結婚式におススメの曲;ベスト30

10月 2, 2019
結婚式を特別な時間にするためには曲選びも大切です。一瞬一瞬を素晴らしい思い出にしたいですよね!

結婚式の曲はカップルの思い出の曲や趣味など、個人によって選ぶものが随分と違います。結婚するカップルは、これまでに様々な特別な時間を過ごしてきています。初めてのキス、初めてのダンスなど。こういった思い出に繋がる曲を持つ人も多いようです。

素敵な歌詞や美しいメロディーを持つ、結婚式向きの歌はたくさんあります。音楽は初めてのダンスを思い出すようなものだけでなく、パーティー全体を通して流すことが出来ます。

こちらもご覧ください 音楽があなたの気分にもたらす効果

 

おススメの曲ベスト30

1.セレモニー用の曲

セレモニー用の曲

セレモニー用の曲は場所を考慮して選びましょう。バンケットホールや教会でする人もいますが、外でのセレモニーを選ぶ人も多くいます。

セレモニーはすぐに終わるようなものではないので、しっかりとプランを立てる必要があります。印象深いシーンの曲をメインに選ぶことが多いようですが、それ以外にもゲストの心をつかむ曲はたくさんあります。

誓いの言葉を述べる時など、柔らかな優しい曲をかけると良いでしょう。以下がロマンチックな曲の例です。

・エンニオ・モリコーネの「シネマパラダイス」

・ニコラ・ピオバーニの「La vida es bella

ジョン・レノンの「Imagine」

・ピアノ・ガイズの「Any song」

・フランシス・ライの「Love story」

カップルがセレモニーから出る時は、明るく楽しい曲が良いでしょう。生バンドを入れた方は、ゲストがハッピーな気持ちでお米などを投げられるよう、ワクワクするようなものを演奏してもらうと良いです。

・リオ・ロマの「Me cambiaste la vida」

・マナの「Bendita la luz」

・ハンデルの「Hallelujah」

・フランコ・デ・ヴィータの「Te amo」

・クイーンの「Somebody to love」

こちらもご覧ください 結婚を成功させるためのヒント

 

2.教会での新婦入場用の曲

新婦入場

新婦の入場は、新郎だけでなくそこに参加している人々全員にとって特別な瞬間です。結婚式の中でも最も印象的な場面だという人も多いようです。ドアが開き、新婦がそろそろと歩いてくる姿を全員がじっと見つめます。

花嫁の新しい人生を天使の輪が取り囲んでいるかのような神聖なシーンです。厳正な音楽は、こういったシーンを更に印象深くしてくれます。ですので力強い真実味溢れる曲を選ぶことをお勧めします。

・「アベマリア」

・ワーグナーの「結婚行進曲」

・モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

・サン=サーンス「The swan」

・Albinoniの「Adagio」

実際その場で歌ってくれる人がいれば、更に良いです。コーラスなどを準備できれば、きっと素晴らしい思い出になるでしょう。

 

3.新郎新婦退場用の曲

退場する時の二人は、すでに夫婦となっています。これもまた特別な瞬間です。セレモニーが終わりリラックスした気持ちにもなっているはず。これから友人との楽しいお祝いの時間です。

退場の曲は、カップルが、ゲストの人にどのような気持ちを表現したいかで決めることが多いようです。

・「Oh, Happy day」

・ジョージ・エズラの「パラダイス」

・グロリア・エステファンの「Mi buen amor」

・エリー・ゴールディングの「Love me like you do」

・アクセルの「Te voy a amar」

 

4.披露宴入場用の曲

家族や友人はすでに座って新しい夫婦の登場を待っています。これから到着する2人の事をワクワクとした気持ちで待っていることでしょう。この場面にはロマンチックな曲、クラシック音楽、踊りたくなるような楽しい曲、何でもマッチします。

・ホイットニー・ヒューストンの「I will always love you」

ジャスティン・ティンバーレイクの「Can’t stop the feeling 」

・ビヨンセ&ジェイ・Zの「Crazy in love」

・アデュアルド・ディ・カプアの「O sole mio」

・ブルーノ・マーズの「24K magic」

 

5.ファーストダンス用の曲

ファーストダンス

食事と乾杯の後には、パーティの始まりを告げる、カップルのファーストダンスの時間がやって来ます。夫婦としての初めてのダンスです。つまり、2人の人生の始まりなのです。ですのでファーストダンスの曲はとても重要です!

・エド・シーランの「Thinking out loud」

・エタ・ジェイムズの「At last」

・ジョン・レジェンドの「All of me」

・エルビス・プレスリーの「Can’t help falling in love」

・ジェイソン・マラズの「I’m yours」

魔法のようなひと時が過ぎると、ゲストも中に入ってきて踊りだします。その後はDJが入るなどして楽しいダンスの時間が始まります。この頃になると、シャキーラ、リアナ、ビヨンセなどのダンスミュージックがおススメです。

音楽の選択は夫婦の好み次第ですが、幅の広い年代に好まれる歌を入れておけば、みんなが楽しむことが出来ます。

 

まとめ

音楽は結婚式の中で重要な役割を果たします。あなたらしい曲を選んで、楽しく幸せな時間にしてください!

クラシック、スローダンス、流行りの曲などどんな曲でも良いのです。出来るだけ色んなタイプのものを選ぶようにしてください。そうすればみんなが結婚式と共に音楽も楽しむことが出来ます。