ペットを飼うことで得られる健康効果

ペットを飼うことで得られる健康上の利点がいくつかあります。中には、糖尿病患者にも認められている利点もあるのです。
ペットを飼うことで得られる健康効果

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 15 1月, 2023

ペットを飼うことは、家族全員の感情や愛情、他にもさまざまな面で変化をもたらします。しかし、それだけではなく、ペットを飼うことの利点や、ペットが私たちの生活の質を向上させることが、研究によって証明されています。

ペットが誰にとっても素晴らしいパートナーであることに疑いの余地はありません。ペットは、飼い主が家族の一員と考えるほど、家庭内で重要な位置を占め、密接な関係性を人間と築くことができます。

皆さんもペットを飼っている、あるいは以前飼ったことがあり、ペットの存在が健康にとっていかに重要であるかを考えたことがあるのではないでしょうか。ペットを飼うことの利点がまだわからないという方のために、ペットを愛する理由、またはペットを飼うことをお勧めする理由をご紹介します。

ペットを飼うと心臓病のリスクが低下する

アメリカ心臓協会が行った研究によると、ペットを飼うことで心臓病にかかるリスクを減らすことができると判断されました。この研究で、犬を散歩に連れて行くことで、推奨される消費エネルギーの54%以上を満たしていることが示されたのです。つまり、犬の散歩で心臓血管系の病気にかかりにくくなるのです。

心臓の健康を保つためには、週に少なくとも150分はペットと一緒に散歩することがポイントです。

孤独感が和らぐ

Consejos para vivir mejor
ペットを飼うことは、孤独感やそれに関連する影響を和らげるなど、多くの幸福をもたらします。

ペットを飼うことで、自分に自信を持ち、自分は守られていると感じることができるようになります。このテーマに関する研究では、ペットの所有は、一人暮らしの高齢者の孤独感やそれに関連する後遺症を軽減するなど、多くの幸福感をもたらすことが示唆されています。

このように、特に高齢者にとっては、ペットを飼うことは孤独感を回避するために有益であると考えられます。

ストレス軽減の効果がある

ペットを飼うことで、ストレス、不安、抑うつなどの感情を軽減できる可能性があります。2018年にInnovation Aging誌が発表した研究で、ペットを飼うことでうつ病の症状を持つ人のストレス反応を弱める可能性があると説明されています。

体の免疫系を強化してくれる

免疫システムに対するペット所有の利点
幼少期からペットと一緒に暮らすことは、免疫系の強化につながります。

幼い頃からペットと一緒に暮らすと、免疫系が強化され、アレルギーや呼吸器系疾患の発症リスクが低下することが、さまざまな調査によって明らかにされています。

このことを証明するために、フィンランドの研究者たちは、生まれてから1歳になるまでの397人の子どもたちを対象に調査を行いました。調査内容は、子供たちと動物との触れ合いをモニターするというものでした。その結果、動物との接触が多い子どもほど、免疫力が高いことが判明したのです。

こちらもお読みください: 家でペットを飼うメリット

糖尿病患者を助けることができる

信じられないような話ですが、糖尿病に苦しむ人々を助けることができる能力がある犬がいます。糖尿病患者を助けるために犬を訓練することを目的とした「Dogs for Diabetics(糖尿病患者のための犬)」といった団体も存在するほどです。

Plos One誌が2016年に発表した研究では、家庭内で1匹以上のペットの世話を積極的にしている子供は、ペットの世話をしていない子供に比べ、血糖値をコントロールできる可能性が2.5倍高いことが判明しています。

寿命が延びる

犬を飼っている人は座りっぱなしの時間が少なく、血圧、血漿コレステロール、中性脂肪が低いというエビデンスがある。

ペットを飼うことはメリットが多く、そのメリットの一部は心血管系リスクに対する好ましい影響だと広く信じられています。例えば、犬を飼っている人は座っていることが少なく、ペットを飼っていない人に比べて血圧、血漿コレステロール、中性脂肪が低く、精神的ストレスに対する反応が弱く、心筋梗塞後の生存率が高いというエビデンスがあります。

一般的に、ペット、特に犬を飼うことは、健康上の利点と関連しています。このような利点は、生活の質を向上させ、より長い間、ハリのある生活を送ることにつながるはずです。

こちらの記事もおすすめです。
家でペットを飼うメリット
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
家でペットを飼うメリット

自宅でペットを飼うことは、子供の発育に大変有益な体験です。家族とペットの間に築かれる絆は愛と責任を育みます。また、安全面に必要となる要因を形成し、家族の誰にとっても素敵な相棒となります。



  • Of, B., & Pets, F. (2009). Human-Animal Bonds II : The Role of Pets in Family. Most. https://doi.org/10.1121/1.3109980
  • Cherniack, E. P., & Cherniack, A. R. (2014). The benefit of pets and animal-assisted therapy to the health of older individuals. Current Gerontology and Geriatrics Research. https://doi.org/10.1155/2014/623203
  • McConnell, A. R., Brown, C. M., Shoda, T. M., Stayton, L. E., & Martin, C. E. (2011). Friends with benefits: On the positive consequences of pet ownership. Journal of Personality and Social Psychology. https://doi.org/10.1037/a0024506

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。