パセリを使って腎臓を綺麗にしよう

11月 9, 2019
パセリには、健康維持のために必要な栄養素が含まれています。今回の記事では、パセリが腎臓に与える素晴らしい効果についてご紹介します。

パセリは世界中で好んで食されているハーブです。パセリの薬効成分は、特に腎臓の健康に関してはよく知られています。

その癒しの特性だけに留まらず、パセリは美味しく、味にアクセントを出してくれるので美食家たちに好まれます。パセリのレシピに関しては他の記事に譲るとして、ここでは、腎臓へのパセリのメリットについてお話したいと思います。。

こちらもお読みください:糖尿病患者のためのレシピ4選

腎臓の役割

腎臓は血液のフィルターとして機能し、24時間365日ずっと働きます。体に入るすべてを処理し、体にとって良いものと悪いものを選別します。選別が完了すると、尿を通して老廃物を送り出します。

栄養不足の食事や座りがちなライフスタイルを送っているならば、体内の毒素蓄積を促進してしまっています。つまり、腎臓は残業を迫られているようなものです。ですので、より健康的なライフスタイルを送ることに加えて、腎臓の効率を最適化する方法の1つは、自然療法を使用することです。

パセリは、ビタミンK、A、C、葉酸、鉄分を多く含みます。おそらくもうご存知の通り、これらのビタミンはすべて、腎臓の健康に不可欠です。

腎臓のためにパセリを使おう

腎臓

1.パセリは腎臓の健康を改善する

パセリには利尿作用があり、むくみの除去に役立ちます。老廃物や毒素を排泄し、パセリを食べることでビタミンやミネラルも摂ることができるので、パセリが腎臓の健康を守るのに繋がるのです。

さらに、パセリは腎臓結石や胆石の予防にも役立ちます

こちらもお読みください:鉄欠乏性貧血に役立つ5つの自然療法

2.抗炎症作用がある

パセリには、抗炎症作用があるアピゲニンなどの有効成分が含まれています。さらに、強力な抗酸化物質であるフラボノイドも大量に含まれています。

さらに、パセリには、ビタミンCと、1つの抗炎症性天然抗酸化物質であるケルセチンが豊富に含まれています。

3.パセリは老廃物の排泄を促進する

パセリ

パセリには、腎臓の健康に対する利点に加えて、抗酸化物質や消化に関する重要な利点もあります。

パセリは、毒素除去のプロセスの一部になることで、消化と腎機能を刺激します。基本的に、パセリは消化機能と老廃物排泄の改善に役立ちます。

さらに、パセリの葉にはガスを排出する機能があることを覚えておきましょう。つまり、胃腸管内でのガスの形成を防ぐことにより、鼓腸を緩和するのに役立ちます。これにより、お腹の張りが減少します

4.パセリは腎臓結石の解消に役立つ

腎臓結石は、腎臓内または尿路内に堆積したミネラルが原因で起こります。誰にでも起こる可能性はありますが、最も被害を受けやすいのは30〜50歳の男性です。

パセリには少量のナトリウムが含まれているため、血圧を安定させます。ということは、腎臓疾患や心血管疾患の予防に役立ちます。高血圧は腎臓の血管を損傷および硬化させ、不要な老廃物や結石を蓄積する可能性を高めるので注意しましょう。

この点で、パセリは、腎臓結石形成の最も一般的な原因である、シュウ酸カルシウムの蓄積を食い止めます。これも全て、パセリが持つ血圧と腎臓への利点のおかげです。

5.パセリは自然な利尿薬になる

最後に、パセリは非常に効果的な自然利尿薬です。つまり、排尿を増やし、むくみを減らすのに役立つ、ということです。

その結果、老廃物を減らし、病原体の除去を活発化することにより、腎臓をきれいにする効果があります。

パセリの種子には利尿作用があります。尿排泄を促進し、むくみを軽減します。

利尿作用は、アピオールとミリスチンの2つの成分から生まれる効果です。他の作用の中でも、パセリの種子は、体内に蓄積された毒素、過剰なナトリウム、および水分を除去するのに役立ち、これらはすべて腎機能の改善に繋がります。

最後に、パセリは、バクテリア、菌類、寄生虫を寄せ付けない栄養素を含んだハーブだということもお伝えします。間違いなく食べるべきハーブですね。

  • S. Martínez-Flórez, J. González-Gallego, J. M. Culebras y M.a J. Tuñón. Los flavonoides: propiedades y acciones antioxidantes. Nutr. Hosp. 2002; XVII (6) 271-278
  • Vicente-Vicente A. Eficacia y seguridad de la quercetina como complemento alimenticio. Redalyc.org. 2018. http://www.redalyc.org/html/919/91931189008/
  • Kreydiyyeh, S. I., & Usta, J. (2002). Diuretic effect and mechanism of action of parsley. Journal of Ethnopharmacology, 79(3), 353–357. Retrieved from http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11849841