お急ぎ婚を成功させるためのヒント

1月 17, 2020
お急ぎ婚を計画するときには、ウェディングプランナーにお願いしたほうがいいこともあります。しかし、明確なアイデアとまとめる力があれば、自分でも計画をすることもできます。

結婚式の準備のためにやることがたくさんあるのに、それを短期間で行う「お急ぎ婚」の実行はなかなかに難しいものです。そのため、ストレスに感じてしまうかもしれません。

基本的には、短期間でどのように計画を立てるかということが課題となります。

本日は、自己中心的な花嫁や花婿になることなく、お急ぎ婚を計画し成功させるためのヒントをご紹介します。

お急ぎ婚

重要な人生のステップである結婚をすることが決まり、待ちきれずになるべく早く結婚式を挙げたいと思っているかもしれません。または事情があって急がなければいけないのかもしれません。しかし、完璧な結婚式ができるかどうか心配になったりストレスに感じたりしているのではないでしょうか?

その場合には、まずは落ち着いて深呼吸をしてみましょう。イライラしても上手くいくことはありません。リラックスして一度に1つずつの計画を立てていけば、すべてが上手くいくでしょう。

早速、お急ぎ婚を成功させるためのヒントをご紹介します。

場所と日程

お急ぎ婚

他の国に移住する必要があったり、赤ちゃんを授かったりなど、早く結婚式を挙げたいと思うにはさまざまな理由があるかと思います。どんな場合にしても、手続きに時間がかかることがあるということを覚えておきましょう。

例えば、式場によっては早々に予約が入ってしまい、希望の日程で予約できないことがあります。特に大都市や人気のある式場ではその傾向があります。

そのため、まず初めにやるべきことは式場選びです。決まった日程によって、結婚式の計画をし始めることができます。

ゲストに招待状を送る

場所と日程が決まったら、次のステップはゲストリストを作成し、なるべく早く招待状を送ることです。スケジュール調節は、新郎新婦だけでなく、ゲストにとっても大変であることを覚えておきましょう。すでに予定がある場合には、結婚式に出席できるように調節する必要があるためです。

そのため、早く知らせれば知らせるほど、ゲストにとっても都合がつきやすくなります。プレ招待状(Save The Date)を送れば、より出席者が増えるでしょう。

繰り返しとなりますが、ゲストに招待状を送るのは、決して後回しにしないでください。

ウェディングプランナーにお願いする

お急ぎ婚

特にお急ぎ婚の場合には、ウェディングプランナーにお願いすることが多いかと思います。ウェディングプランナーはさまざまな結婚式を見てきているので、細かいところまで計画を行ってくれます。

もし、結婚式のアイデアが明確ではなくて時間もない場合には、ウェディングプランナーにお願いするのがいいでしょう。おまかせすることで、ストレスを感じることがなくなります。

また、式場、写真家、装飾方法、価格帯などすべての情報を揃えています。そのため、ウェディングプランナーにお願いすることで、あなたの貴重な時間を節約することができるのです。

式場と披露宴会場

結婚式の前に自分たちで準備することを制限しましょう。できれば、音楽、飾りなどすべてが含まれている式場と披露宴会場を選ぶことがお勧めです。これで、他のことに集中することができます。

そのため、少ない時間の中で必要なものを提供してくれる披露宴会場を選び、あなたのやることを最小限に減らしましょう。

こちらもご参考に:結婚式におススメの曲;ベスト30

新婦のドレスと新郎のスーツ

新郎のスーツ

理想のドレスやスーツを探しに行きます。お直しが必要な場合には、十分な時間が必要です。

お急ぎ婚の場合には、ドレスやスーツ探しのためにお店をまわる時間はあまりありません。そのため、既製品を取り扱っており、幅広い選択肢のあるお店に行くのがいいでしょう。ラッキーな場合には、1つ目のお店であなたにぴったりなドレスまたはスーツが見つかるかもしれません。

もう1つ覚えておきたいことは、ドレスやスーツのお直しが必要かどうかです。お直しが必要な場合には、最短でも20日は必要です。そのため、なるべく早く探し始めて、ドレスやスーツを決めることが重要なのです。

また、ブライドメイドがいる場合には、そのドレス選びにも時間が必要です。全員のドレスを同じにすることで、時間を節約することができます。

こちらもご参考に:ドレスにぴったりのヒール靴を選ぶ方法

個人手配

ウェディングプランナーにお願いしない場合には、指輪、写真家、スタイリストなどをできるだけ早く自分で手配する必要があります。

連絡先、経験、個人的な意見などのアドバイスをすでに結婚式を挙げた家族や友達に訪ねてみましょう。

冷静さを保つ

お急ぎ婚

普通の結婚式の計画でさえも、たくさんのストレスがかかります。お急ぎ婚の場合にストレスがかかるのは当然のことと言えるでしょう。

しかし、予期せぬ出来事に不安になったり腹を立てても何の役にも立ちません。反対に、そのような態度は時間を無駄にし、さらに落ち込むことになります。計画を続行するには、忍耐強くなり明るい心を保ちましょう。

すべてが計画した通りにならないことを受け入れます。即興でしかもたらすことができない芸術性もあるので、完璧でないにしても結婚式の日を楽しむことだけを考えます。

競争ではないので、大事な日の前に疲れ果てないでください。

新婚旅行

最後に新婚旅行についてです。結婚式とはまったく異なる計画となります。そのため、慎重に計画を進めたい場合にはすぐに計画をする必要はなく、後でゆっくりと新婚旅行を計画することもできます。

海外に行きたいのか、または国内のどこかに行きたいのかを明確にします。国境を超える場合には、パスポートやビザなどの書類を揃える必要があります。パスポートなしでは、海外に旅行することはできません。いずれにしても、新婚旅行を先延ばしにして、行きたいところに行ってもいいでしょう。

この記事が少しでも役に立てば幸いです。新婚旅行の目的地については、こちらの記事もご参考にしてみてください。

  • Papa, Y. (2019). 4 ideas para hacer la invitación de tu boda. Retrieved April 24, 2019, from https://eresmama.com/4-ideas-para-hacer-la-invitacion-de-tu-boda/
  • McKenzie, P. J., & Davies, E. (2010). Documentary tools in everyday life: the wedding planner. Journal of Documentation, 66(6), 788–806. https://doi.org/10.1108/00220411011087814