現在、妊娠中のラサギリンへの暴露に関する臨床データはありません。ただし、動物での研究では、妊娠に対する直接的または間接的な悪影響は示されていません。悪影響には、胚胎児の発達、出生、出生後の発達が含まれます。

それにもかかわらず、ラサギリンを服用する妊婦は注意が必要です。また、ラサギリンは母乳育児を妨げる可能性があります。実験データによると、ラサギリンはプロラクチン分泌を抑制します。しかし、ラサギリンが母乳内に排泄されるかどうかは未だ不明です。したがって、授乳中の女性に処方するときは医療専門家により予防策が講じられる必要があります。

  • Agencia Española del Medicamento (2019). Centro de información del medicamento. Ficha técnica. Rasagilina. Disponible en: https://cima.aemps.es/cima/dochtml/ft/80346/FT_80346.html
  • Jiang DQ, Wang HK, Wang Y, et al (2019). Rasagiline combined with levodopa therapy versus levodopa monotherapy for patients with Parkinson’s disease: a systematic review. Neurol Sci. doi: 10.1007/s10072-019-04050-8. [Epub ahead of print]. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3144657

  • Rang HP, Dale MM (2012). Farmacología 7ª edición. Enfermedades neurodegenerativas, 39: 488