オーツ麦を食べるべき8つの理由

オーツ麦は、安全・有益な穀物のひとつです。ラクトースを含まず、牛乳が飲めない人にとっては植物性飲料として、ミルクの代用品ともなります。
オーツ麦を食べるべき8つの理由

最後の更新: 19 10月, 2018

オーツ麦はその豊かな栄養・滋養のため、世界で最も多く消費されてきた穀物のひとつであり、様々な文化で、必需品となっています。

また「穀物の女王」としても知られ、食物繊維、タンパク質など、体の機能に不可欠な栄養素をふんだんにふくんでいます。

昔は、簡単にどこでも育てることができたため、その希少性のなさから下層階級の人々の食べ物と考えられていました。しかし、ひとたびその健康効果が認識されると、さまざまな食生活やレシピに取り込まれるようになりました。これから先も、たくさん消費され続けるでしょう。 用途がとても広いうえにヘルシーなので、ますます多くの人々の食生活に取り入れられてゆくはずです。

とはいえ、健康食品としてのすばらしい効果については実はまだそんなに知られていません。

ここでは、オーツ麦をもっと生活に取り入れるべき、8つの理由をご紹介しましょう。

1、コレステロール値のコントロール

コレステロール

まず、オーツ麦は心臓にとても良い食べ物です。コレステロール値を減らす、良質な食物繊維がふくまれています。

血中脂質が上がると、血管が詰まり、心臓発作または脳卒中を引き起こします。オーツ麦に含まれる食物繊維が、この危険性を低めてくれるのです。

2、免疫系の強化

毎日オーツ麦を食べると、自然と身体の免疫系を活発になります。 食物繊維、ビタミンB、ビタミンA、ミネラル分などが免疫系を強化し、感染症やあらゆる病気を予防します。

こちらもご覧ください 免疫力を高める食品10選

3、血糖値コントロール

ダイエット

水溶性繊維を多く含む食品は、血糖値を安定させます。一般的に炭水化物のGI値は高いのですが、オーツ麦は低く、これは血糖値の急上昇を防ぎます。(※オーツ麦のGI値55、白米81)

血糖値を上昇させる代わりに、もともと体にあるエネルギーを燃焼させる着火剤となるのです。

4、強壮効果

オーツ麦は古代から、肉体的、また精神的な強壮剤として使われてきました。

含まれる栄養素は肉体を常にエネルギーで満たし、それは精神面にもポジティブに働くことがわかっています。

その豊富なタンパク質は、身体機能を向上させ、筋肉増加を促進します。ちなみにそのための最も効果的な方法は、果物やヨーグルトなどと一緒に、朝食に食べることです。

5、消化促進と腸の働きの改善

消化器系に与える影響が、最もダイナミックです。 緩やかな下剤のような働きをする不溶性食物繊維は腸運動を促し、不要物を速やかに排出させます。また、腹痛、ガス、胃炎といった、よくある不調も改善されます。

こちらもご覧ください 驚くべき大腸の生理学

6、ダイエット効果

減量

オート麦はダイエットのミラクルフードではないですが、1,2キロ落とそうとしている人たちにとっては素晴らしいサプリメントとなります。

前述したように、食物繊維が老廃物を排出させ、さらに満腹感が得られます。そのうえ腹持ちも良いので、食べたい欲求を抑えることができるのです。

7、神経系への効果

ビタミンEとビタミンB1、B2、B3は、神経バランスを保つのに必要です。 オート麦を摂ることで、不安、ストレス、鬱症状などを軽減し、安定した精神バランスを保つことができます。

そして含まれるミネラルはニューロンバランス保ち、様々な痛みの軽減などを助けます。

8、必須アミノ酸とタンパク質

女性と飲み物

高品質のタンパク質は、細胞組織を修復、再生し、体組成を作り上げるのですが、オート麦には以下のものが含まれています。

  • グロブリン
  •  アルブミン
  •  プロラミン
  •  グルテニン

さらに、体が必要とする8つの必須アミノ酸のうち、なんと6つを含んでいるのです。 これは、肝臓の働きに重要な、「レシチン」という物質を助けます。

なんといってもこの穀物のいいところは、いくらでも食べられることです。

スムージー、クッキー、スープなど、たくさんのレシピにアレンジでき、毎日の食生活に簡単に取り入れられます。

ラクトースを含まない植物性飲料としてミルクの代用になり、さらにグルテンフリー食品としても、楽しむことができるのです。

こちらの記事もおすすめです。
オーツ麦ダイエットで効果的に体重ダウン!
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
オーツ麦ダイエットで効果的に体重ダウン!

オーツ麦ダイエットは、簡単で腹持ちも良いため、近年とても人気のあるダイエット法です。みなさんも試してみたいと思いませんか?この続きを読んで、もっと知っていきましょう。数日間に限って実施するべきプランではあるものの、食生活を改善するためのインスピレーションとしてこれを利用する人々がいます。



  • Burton-Freeman, B. (2000). Dietary fiber and energy regulation. The Journal of nutrition130(2), 272S-275S. Available at: https://doi.org/10.1093/jn/130.2.272S. Accessed 13/04/2020.
  • Davis, J. M., Murphy, E. A., Brown, A. S., Carmichael, M. D., Ghaffar, A., & Mayer, E. P. (2004). Effects of moderate exercise and oat β-glucan on innate immune function and susceptibility to respiratory infection. American Journal of Physiology-Regulatory, Integrative and Comparative Physiology286(2), R366-R372. Available at: https://doi.org/10.1152/ajpregu.00304.2003. Accessed 13/04/2020.
  • Fundación Española de la Nutrición (2017). Datos actuales sobre las propiedades nutricionales de la avena. Available at: https://www.fen.org.es/storage/app/media/PUBLICACIONES%202017/INFORME%20AVENA_FEN_v2_2017__AvenaFEN2017_ok%201.pdf. Accessed 13/04/2020.
  • MedlinePlus (2018). Fibra soluble vs. insoluble. Available at: https://medlineplus.gov/spanish/ency/article/002136.htm. Accessed 13/04/2020.
  • Othman, R. A., Moghadasian, M. H., & Jones, P. J. (2011). Cholesterol-lowering effects of oat β-glucan. Nutrition reviews69(6), 299-309. Available at: https://doi.org/10.1111/j.1753-4887.2011.00401.x. Accessed 13/04/2020.
  • Rebello, C. J., O’Neil, C. E., & Greenway, F. L. (2016). Dietary fiber and satiety: the effects of oats on satiety. Nutrition Reviews74(2), 131-147. Available at: https://doi.org/10.1093/nutrit/nuv063. Accessed 13/04/2020.
  • Salem, I., Ramser, A., Isham, N., & Ghannoum, M. A. (2018). The gut microbiome as a major regulator of the gut-skin axis. Frontiers in microbiology9, 1459. Available at: https://doi.org/10.3389/fmicb.2018.01459. Accessed 13/04/2020.
  • Zhang, X., McGeoch, S. C., Megson, I. L., MacRury, S. M., Johnstone, A. M., Abraham, P., … & Lobley, G. E. (2014). Oat‐enriched diet reduces inflammatory status assessed by circulating cell‐derived microparticle concentrations in type 2 diabetes. Molecular nutrition & food research58(6), 1322-1332. Available at: https://doi.org/10.1002/mnfr.201300820. Accessed 13/04/2020.