オートミールの効果って? 食べるべき理由は?

05 3月, 2020
今回の記事では、オートミールとその驚くべき健康上の利点について説明します。オートミールは非常に多用途で、食事に加えるのは簡単です。さあ、読み進んで詳細を学びましょう!

オートミールは健康にとって多くの利点を与えてくれます。実際に、箱入りのシリアルの代替品としてはより優れもので、そしてはるかに安く手に入ると気づく人が増えているのです。そのため、消費量は増加しており、オートミールは非常に健康的なので、素晴らしいニュースです。また、「知識は力」ですから、食事が健康にどれほど影響するかを知らない人がまだ多いだけです!

オートミールの最も優れた点の1つは、そのマイルドな風味がほとんどの食材とうまく合うため、あらゆる種類の料理に組み込むことができることです。最も一般的な食べ方は朝食です。他にも、オートミールを使って、食事の合間に食べるスナックを作ることもできます。

下記では、毎日の食事におけるオートミールの多くの利点についてもっと説明します。また、食事に取り入れる方法についてのアイデアもお話しします。

オートミールとその利点

オートミールは非常に用途が広く、そして健康的です。主食としても、またはさまざまなレシピで他の材料を補完するのにも理想的です。その栄養の高さから、利点が多く、料理にもこれまでとは一味違ったタッチを与えてもくれます。

オートミールは、繊維質と複合炭水化物が豊富で、グルコースの吸収を改善し、満腹感が得られるのが多くの利点の1つです。

主に複合糖質で構成されており、エネルギー源になり、単なる炭水化物より腹持ちが良いのです。それだけでなく、オートミールには健康的な脂肪やタンパク質も豊富に含まれています。

また、繊維含有量が100g中9gと高く、他の栄養素とともに、便秘、糖尿病、さらには肥満などの消化器系の不具合を防いでくれます。コレステロール値のコントロールにも最適です。

オートミールの5つの利点

オートミールの効果 利点

1.コレステロール値のコントロールに役立つ

栄養士によると、β-グルカンの物理化学的特性により、オートミールが血中コレステロール値の低下に貢献し、食後の血漿グルコースとインスリン反応の制御に役立つそうです。

こちらもお読みください:チーズとオートミールミートボールのスパイシートマトソースがけ

これまで多数の研究により、1日3 gのβ-グルカンを定期的に摂取することで、冠状動脈性心臓病のリスクを軽減できることが示されています。ただし、これは常に飽和脂肪とコレステロールの含有量が少ない食事をする上で行う必要があります。

2.抗酸化物質が含まれている

オートミールには、「アベナンスラミド」として知られるポリフェノールが含まれています。この抗酸化物質のおかげで、細胞の酸化を防ぐことができるだけでなく、血圧を調節し、血管を拡張させて抗炎症効果を得ることもできます。

3.神経系と骨の健康に最適

オートミールの効果 神経系
ビタミンやカルシウムなどのミネラルを含むため、オートミールを食べることは骨粗鬆症の発生率の低下と直接関係します。

オートミールに含まれるビタミンB複合体のおかげで、神経系の機能を発達・維持し、バランスを保つのに役立ちます。

骨に関しても、脱灰を防ぐのに役立つカルシウムが豊富に含まれています。ですので、骨粗鬆症の予防に役立ちます。

こちらもお読みください:角質除去効果のある オートミール石鹸 を作る方法

4.病気の予防に役立つ

オートミールは、甲状腺を正常化するミネラルであるヨウ素を含むため、甲状腺機能低下症を防いでくれます。また、エンバク(オーツ)の去痰・粘液溶解効果は、咳や気管支炎を改善します。

いくつかの研究によると、子どもの食事にオートミールを早くから加えることで喘息のリスクを減らすことができる可能性だってあるそうです。

5.血糖値を調節する

上記で説明した通り、オートミールにはβ-グルカンが含まれており、これらは水溶性です。ということは、つまり消化中にゲルが形成され、消化と血糖値の上昇を遅くします。これが、オートミールが血糖値を低下させてインスリン反応を改善するのに役立つ理由です。

事実、オートミールは2型糖尿病患者の食事に特に効果的です。

最大限の効果を得るための食べ方

オートミールの効果 食べ方
オートミールは、甘いものから風味のあるものまで、さまざまなレシピに組み込むことができる優れた食材です。

オートミールは、お菓子だけでなく塩味の料理にも使える汎用性の高い食材です。たとえば、ハンバーガーのパテやミートボールのひき肉に混ぜることができます。パン粉の代わりに使用することも、フライドチキンの衣に使うこともできます。

最良の食べ方の一例は次のとおりです。

  • 最も一般的な方法は、ミューズリーなどの新鮮な果物と混ぜることです。この食べ方では、果物の酸が体内での吸収を促進するため、ミネラルとビタミンをより有効に活用できます。
  • また、パンやクッキーのレシピに追加したり、チョコレートトリュフ、オートミールバー、アーモンドバーなどのレシピに使えます。こういったお菓子は、お店で買うより手作りした方がずっと健康的です。

オートミールのシリアルがセリアック病患者に適しているかどうかについては、まだ議論の余地があります。しかし、グルテン不耐症でない人なら誰でも、オートミールを食事に加えることで大きな効果を受けることができます。

皆さんは、どのくらいの頻度でオートミールを召し上がってますか?

  • Virtanen SM, Kaila M, Pekkanen J, Kenward MG, Uusitalo U, Pietinen P, Kronberg-Kippilä C, Hakulinen T, Simell O, Ilonen J, Veijola R, Knip M. Early introduction of oats associated with decreased risk of persistent asthma and early introduction of fish with decreased risk of allergic rhinitis. Br J Nutr. 2010 Jan;103(2):266-73. doi: 10.1017/S0007114509991541. Epub 2009 Aug 13. PubMed PMID: 19674492.
  • Revista Española de Nutrición Humana y Dietética. Efectos del consumo del beta-glucano de la avena sobre el colesterol sanguíneo: una revisión. 2016; 20(2): 127 – 139. http://scielo.isciii.es/pdf/renhyd/v20n2/revision1.pdf
  • Clemens R, van Klinken BJ. Oats, more than just a whole grain: an introduction. Br J Nutr. 2014; 112(Suppl 2): S1-3. doi: 10.1017/S0007114514002712.
  • Ortega RM, Aparicio Vizuete A, Jimenez Ortega AI, Rodriguez Rodriguez E. Wholegrain cereals and sanitary benefits. Nutr Hosp. 2015; 32(Suppl 1): 25-31. doi: 10.3305/nh.2015.32. sup1.9475.