お腹に脂肪が蓄積される8つの理由

· 6月 30, 2016

脂肪がお腹につくと取り除きにくく、なんとかしてスリムなお腹にしたいと悩む人は多いのではないでしょうか?

お腹は最も変化しやすい場所で、ここに脂肪がついてしまうと、健康上のトラブルが発生することがあります。

お腹の脂肪は単なる見た目だけの問題ではなく、骨密度の低下、骨粗鬆症のリスク、または喘息を引き起こす確率などが上がります。

今回はお腹に脂肪が蓄積される原因と解決策を見つけ、お腹に脂肪が蓄積されないよう気をつける参考にしてください。

遺伝

2-genetics

サンフォード・バーナム医学研究所では、体の様々な部分に蓄積される脂肪の原因の一つに、遺伝が関連している可能性があるとしています。

また、人が満腹感を感じるのには遺伝的要素が関連しているとした研究結果もあります。

遺伝的にたくさん食べる性質の人は、お腹に脂肪を蓄積しやすくなっているのです。

家族の誰かがこのような状況にあるとしたら、あなたもお腹に脂肪を蓄積しやすいタイプかもしれません。

睡眠不足

しっかりと睡眠をとっていない人は、よりカロリーを必要とし、お腹に脂肪を蓄積しやすくなります。

睡眠が足りないとレプチンというホルモンの値が減少し、グレリンというホルモンが増加します。その結果、体重増加を引き起こすと考えられています。

ある研究によると、1日6時間しか寝ていない人は9時間以上寝ている人と比べ、肥満になりやすい確率が27%も増加します。

ストレス

睡眠不足と同じく、ストレスもホルモン量を変化させる原因となり、結果として体重増加を引き起こします

栄養士パトリシア・ラミレスによると、ストレスを感じると、副腎からアドレナリンやコルチゾールといったホルモンが出されます。

こちらもご参照を:コルチゾール値の高さを示す6つのサイン

エクササイズ不足

3-exercises

日常的にエクササイズを行うことで、新陳代謝が活発化し、脂肪が燃焼します

メリーランド州バルティモアにあるジョンズホプキンス大学の研究者団は、エクササイズは理想的な体重を維持するポイントであると報告しています。

お腹の脂肪は見た目だけの問題ではなく、健康上の問題でもあるからです。

エクササイズを通して脂肪を燃焼することで、心血管の健康を維持することができるのです。

こちらもご参考に:ガスを自然に解消するエクササイズ

間違った食生活

炭水化物や脂質が豊富に含まれている食べ物を食べることも、お腹に脂肪が蓄積される原因となります。

現代のスーパーマーケットやレストランは不健康な食べ物で溢れているため、私たち消費者は、何を消費するべきなのかをしっかりと見極めなくてはいけません。

肥満を引き起こす食べ物として、以下のようなものが挙げられます。

  • 加工食品
  • 塩漬け肉
  • 漂白小麦粉
  • 缶ソーダ

フルーツ、野菜、全粒粉、脂肪分の少ない肉(赤身の肉)を食べる、水をたくさん飲むなど心がけましょう。

お酒の飲み過ぎ

お酒の飲み過ぎも体重の増加につながります。

なぜなら、栄養の含まれていないカロリーを摂りすぎることになるからです。

『ヨーロピアンジャーナル・オブ・クリニカルニュートリション』で発表された研究によると、アルコール類を過剰摂取する人はお腹の脂肪を50%多く蓄積しやすいとのことです。

薬の服用

4-medications

薬の種類によっては、長期にわたって服用すると体重増加につながるものもあります。糖尿病、脳卒中、気分障害、偏頭痛、高血圧の治療目的で処方される薬やステロイド、避妊ピル、ホルモン補充薬などがそれに値します。

間食

一度にたくさん食べるのではなく、食事を数回に分けて少ない量ずつ食べる方法は新陳代謝が活発になり、体重の減少に繋がるとして推奨されていますが、食事の間に不健康なおやつを食べることは逆効果となります。

間食にポテトチップス、クッキー、キャンディー類を食べるとカロリーが体に蓄積されやすく、お腹に脂肪ができてしまう原因となります。

お腹の脂肪を減らすためにできることとは

5-juices

お腹の脂肪の原因が何であるにせよ、お腹の脂肪に関連して起こる健康上のトラブルを予防しなくてはいけません

お腹の脂肪には以下のような方法を試してみてください。

  • 健康的な食生活を維持する
  • 有酸素運動をする
  • 1日8時間は眠る
  • 水をたくさん飲む
  • 体のデトックスをする
  • お酒を飲み過ぎない
  • 食べ物はよく噛んで食べる

Stevens, J., Katz, E. G., & Huxley, R. R. (2010). Associations between gender, age and waist circumference. European Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1038/ejcn.2009.101

Janssen, I., Heymsfield, S. B., Allison, D. B., Kotler, D. P., & Ross, R. (2002). Body mass index and waist circumference independently contribute to the prediction of nonabdominal, abdominal subcutaneous, and visceral fat. American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1093/ajcn/75.4.683