パーキンソン病におけるラサギリンの用途

ラサギリンの正確な作用の仕組みは現在のところ不明ですが、研究者によると、その効果は細胞外ドーパミン値の増加を引き起こすMAO-B阻害活性と関係している可能性があるとされています。
パーキンソン病におけるラサギリンの用途

最後の更新: 17 9月, 2020

ラサギリンは、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)の不可逆的な阻害剤のグループに属する薬剤です。パーキンソン病の治療のため、単独で、または併用療法として使用されます。病がすでに進行している場合、他の薬と組み合わせて使用することができます。

ラサギリンはMAO-B阻害薬に分類されます。そのため、モノアミンなどの脳内物質の増加につながります。

また、ラサギリンは経口摂取できるように錠剤の形をした薬です。治療目的の場合、通常、食前か食後に1日1錠服用します。

ラサギリンは、セレギリンなどの同じ治療に使用される他の薬よりも優れた神経保護特性を持っています。その理由は、後者は毒性物質に代謝され、ラサギリンは代謝されないからです。

こちらもお読みください:私たちの脳が必要とする必須脂肪酸

パーキンソン病とは

パーキンソン病におけるラサギリンの用途

パーキンソン病は、神経系に影響を及ぼす神経変性疾患です。アルツハイマー病に次いで2番目に多い病気で、いわゆる運動障害に属します。

パーキンソン病は、脳の中央部にある黒質という構造物の神経細胞が失われてしまう病気です。黒質が失われると、ドーパミンの量が大幅に減少します。ドーパミンは、運動に関わるすべての情報を脳から体の他の部分に伝達するために必要な神経伝達物質です。

このように、脳のモノアミンの1つであるドーパミンが不足することで伝達に影響を与えます。そして、体の動きのコントロールにも影響を与えます。つまり、活動していないときの震えや、全身のこわばりなどの一連の運動症状を誘発してしまうのです。

パーキンソン病の原因

この障害の発症に関係する因子が知られているにもかかわらず、研究者はまだ何がパーキンソン病を誘発するかを正確には突き止めていません。起因する要因の中には、以下のようなものが挙げられます。

  • 年齢。これは明らかな危険因子です。パーキンソン病は通常、50〜60歳の間に発症します。50歳より前に発生した場合は、「若年性パーキンソン病」と呼ばれます。
  • 遺伝。パーキンソン病の90%は遺伝的変化によるものではありません。しかし、少なくとも15~25%は、家族にパーキンソン病を患っている人がいるケースです。
  • 環境要因。井戸水の継続的な使用や、農薬や除草剤への暴露は、危険因子になる可能性があります。

ラサギリンとその体への影響

ラサギリンとその体への影響 パーキンソン病

前述のように、ラサギリンはモノアミン酸化酵素B(MAOB)を阻害する薬です。この酵素は、全身の神経末端にあるミトコンドリアの一部で、特に脳や肝臓、腸の粘膜に存在しています。

MAOIは、中枢神経系や末梢組織のドーパミンなどのカテコールアミンやセロトニンの分解を調節します。脳内に関しては、優勢なMAOIはB型です。

こちらもお読みください:ナノ医療の進歩とその貢献について

この薬の正確な活性メカニズムについてはまだ議論の余地があります。研究者らの主張は、この薬の効果はMAOB阻害活性と関係している可能性があり、細胞外ドーパミン値の上昇につながるということです。

ドーパミン濃度の上昇とその結果としてのドーパミン活性の上昇が、ラサギリンの有益な効果の原因である可能性が高いと言われます。少なくとも、ドーパミン作動性運動機能障害を観察した結果、その可能性が示唆されています。

まとめ

ラサギリンはパーキンソン病の治療薬です。経口摂取用の錠剤の形で処方され、通常、食前か食後、または食間の服用が勧められます。

常に医師の指示に従い、疑問があるときは医師に相談しましょう。自分で勝手に用量を変えてはいけません。この薬の誤用は、深刻な健康被害につながる可能性があります。

こちらの記事もおすすめ
パーキンソン病を緩和するのに役立つ耳介療法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
パーキンソン病を緩和するのに役立つ耳介療法

パーキンソン病の治療に使われている薬を使っても、現時点では病気は完治しません。また、治療中のある地点で、患者は投与量を増やす必要がありますが、量を増やしたからといって症状や患者の生活の質が劇的に向上するわけではありませんが、治療に効果があるかもしれないと言われている方法があります。それが耳介療法です。



  • Linazasoro, G. (2008). Rasagilina en la enfermedad de Parkinson. Neurologia.
  • Pagonabarraga, J., & Kulisevsky, J. (2010). Rasagilina: Eficacia y protección en la enfermedad de Parkinson. Revista de Neurologia.
  • Pagonabarraga, J., & Rodríguez-Oroz, M. C. (2013). Rasagilina en monoterapia en pacientes en fases tempranas de la enfermedad de Parkinson y en terapia combinada y coadyuvante a levodopa en fases moderada y avanzada. Revista de Neurologia.