パイナップルウォーターの効能6選

5月 28, 2017
パイナップルウォーターには数多くの効能があります。毎日の食事に取り入れ、その健康効果を最大限にご活用ください!

パイナップルは、その美味しさ、高い栄養価、そして万能さから、長きにわたって多くの人から愛されてきた人気の南国フルーツです。

消化機能を改善する利尿物質と抗炎症物質を豊富に含むパイナップルは、さまざまな病気の予防や、症状の改善に効果を発揮します。

パイナップルに豊富に含まれる食物繊維、植物ステロール、そしてブロメラインは、体内に蓄積された有害物質の排出を促進する重要な物質です。

また、活性酵素によるダメージから細胞を保護する、強力な抗酸化物質を豊富に含むパイナップルは、低カロリーで、健康的に減量をしたいと考えている方におすすめの食材です。

本記事ではご自宅で簡単に作れるパイナップルウォーターのレシピとその効能をご紹介します。

 

1.免疫システムの強化

パイナップルウォーターには、免疫システムを強化するのに必要な栄養素であるビタミンCが豊富に含まれています。

パイナップルウォーターを空腹時に飲むことで、感染症をはじめとするウイルス、細菌、そして真菌などが原因の病気に効果を発揮します。

 

2.肝臓と大腸のクレンズ

パイナップルに含まれる消化酵素と抗酸化物質が肝臓の機能を刺激し、有害物質の排出を促進します。

そして血流を浄化しながら細胞へ酸素を供給します。さらに腸内では、軽い緩下剤として作用するため、便通を改善し便秘を予防します。

 

3.甲状腺機能の向上

パイナップルウォーターには、甲状腺の炎症を抑えるなど、甲状腺機能の向上をサポートするヨウ素やその他の必須ミネラルが含まれています。

パイナップルウォーターを継続して摂取することで甲状腺疾患のリスクを減少し、すでに甲状腺疾患を発症している人の症状を和らげます。

パイナップルの有効成分であるブロメラインが甲状腺機能障害が引き起こす自己免疫疾患の発症を抑えます。

 

4.炎症の緩和

パイナップルに含まれる消化酵素であるブロメラインには強力な抗炎症作用があり、体内組織とシステムに有効な成分です。

パイナップルウォーターを続けて飲むことで、関節炎や骨の疾患といった炎症系疾患の患者の生活を改善します。

また腹部の脂肪を減少させ、腸内の炎症やガスの生成を抑制します。

 

5.体液貯留の予防と症状の緩和

体液貯留は、高血圧や関節炎などの慢性疾患のリスクを高めます

生活習慣を改善し、パイナップルウォーターを毎日飲むことで、体液貯留からの回復スピードが早まります。

パイナップルウォーターには、腎臓機能の改善と細胞内の体液の正常化に効果のある利尿成分が含まれています。

 

6.尿路感染症予防

パイナップルウォーターは尿路感染症の予防に効果のあるナチュラルドリンクです。尿の量を増やして腎機能を改善します。

パイナップルの摂取により、尿路感染症の原因となる病原体を死滅させます。

 

パイナップルウォーターの作り方

パイナップルウォーターを飲むことで、一日に必要な水分を補給しながら健康改善が可能です。

パイナップルウォーターは最も健康的な水分補給といっても過言ではなく、必須栄養素を体内に供給する大切な栄養補給でもあります。

材料

  • パイナップル(外皮も含む)1/2個
  • 水 1リットル

作り方

  • パイナップルを「皮をむかず」に小さく切ります。
  • 1リットルの水と一緒に鍋の中に入れて沸騰させます。
  • 沸騰した後は弱火にして5分間煮ます。
  • 火から下ろしたら数時間おきます。
  • 濾し器で液体を取り出したらパイナップルウォーターとして飲みます。
  • 砂糖や甘味料を加えないでください。

効果的な摂取方法

  • 空腹時に1カップのパイナップルウォーターを飲み、残りは一日をかけて少しずつ飲んでください。

今回ご紹介した通り、パイナップルウォーターには数多くの薬用効果があります。

パイナップルウォーターとパランスのとれた健康的な食事を組み合わせることで健康効果を実感できます。

あなたへおすすめ