パーキンソン病を緩和するのに役立つ耳介療法

· 5月 25, 2019
パーキンソン病は、中枢神経(脳と脊髄)で起こる退行性疾患です。

パーキンソン病の治療に使われている薬を使っても、現時点では病気は完治しません。

治療中のある地点で、患者は投与量を増やす必要がありますが、量を増やしたからといって症状や患者の生活の質が劇的に向上するわけではありません。

つまり、現段階ではパーキンソン病を完治させる方法は見つかっていませんが、治療に効果があるかもしれないと言われている方法があります。

それが耳介療法です。

ご存知ですか?:認知症予防のための4つの脳トレ

耳介療法の発見

2001年にドイツで始まった治療法は、パーキンソン病をはじめとする神経変性疾患の治療に効果があると言われ、その中には多発性硬化症、むずむず脚症候群、脳血管性認知症、ピック病、およびアルツハイマー病が含まれています。

こちらもご参考に:多発性硬化症:多面的な病気

耳介療法とは?

耳鍼療法と呼ばれることもあるこの方法は、患者の健康状態を診断した後、耳の軟骨への小さくて細いチタン鍼を埋め込みます。

副作用や痛みのない方法で、すでに世界中で5,000人以上の人々の生活の質を改善したと報告されています。

耳介療法の治療

耳介療法を理解するためには、まずパーキンソン病の発症について学ぶことが大切です。

パーキンソン病は、脳の異常が原因で起こりますが、その中でもニューロンが十分なドーパ​​ミンを産生しないときに起こります。

その結果、パーキンソン病を発症すると、柔軟性やバランスを失うなどの運動障害などを発症ます。

パーキンソン病の治療に、耳介療法が効果を発揮するかもしれないと考えられる理由の一つが、耳介軟骨です。

ここには多くの神経終末が集まっており、麻痺した身体のメカニズムを活性化するため、そしてドーパミンをはじめとする神経伝達物質の産生を調節するのを助けるために、ここに鍼を打ちます

このテクニックは、耳治療、耳の鍼治療、または耳介の鍼治療としても知られています。

耳介治療

驚くべきことに、耳介に鍼を打つことで症状を軽減し、病気の進行を遅らせるのに役立つ刺激を与えます。

医師は、鍼を打つ前に患者の症状、精神状態、パーキンソン病の重症度、そして彼らがこれまでに服用した薬など、患者の症状や状況を総合的に診察します。

耳介療法の進化

現在では、より広範囲に鍼を打つことができる上、各個人に合わせた治療法を提供することができます。

かつての伝統的な鍼治療とは異なり、現在の耳介療法では1回の治療でより多くの鍼を体内に永久的にチタン製の鍼を埋め込むため、交換の必要はありません。

ただしその後の経過観察としての診察や治療は継続する必要があります。

実際に耳介治療を受けているパーキンソン病患者は以下のような症状の改善が見られたと語っています。

患者夫婦

耳介治療を受けているパーキンソン病の患者からの意見のいくつかをご紹介します。

  • 不安感の軽減
  • 移動がより容易になる
  • 筋肉のこわばりの減少
  • 痛みや身体に現れる不快感の軽減
  • 傍脊椎筋の強化によるバランスの改善
  • 薬の投与量を減らし、健康維持

最先端の研究を行っているフロリダ再生治療センターは、過去15年間、世界中の患者を個別に治療しています。

  • Tomlinson, C. L., Patel, S., Meek, C., Herd, C. P., Clarke, C. E., Stowe, R., … Ives, N. (2013). Physiotherapy versus placebo or no intervention in Parkinson’s disease. Cochrane Database of Systematic Reviews. https://doi.org/10.1002/14651858.CD002817.pub4
  • Williams, A., Gill, S., Varma, T., Jenkinson, C., Quinn, N., Mitchell, R., … Wheatley, K. (2010). Deep brain stimulation plus best medical therapy versus best medical therapy alone for advanced Parkinson’s disease (PD SURG trial): a randomised, open-label trial. The Lancet Neurology. https://doi.org/10.1016/S1474-4422(10)70093-4
  • Silvério-Lopes, S., & Seroiska, M. A. (2013). Auriculoterapia para Analgesia. In Analgesia por Acupuntura. https://doi.org/10.7436/2013.anac.01
  • Wardavoir, H. (2011). Terapias manuales reflejas. EMC – Kinesiterapia – Medicina Física. https://doi.org/10.1016/S1293-2965(11)71087-8