体液貯留を自然に治す4つの方法

4月 1, 2017
体液貯留にお悩みではありませんか? 体液貯留が現れている時は、身体のどこかに不調があるというサインです。気になる症状がある場合には、医師に診断をしてもらい、自宅で出来る自然療法を試してみましょう。今日は、簡単にできる4つの方法をご紹介します。

体液貯留に悩んでいる人は本当にたくさんいます。初期の段階では、あまり気づかれず、そのままにしてしまう人が多いのですが、ひどくなるととても辛い症状が出るので、むくみがひどいなと感じたらすぐに対処する必要があります。

体液貯留は病気?

体液貯留の症状が少しあるだけでは、重い病気だとは考えられません。しかし、多くの場合は他の病気(消化器官、心臓や腎臓など)に関係しているのです。ですから、決して軽く考えず専門の医師に相談するようにしましょう。

 

体液貯留とは

その名前からもわかるように、体液貯留とは身体の体液や組織が体内に蓄積する症状です。

一般的には、食生活が原因と思われますが、他にも原因があるようなので、一概に食生活のみが原因、とは言い切れません。

 

体液貯留の原因

 

まず、体液貯留は体液の通り道のコントロールバランスが崩れた時に起こります。

この場合、排出システムがうまく働かず、体内の余分なものを排出することができなくなってしまいます。

 

関係がある要因は:

  • 妊娠
  • 腎障害
  • 肝臓の問題
  • 更年期障害
  • 胃の状態
  • 肥満
  • 悪い生活習慣

 

体液貯留に気がつく方法は?

 

2-knee-pain

先ほど、体液貯留自体は病気ではありませんが、大きな病気を引き起こすサインのようなものとお伝えしました。

 

ですから、体液貯留の症状についてよく知っておく必要があります。

体液貯留なのかを確かめたい場合には、下記にあげる点に注目してみてください。

 

  • 疲労
  • 脚の重み
  • 下肢のむくみ
  • 腹部の炎症
  • 腹痛
  • 身体の他の部分の炎症(あまり一般的ではありませんが、起こりえます)

 

自然に治す方法

 

体液貯留を治す方法はたくさんありますが、自然な方法を使って治すのが最善です。

多くのケミカルが使われた薬に頼るのではなく、下記に紹介するいくつかの自然療法を試し、自分に一番あった治療法を見つけてください。

 

1. 水をたくさん飲む

 

体液貯留がある場合でも、水分補給はあなたの身体にとって、とても大切です。

矛盾しているようですが、体液が蓄積している場合は、いつも以上に水分を多くとる必要があります。そうしないと、体液の流れがもっと悪くなってしまいます。

 

むくんでいるからといって水分補給をしないでいると、あなたの身体は水分不足に備えて、もっと水分を溜め込もうとしてしまうのです。

体内の水を継続的に入れ替えてあげるというイメージを持つといいですね。

 

2. 緑茶

3-green-tea

体液貯留に苦しんでいる人は、利尿作用のある食べ物や飲み物を普段の食生活に取り入れていきましょう。私たちの身近にある緑茶は、とても良い選択肢です。

緑茶には利尿作用だけではなく、デトックス効果もあります。緑茶を飲むと、体内の毒素を尿から排出できるようになります。

もちろん毎日緑茶を飲んでもいいですが、最低でも週に3日は飲むようにしましょう。

一日に3杯程度、飲むことをオススメします。

 

3. パイナップルを食べる

 

パイナップルは、おいしくジューシーで世界中の人にとても人気がある果物ですよね。

実はパイナップルは、おいしいだけではなく、身体にとても良い栄養素がたっぷり含まれています。

パイナップルは、水分を多く含んでいますので、利用作用があり、体液貯留を治すのに効果的なフルーツです。

それだけではなく、定期的にパイナップルを食べると、体液の循環を促進して、セルライトを減らしてくれる効果もあります。

 

4. パセリ茶

 

緑茶と同様、パセリ茶にも良い利尿作用とデトックス効果があります。

 

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • パセリ 大さじ1(10g)

 

手順

  • 鍋にお湯を沸かし、その中にパセリを入れ、10分間そのままにしておきます。
  • 一日2杯のパセリ茶を飲みましょう。

 

もし、お茶として飲みたくない場合は、他のフルーツを入れてジュースとして飲んでも同じ効果が期待できます。

 

他の治療法

4-swimming

 

上記した以外にも、簡単に試すことのできる自然療法がいくつかあります。

  • 長時間の水泳
  • 脚をあげる
  • 過剰な塩分摂取をさける

 

あなたへおすすめ