妊娠中の甲状腺機能低下症の治療法

10月 31, 2019
甲状腺機能低下症は、妊娠中の母親と胎児の両方の健康に何か問題を引き起こす可能性があります。そのため、妊娠中の甲状腺機能低下症の治療方法を理解することが大切です。

妊娠中の甲状腺機能低下症の治療は、基本的には妊娠していない人と同じです。

ただし妊娠中は、合併症を引き起こす可能性が高くなるため、より多くの専門家や専門医によるサポートが必要になります。

甲状腺ホルモンは、妊娠中の体内においてとても大切な役割を果たし、母親と胎児の健康状態にも影響を及ぼします。

データによると、甲状腺疾患は妊娠をする可能性のある年齢の女性が最も発症しやすい病気の一つで、妊婦の0.25%から2.5%が甲状腺機能低下症に苦しんでいると推定されますが、妊娠中によく起こる一般的な病気ではありません。

甲状腺と甲状腺機能低下症

妊娠中の甲状腺機能低下症について

甲状腺とは新陳代謝を促進するホルモンである甲状腺ホルモンを分泌する腺です。

内分泌器官である甲状腺から分泌されるホルモンは、血液に直接分泌されます。

甲状腺が正常に機能するためには、体内はヨウ素を必要とします。

甲状腺ホルモンには多くの機能がありますが、最も重要なものは次のとおりです。

  • 体の成長と発達
  • 酸素の摂取量を増やす
  • 中枢神経系および末梢神経系の発達
  • 体温の調節

甲状腺が十分な量の甲状腺ホルモンを産生できない場合、甲状腺機能低下症が起こります

これは、ちょっとした不快な症状から深刻な健康問題まで、様々な症状を引き起こす可能性があります。

ほとんどの場合、甲状腺機能低下症には合併症は起こらないため簡単に治療できますが、治癒することはできません。

妊娠中の甲状腺機能の変化

妊娠は身体に起こる物理的な変化だけでなく、甲状腺の適切な機能に影響を与えるホルモンの変化も引き起こします。

甲状腺から分泌される甲状腺刺激ホルモンであるTSHが、妊娠初期にわずかに低下するのは正常です。

T3(tiyodotironina)とT4(tiroxina)の合計値は、妊娠中は高くなり、甲状腺のサイズが大きくなることもあります。

場合によっては、甲状腺腫が現れることがあります。

胎児は、妊娠初期である10~12週間の甲状腺ホルモンの産生を母親に完全に依存しています。

その後は、胎児が自分でこのホルモンを産生できるようになりますが、ホルモンを適切に生産するのに十分なヨウ素を母体から摂取するためには、赤ちゃんは依然として母親に依存しています。

妊娠中の女性にヨウ素の摂取が推奨されるのはこのためです。

こちらもご覧ください:妊娠中の甲状腺機能亢進症の悪化を抑えるには

妊娠中の甲状腺機能低下症の治療

妊娠中の甲状腺機能低下症の治療法

甲状腺機能低下症の患者が妊娠している場合の治療は、甲状腺機能の低下は、母親と胎児の両方に影響を及ぼす可能性があるため、甲状腺機能低下症の患者が妊娠している場合でも治療は必要です。

甲状腺機能低下症が妊婦に与えるリスクの一部は、貧血、ミオパチー、またはうっ血性心不全を発症する可能性です。

また、胎盤に異常を引き起こす可能性があり、これにより、赤ちゃんが低体重で生まれたり、分娩後出血を起こしたりすることがあります。

このため、甲状腺機能低下症が原因で起こる妊娠中のリスクは深刻だと考えられます。

さらに、甲状腺ホルモンは、赤ちゃんの脳の発達に欠かせません。

現段階では、医学および科学の分野で甲状腺機能低下症の発生リスクを正確に特定できていませんが、異常を引き起こす可能性があることは明らかです。

甲状腺機能低下症は、妊娠初期の流産のリスクや早産の可能性を高めるだけでなく、血圧を上昇させることで、子癇前症を発症するリスクを高めます。

ご存知ですか?:甲状腺の改善に役立つルバーブを使った自然療法

妊娠中の甲状腺機能低下症の治療

妊娠中の甲状腺機能低下症の治療は治癒を目指す治療法ではありませんが、病気を完全にコントロールすることが可能です。

基本的には、甲状腺ホルモンを甲状腺が生成するT4と同じである合成レボチロキシンに置き換えます。

合成ホルモンの唯一のリスクは、投与量が正しい量でない場合です。

摂取量が少なすぎると甲状腺機能低下症が続き、多すぎる場合、患者が甲状腺機能亢進症を発症する可能性があります。

そのため、専門医がしっかりと投与量をコントロールし、頻繁に診察と経過観察を続ける必要があります。

妊娠中の甲状腺機能低下症治療に欠かせないのが、医師による6〜8週間ごとの検査です。

これは、甲状腺の性能と機能の検査で、レボチロキシンの投与量に変更があるかどうかを決定するために必要です。

母親は、体内のヨウ素量をコントロールすることも大切で、ヨウ素が豊富な食事を継続する必要があります。

  • Barranco, M. C., López, A. A., Gallard, F. D., & Fernández, S. G. (2007). Tratamiento del Hipotiroidismo durante el Embarazo. Revista de Posgrado de la VIa Cátedra de Medicina, 171, 24-28.
  • Cano, F. D., & Paredes, A. (2009). Hipotiroidismo y embarazo : Diagnóstico y tratamiento. Rev Obs Ginecol – Hosp Santiago Oriente Dr. Luis Tisné Brousse. https://doi.org/10.1051/0004-6361/201014363
  • Carolina Barranco, M., Alberto López, A., & Darío Gallard Dra Silvana Griselda Fernández, F. (2007). TRATAMIENTO DEL HIPOTIROIDISMO DURANTE EL EMBARAZO. Revista de Posgrado de La VIa Cátedra de Medicina.
  • Enfermedad tiroidea y gestación (actualizado julio 2013). (2015). Progresos de Obstetricia y Ginecologia. https://doi.org/10.1016/j.pog.2014.11.003
  • INFARMED. (2014). Levotiroxina. Katalog BPS. https://doi.org/10.1007/s13398-014-0173-7.2
  • Pineda, J., Galofré, J. C., Toni, M., & Anda, E. (2016). Hipotiroidismo. Medicine (Spain). https://doi.org/10.1016/j.med.2016.06.002
  • Taylor, P. N., Minassian, C., Rehman, A., Iqbal, A., Draman, M. S., Hamilton, W., … Okosieme, O. E. (2014). TSH levels and risk of miscarriage in women on long-term levothyroxine: A community-based study. Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism. https://doi.org/10.1210/jc.2014-1954
  • Soledad, H. V. (2013). Trastornos tiroideos en el embarazo. Revista Médica Clínica Las Condes. https://doi.org/10.1016/S0716-8640(13)70221-9