お腹のむくみを解消する8つの方法

バランスの取れた食生活を送ることに加え、適切なマッサージを行うことでお腹のむくみや不快感を解消することができます。

お腹のむくみを経験したことがありますか? どうやって対処したらいいのかわからないと悩んだことはありませんか? 今日は、お腹のむくみを簡単に解消する方法をご紹介します。

1. ガスを減らすマッサージ

お腹にガスが溜まり、パンパンに張っていると感じることがたまにあるかと思います。

簡単なマッサージを行うだけで、この不快感を取り除くことができますよ。

対処方法

  • お腹の中心に指を4本、横向きに当てます。人差し指が張っていると感じる場所に当たるようにしましょう。
  • 場所を確定したら、優しいマッサージを2〜3分間、時計回りに行います。
  • 正しく行っていれば、唾液がたくさん出てきますのでわかりやすいでしょう。

2. 体液貯留を改善するマッサージ

お腹のむくみの原因となりうる、組織に体液貯留を解決するには、マッサージを行うのが良いでしょう。

対処方法

  • マッサージする場所はおへそをポイントにしましょう。おへそから指2本分上に離れたところです。
  • 優しく圧力をかけ、2〜3分間、時計回りにマッサージを行います。終わったら次は時計と反対回りに行いましょう。

3. 腸の活動を促すマッサージ

次に、腸の活動を活発化し、便秘を防ぐマッサージをご紹介しましょう。便秘はお腹のむくみの原因の一つでもあります。

対処方法

  • おへそから指4本分下にいった場所を2〜3分間、時計回りにマッサージします。終わったら次は時計と反対回りに行いましょう。
  • このシンプルな動きが便意を起こさせます。
  • 便秘を解消するだけでなく、お腹のむくみを解消してくれるでしょう。

4. レモン汁を入れた白湯を飲む

朝食を食べる15〜20分前にレモン汁を入れた白湯を一杯飲むだけで、胃酸の分泌が正常化し、胸焼けの症状も緩和されるでしょう。

この方法は、腸にガスが蓄積されるのを防ぎます。また、ビタミンCもたっぷり摂れるから良いですね。

5. 朝食にラテは飲まない

ミルクを入れたコーヒーを朝食に飲むという人は多いのではないでしょうか。

しかし、消化系の健康を維持したいと考えるなら、別のものを飲むようにしましょう。

牛乳は胃酸の分泌を刺激するということを覚えておきましょう。

コーヒーもまた、胃に対しては牛乳と同じような影響を与えます。コーヒーと牛乳を一緒に飲むことで、酸性度がさらに増してしまうのです。

対処方法

  • 朝、どうしても乳製品が食べたいという人は、牛乳の代わりにヨーグルトを食べましょう。ヨーグルトを食べることで消化を促す健康な細菌を増やすことができますよ。

6. お酒は空きっ腹に飲まない

お酒も胃酸の分泌を刺激するということを覚えておきましょう。

これは特に胃が空っぽの時、問題になります。胃の働きを鈍らせ、胃壁にダメージを与えるからです。

日常的にお酒を飲むという人は、胃腸の微小植物を殺しているのだということに気がついてください。

一番いいのは、お酒はほどほどにすることです。そして、空腹時に飲まないよう、いつも何か食べながら飲むようにしましょう。

7. 脂質の多いものは食べない

日常的に脂質の多い食べ物を食べている人、気をつけましょう。

ファストフードや砂糖の多く入ったデザートなどは消化スピードを遅くさせてしまうということを覚えておきましょう。

消化が困難になればなるほど、お腹でガスがより生成されてしまうのです。

脂質の多い食べ物を食べることによる不快感や重さを避けたいのであれば、フルーツや野菜をたくさん含むバランスの取れた食生活を送るように心がけましょう。

変化はすぐに体に現れるはずですよ。

8. 繊維を含む食べものは適量食べる

繊維を多く含む食べものを食べることは大切ですが、食べ過ぎないように気をつけましょう。

フルーツ、野菜、ベリー類、豆など1日あたりに推奨されている量を守って食べましょう。

繊維を摂りすぎると、逆にむくみやガスが生成される原因ともなるのです。

腸の機能が低下することもあるでしょう。