パプリカが隠し味:簡単フムスレシピ

1月 29, 2020
パプリカを隠し味に使う簡単フムスレシピをご紹介します。食事にもおやつにも楽しむことができるお勧めのレシピです。

今回ご紹介するのは、自宅で簡単に手作りができるフムスレシピで、隠し味にパプリカを使います。

フムスとは、中東料理の一つで栄養豊富で低カロリーのレシピです。

今回ののレシピでは、ひよこ豆、タヒニ(ゴマペースト)、レモン果汁、そして新鮮なニンニクなど、基本的なムフスの材料に、隠し味としてパプリカを加えます。

辛い味が好きな方は、カイエンペッパーも加えましょう

汎用性が高く美味しいこのレシピは、お好みで、他の材料を追加して味を変えることもできます。

フムスを食べるべき理由

パプリカが隠し味:簡単フムスレシピ ボウルに入ったフムス

ひよこ豆のすごさ

フムスの主な成分の一つであるひよこ豆には、多くの必須栄養素が含まれています。

フムスおよそ100gの栄養成分をご紹介します。

  • カロリー:166カロリー
  • 脂肪:9.6g
  • タンパク質:7.9g
  • 炭水化物:14.3g
  • 繊維:6.0g
  • マンガン:食事摂取基準の39%
  • 銅:食事摂取基準の26%
  • 葉酸:食事摂取基準の21%
  • マグネシウム:食事摂取基準の18%
  • リン:食事摂取基準の18%
  • 鉄:食事摂取基準の14%
  • 亜鉛:食事摂取基準の12%
  • チアミン:食事摂取基準の12%
  • ビタミンB6:食事摂取基準の10%
  • カリウム:食事摂取基準の7%
    (食事摂取基準 = 1日の推奨摂取量)

続きを読む:美味しい茄子の食べ方!ババガヌーシュのレシピ

パプリカが隠し味:簡単フムスレシピ

パプリカが隠し味:簡単フムスレシピ 美味しそうなフムス

今回ご紹介するフムスは他の料理との相性が良いレシピで、市販のマヨネーズやドレッシングの代替品としても使用できます。

栄養上の利点を多く備えた良質のフムスは、手作りするのが最も健康的な方法です。

今回は、従来のレシピにパプリカを加えた応用レシピをご紹介します。

材料

  • 乾燥ひよこ豆 1カップ~1と1/4 カップ(調理後は3カップになります。滑らかにしたい場合は皮をむいてください)
  • ニンニク 1〜2片(みじん切り)
  • 氷 3〜4個
  • タヒニ 1/3カップ(または練りゴマやゴマのペースト)
  • 天然塩 小さじ1/2
  • レモン果汁 1個分
  • 湯(必要に応じて)
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • パプリカ(味付けに)

作り方

  • ひよこ豆は、茹でる前に一晩水に浸す必要があります。水で戻した後、薄皮を取り除きましょう。水で戻す時間がない場合は、熱湯で茹でる方法もあります。
  • 茹でる時間は、フムスを滑らかにするかまたは少し硬めの食感を残すかによっても異なります。
  • ひよこ豆とニンニクのみじん切りをフードプロセッサーまたはブレンダーに入れて、ピューレ状にします。
  • フードプロセッサーが動いている時に、氷、タヒニ、塩、レモン果汁を加え、約4分間しっかりと混ぜます。
  • 硬さを確認し、もう少し柔らかい方が良い場合は、お湯を少量ずつ加えます。
  • お好みの硬さになるまで混ぜます。
  • 出来上がったものを盛り付け用のボウルに入れたら、エキストラバージンオリーブオイルをたっぷりと加えます。
  • 飾りつけとしてひよこ豆をのせ、その上からパプリカを振りかけます。
  • 小さく切ったピタパンやお好みの野菜を添えたら出来上がりです。

フムスは、市販のドレッシングやディップ、そしてマヨネーズの代替品となります。フムスの持つクリーミーな風味と質感は、他の料理に加えたり添えることで多くの風味を与えます。

フムスと相性のいい料理をご紹介します。

  • サンドイッチやハンバーガー
  • デビルエッグ
  • チキンナゲット
  • トースト、パン、クラッカー
  • トウモロコシや小麦粉で作る料理
  • 野菜
  • サラダ、スープ、クリーム

こちらもご参考に:ヘルシーなパンって一体どんなもの?

最後に

フムスはとても健康的な伝統的なレシピです。

今回ご紹介した基本のレシピ以外にも、ローストガーリックとピーマン、アボカド、黒豆、カイエンペッパーなど、様々な材料を使ったフミスをお試しください。

タヒニは、練りゴマやゴマペーストで代用することができますが、可能ならばタヒニを使いましょう。

戻したひよこ豆3カップごとに1/3カップのタヒニが基本の配合ですが、お好みでタヒニを増やしてください。

フムスは低カロリーの健康的な料理ですが、フライドチキンなどの高カロリーな料理と一緒に食べるときは、注意が必要です。

全粒パンや新鮮な野菜など、健康的な食べ物と一緒に食べるのが、最もお勧めの食べ方です。

  • Wallace, T. C., Murray, R., & Zelman, K. M. (2016). The nutritional value and health benefits of chickpeas and hummus. Nutrients. https://doi.org/10.3390/nu8120766
  • Hummus. (2013). In An A-Z of Food and Drink. https://doi.org/10.1093/acref/9780192803511.013.0630
  • Chickpeas and Hummus are associated with Better Nutrient Intake, Diet Quality, and Levels of Some Cardiovascular Risk Factors: National Health and Nutrition Examination Survey 2003-2010. (2014). Journal of Nutrition & Food Sciences. https://doi.org/10.4172/2155-9600.1000254
  • NCT02696278. (2015). Hummus for Health: dietary Quality and Health Outcomes in Toddlers. Hummus for Health: Dietary Quality and Health Outcomes in Toddlers.