美味しいビーフシチューのレシピ

9月 4, 2019
本記事で美味しいビーフシチューの作り方を学びましょう!

ビーフシチューはポルトガル、スペイン、フランス、イタリア、南米各国に伝わる伝統料理で、昔は耐火性のある陶器製の鍋などで作りました。

現在では、圧力鍋やオーブンで手軽に美味しいレシピを再現することができるようになりました。

ビーフシチューの材料は、それぞれの国や文化によって異なります。

例えば、南米諸国では、唐辛子が含まれているものが多いですが、ヨーロッパのビーフシチューは辛くありません。

また、4人分が一般的なレシピで、メインディッシュとなることが多くあります。

今回は、多くの人に愛されるシンプルな食材を使ったビーフシチューをご紹介します。

材料の中でも人参は、シチューに甘味を加える欠かせない素材です。人参が好きな方は、多めに加えても良いでしょう。

ジャガイモと人参のビーフシチュー

ジャガイモ 美味しいビーフシチューのレシピ

材料 (4人分)

  • ベイリーフ 2枚
  • ジャガイモ 500g
  • 玉ねぎ 1個
  • 牛ロース 500g
  • 完熟トマト 1個
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • 白ワイン 1カップ(250 ml)
  • ニンジン(中サイズ)14本
  • パプリカ 小さじ1杯(5g)
  • 調味料:塩、サフラン、コショウ(お好みで)

こちらもご参考に:タンパク質が豊富な美味しいレシピ

作り方

  • 牛肉をシチュー用の角切りにします。
  • オーブンを390℃に予熱します。
  • 玉ねぎはみじん切りに、トマトとニンジンを千切りに、そしてジャガイモは皮を剥かずに角切りにします。
  • フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎがやや茶色になり柔らかくなるまで炒めます。
  • 肉を加えて炒めますが、完全に調理する必要はありません。
  • 調味料で味付けをします。
  • フライパンの底が全て覆われる量のオリーブオイルを入れ、オーブンに5分間入れます。
  • 温かくなったらジャガイモと肉をワインとベイリーフと一緒にフライパンに入れます。
  • 肉と野菜やワインなどの液体で完全に覆われている状態になります。
  • フライパンに蓋をしたら、オーブンで20分間調理をします。
  • ジャガイモがしっかり調理されたら、その他の野菜を加えます。
  • 必要に応じて水を加えて材料が常に液体に覆われている状態を保ちます。
  • 再度蓋をして5分間煮込みます。

玉ねぎとニンニクのビーフシチュー

玉ねぎとニンニク

材料

  • オリーブオイル
  • ニンニク 1個(丸ごと)
  • 玉ねぎ 3個
  • 人参(中)4本u w
  • 白ワイン 2カップ
  • 赤いりんご(大)2個
  • ドライアプリコット 1カップ
  • プルーン(種無し)1カップ
  • 調味料:塩、黒コショウ、新鮮なローズマリー。

こちらもご参考に:手作りミートボールスペイン風ソースのレシピ

作り方

料理する 美味しいビーフシチューのレシピ

  • 前日、白ワイン、新鮮なローズマリー、塩、コショウを使って牛肉をマリネします。少なくとも10~12時間は浸けてください。
  • 翌日、オーブンを390℃に予熱します。
  • フライパンの底にたっぷりのオリーブオイルで敷きます。
  • りんごは皮を剥かずに千切りにします。
  • 玉ねぎとニンニクは細切りにし、オリーブオイルを入れたフライパンに入れて炒めます。
  • シチューをオーブンの近くに持っていきます。
  • 牛肉とジャガイモを加え、その上に痛めた玉ねぎとニンニクを加えます。
  • 最初のレシピと同様に、全ての材料を液体が覆っている状態にしてください。
  • 15分が経過したら、牛肉に焼き色がついたら反対側も茶色になるように調理します。
  • 必要に応じて水と白ワインをそれぞれ1カップずつ加えます。
  • 最後にりんごを追加します。
  • 出来上がりです!

今回ご紹介した2つののレシピで、肉をジューシーで柔らかく仕上げるためには、常に肉が常に水分を含んだ状態を維持することが大切です。

柔らかく仕上がる肉はとても柔らかく切りやすくなります。

また肉のマリネは、その風味を決定する大切なステップの一つです。