親子で一緒に書き方を覚える5つの方法

10月 24, 2019
一般論として、子供が話し方を学ぶのはごく自然なことですが、書き方を覚えるのは簡単なことではありません。読み書きの学習は、子供にとってだけでなく親にとっても大きな挑戦となります。本記事では、子供が書き方を覚える時に役立ついくつかのヒントについてお話しします。

書き方を学ぶこと、そして「正しい方法」で書くことは、子供が経験する学習段階において、最も複雑な段階の一つです。

そのため、学校で書き方を学習し始めたら、子供と一緒に自宅で予習や復習をすることが大切です。

子供と一緒に学習するときに大切なのは、クリエイティブになることです。

勉強に創造性を持たせ、親子で楽しい時間を過ごしてください。

子供が文字を習い始めると、親戚などの集まりで「名前を書いてみなさい。」という親戚がいるかもしれませんし、親が子供にそれを強要することがあります。

しかし、学校で文字を学ぶというプレッシャーをすでに感じている子供たちの不安を想像してください。

正しい書き方を学ぶ

親子で一緒に書き方を覚える5つの方法

文字の書き方やつづり方の練習は、親と子供のどちらにも挑戦であり「冒険」となるでしょう。

また、読み書きを学ぶときには、正しい方法で学ぶことが大切です。

子供が正しい方法で読み書きを学ぶと、新しいアイディアを表現する方法が広がります。

現代社会の子供たちは、電子機器やソーシャルメディアの影響で、簡単につづりの間違いをコンピューターが訂正しますし、逆に、間違ったつづりや新しい単語が人気となっていることもあります。

情報化社会の影響で、正しく文字を書く方法、そして綴る方法を子供に教えるのが複雑になっています。

しかし、正しい方法で文字を書き、語彙を増やすためには、できる限り多くの本や文章を読むことが大切です。

子供と書き方を練習する方法

最近手紙を書きましたか?

以前より手紙を書く頻度が減っている現代社会ですが、子供に手紙の楽しさを教えることが大切です。

学校でも、コンピューターなどのテクノロジーを学習する機会が増えていますが、テクノロジーを活用しながら昔ながらの方法も取り入れて、子供と書き方を練習しましょう。

1. テクノロジーを活用する

コンピューターや電子機器の画面の前に子供が座っているのを見ると、親は果たしてこれが正しい方法なのかと悩むことがあります。

家族が向き合って話をする時間が減り、親の監視が行き届かないことも増えています。

しかし、携帯電話などのアプリの中には、子供の学習をサポートするものや、読み書きを学ぶことができるプラットフォームも数多く存在します。

子供に長時間電子機器を使わせるのはお勧めできませんが、楽しい歌が流れるビデオやオンラインのゲーム、そして無料アプリで読み書きを学ぶのは、現代社会に適した良い方法の一つです。

こちらもご覧ください:新しい依存症?ゲームがやめられない子供達について

2. 子供が書き方を練習するのに役立つゲーム

親子で一緒に書き方を覚える時に大切なこと

昔からあるボードゲームの中には、子供が文字を学習したいという意欲を高めるものがあります。

英語では「スクラブル」というゲームが、子供がつづりを覚える意欲を促進するとして昔から人気です。

また、宝探しゲームなどは、手紙に書かれた文字をヒントに宝を探すため、文字を読みたいという意欲が高まりますし、子供に宝物を隠す役割を与えれば、ヒントを書いた手紙を書くために文字を学びたいと思うでしょう。

韻を踏んだ歌を親子で作った歌うなど、楽しい方法で文字を覚えていきましょう。

3. 単語とフレーズ探しゲーム

紙、鉛筆、タイマーを用意してください。

「よーいスタート!」で、ある特定の文字から始まる単語を、子供が知ってる限り書き出します。

これは文字の正しい使い方を覚えるのに役立ちますし、他の人が使った単語を見ることで語彙力が増え、もし負けてしまった場合は、文字を覚えて次は勝ちたいという意欲が生まれるでしょう。

小さい子供の場合は、年上の子供とペアになって行うのが良い方法です。

さまざまなアイデアを活用して、文字を書く方法や文字を覚えることの大切さ、そして楽しさを学びます。

4. 自宅で学校ごっこをする

学校ごっこも楽しく書き方を学ぶ方法の一つです。

お父さんやお母さんが先生になる方法もありますが、子供が先生役になるのもとても楽しいものです。

椅子、机、ホワイトボードなどがあると良いでしょう。

また子供が先生役をするときは、大人のような衣装を着て、親が生徒役の時は子供のような服を着ると楽しみが増えます。

学校ごっこでは、文字の書き方を学んだり、テストをすることができます。

テストに合格したら、ご褒美はお菓子ではなく、子どもが行きたい公園に遊びに行くなど、健康的な方法でご褒美を与えてください。

ご存知ですか?:子どものストレスの原因が親にある時

5. 子供に手紙を書く

親子で一緒に書き方を覚えるために手紙を書く

ゲームをする時間がない場合は、できる限り子供に手紙を書きましょう。

楽しい内容の手紙を書き、文字を書くことの楽しさを子供に教えることが大切です。

外を散歩している時や買い物に徒歩で行く時などは、看板などから文字を探すゲームをするのも良いでしょう。

夕食時にはお品書きを作ったり、子供にメッセージを書いて食卓に置く方法もお勧めです。

お弁当を持っていく子供には、小さなメッセージカードを添えましょう。

書き方を練習し、子供の成長をサポートする

文字を書くことによるコミュニケーションを学ぶ過程は、話し方を学ぶときほど自然に習得できるものではありません。

しかし、正しい学習プロセスを経て読み書きができるようになると、子供は魅力的で素晴らしい読書の世界へと足を踏み入れることができます。

読み書きは、人間の知的能力と共感力を高め、子供の可能性を広げながら、より良い毎日を送ることを可能にします。

また、言葉の書き方を理解することは、創造力と想像力を高めます。

正しい方法で書くことを学ぶなかで、言語への敬意と読書の習慣、そしてリテラシーと呼ばれる読解能力が得られる大切な発達過程です。

子供たちは、身近にいる人から多くのことを学びます。

親が読書をしている姿を見れば、子供も自然と読書をする習慣が身につきますし、親が手紙を書けば子供も返事を書くでしょう。

逆に、親が一日中携帯電話やコンピューターなどの電子機器の画面を見ていたら、子供は親から何を学ぶでしょうか?

  • Reyes, Esperanza Guarneros, and Lizbeth Vega Pérez. “Habilidades lingüísticas orales y escritas para la lectura y escritura en niños preescolares.” Avances en psicología latinoamericana 32.1 (2013): 21-35.
  • Sánchez Abchi, Verónica, Ana María Borzone, and Beatriz Diuk. “La escritura de textos en niños pequeños: relación entre la transcripción y la composición.” Universitas psychologica 6.3 (2007).
  • Vega, Fernando CuetosPsicología de la escritura . Wolters Kluwer España, 2009.