おできを取り除く7つのヒント

· 4月 6, 2019
おできができやすい方は、生活習慣や衛生状態にも気を配ってください。また、必要に応じて皮膚科医の診断を受け、膿瘍と言われるおできの原因を見つけることが大切です。

おできができたら、注意して扱うことが大切です。最新の注意を払わないと、痛みや不快な症状を伴ったり深刻なものへと進行するリスクがあります。

本記事では、おできの出現を予防し、できてしまったものは取り除く方法をご紹介します。

「おでき」または「吹き出物」と呼ばれるものは、感染した毛包によって引き起こされる皮膚の膿瘍として知られていますが、患部が炎症を起こし、膿と死んだ細胞で満たされた痛みを伴うおできが出現します。

膿の量が増えるにつれて、体は膿を排出しようとするため、腫れている部分にニキビのような白または黄色の「頭」が現れなす。

脇の下、お尻、太もも、顔、首、鼠径部のように湿った毛が多くある場所や摩擦されやすい部分が感染する傾向があります。

皮膚感染症を引き起こす可能性があるのは以下のケースです:

おできができる理由

おできができる理由

日常生活の中では誰もが怪我をするリスクがありますが、怪我をして傷ができるたびに、皮膚の表面に存在する細菌などに感染する可能性が高まります。

基本的には、免疫システムが細菌感染を防ぐために戦うため、すべての傷がおできの原因になるわけではありませんが、その要因の一つであるのは間違いありません。

おできができやすい場合は、細菌感染しやすく毛包炎などを発症することが多いケースがあるためできる限り感染を防ぐことが大切です。

おできができやすい要因をいくつか次にまとめました:

  • 遺伝的素因
  • 皮膚の衛生状態が悪い
  • 糖尿病
  • 腎不全
  • 肝硬変
  • 薬の使用
  • HIV
  • 慢性皮膚疾患
  • 肥満
  • 高齢
  • きつい衣服を着ている

こちらもご参照を:傷を癒す効果のある3つの優れた植物

おできが頻繁にできるのはなぜか?

頻発するおでき

多発性膿瘍の原因は、一般的に前述した要因や以前に起きた感染の治療が不完全だったことなので、患部に触れている可能性のある衣類、そしてシーツや毛布などの寝具をできる限り中性洗剤できれいに洗い、さらなる感染を予防することが大切です。

炎症が起きてから10日が経過してもおできが自然に消えない場合は、皮膚科医に相談してください。

こちらもお見逃しなく:こんな時は皮膚科に行こう!無視してはいけない5つのケース

おできを取るための7つのヒント

おできを取る方法はありますが、その後も再発防止を心がける生活習慣を取り入れることが大切です。

  • 肌のお手入れに細心の注意を払うことから始めてください。
  • おできができた場合は、その痛みと腫れを軽減するために、カモミールまたはバジルを使った温湿布を1日3回以上使ってください。湿布に使う布は毎回清潔であることを確認し、毎回新しい物に取り替えてください。
  • おできができている間は、毎日消毒効果のある石鹸で患部を洗ってから入浴してください。
  • 数日後に再びおできができるのを防ぐためには、膿が皮膚に触れて他の部分に感染しないように、消毒したガーゼを使い、石鹸と水で患部をきれいに洗ってください。
  • 感染を予防するために、毛がたくさん生えている場所は、常に乾いた状態を保ってください。
  • きつすぎる服や、体の敏感な部分などで摩擦を生じるような服の使用は避けてください。これはおできになる可能性のある傷の発生を防ぐ効果があります。
  • 針などでおできをつぶしてはいけません。これは感染が悪化するリスクを高めます。おできの膿が自然に排出されるのを待ちましょう。
  • しばらく待ってもおできが自然に小さくならない場合は、専門医に相談することをお勧めします。

ここまでにご紹介したアドバイスを試しているのにもかかわらず感染症を発症しやすい場合は、健康診断を受けて、皮膚の健康に悪影響を与える要因は何かを見極めることが大切です。

皮膚を清潔にどの要因が肌の健康に影響を与えているかを判断することをお勧めします。

皮膚を清潔に保ちながら正しいケアを行うことで、自然とおできがなくなり、再発するのを予防するための要因が決まります。

皮膚の衛生状態と健康を維持することで、おできの発生や再発を予防するのに役立ちますし、自分の健康維持にも大切です。

おできの発生を予防することで、血液や体内の臓器の健康も維持できる効果があります。

  • Singer, A. J., & Talan, D. A. (2014). Management of Skin Abscesses in the Era of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus. New England Journal of Medicine.