オビソゲンは食の最大の敵?

28 11月, 2020
オビソゲンはプラスチックによく見られる化学物質で、食品の中に広がると体内のホルモンの健康を危険にさらす可能性があります。

オビソゲンは、ホルモン系の正常な機能を妨げる人工化学物質です。その結果として、太りすぎや肥満につながる可能性が指摘されています。このことを念頭に置くと、オベソゲンが食事療法の最大の敵になる可能性があります。

この種類の物質は、体重増加のリスクを高めます。さらに、人生の初期段階で継続的にこの化学物質の影響を受けるとさらに有害になります。また他の病気を発症するリスクの増加と関係がある可能性もあります。

オビソゲンとしてのフタル酸エステル

フタル酸エステル類は、私たちが定期的に使用する特定の製品に添加されている一連の化合物です。それ自体は毒性がなく、肝臓で分解することができますが、健康に特定の悪影響を与える可能性があります。これは体重増加への影響が特に考えられます。

Chemosphere誌に発表された研究は、妊婦がフタル酸エステル類に曝露されたことで新生児の出生児低体重を引き起こしたことを発見しました。ただし、成人期を含む人生の後期に体重増加のリスクが高くなります。

フタル酸エステル類は、主に化粧品、プラスチック製品、洗浄剤に含まれています。それらは内分泌系に作用し、その機能を妨げる可能性があります。

オベソゲンは食事療法の最大の敵となりますか? 天然成分の化粧品

詳細はこちらから:あなたの化粧品は大丈夫?化粧品に含まれる有害物質

ビスフェノールA

この化合物は、プラスチックや清涼飲料缶によく含まれています。ビスフェノールAが引き起こすリスクは、時折、パッケージから食品や飲料にまで広がる可能性があります。その結果、食べたり飲んだりするときに、ビスフェノールAが人体に侵入することがあります。

EnvironmentalHealth誌に掲載されている記事は、ビスフェノールAへの曝露を代謝に関連する病気と関連付けています。実際、ビスフェノールAは、糖尿病や高血圧の出現に寄与する可能性があり、これらの病気が健康に及ぼすすべての悪影響を伴います。

プラスチックボトル オビソゲンは食の最大の敵?

こちらもご参考に:健康な食生活の敵:食べてはいけない8つの有害な食品

その他のオビソゲン:タバコの煙

タバコの煙もオビソゲンのカテゴリーに分類されます。Cancer Prevention Researchに発表された研究によると、タバコの煙は癌の発症リスクの増加に寄与する可能性があります。実際、喫煙者と受動喫煙者の両方に、健康に悪影響を与えるホルモンのかく乱が起こる可能性があります。

オビソゲンを避ける方法は?

健康に気を配るというのは、単に何を食べるかに注意を払うだけではありません。また、食品のパッケージには一連の有害物質が含まれている可能性があることにも注意する必要があります。

したがって、できる限り、生態学的に生産され、パッケージに過剰な量のプラスチックを使用していない食品を選ぶ必要があります。もう1つの効果的な方法は、ペットボトルの使用を避け、ガラスまたはステンレス鋼の容器の使用へと変更することです。

同じように、自分では制御が難しい特定の要因があります。たとえば、環境汚染や受動喫煙などによる有害物質への曝露は、必ずしも個人の努力だけで回避できるとは限りません。

この点から考えると、抗酸化作用のある食品の摂取量を増やすことが不可欠です。抗酸化物質は、細胞のDNAが受ける損傷と戦うだけでなく、ホルモン機能を改善します。

オビソゲンは食の最大の敵?

オビソゲンが含まれる製品と健康との関係は完全には明らかになっていませんが、専門家は、これらの製品が私たちの体に悪影響を与えると考えています。オビソゲンが、我々が食を通して生きることの最大の敵である理由は、体重増加と肥満だけではありません。むしろ、多くの深刻な病気につながる可能性があります。

最善の方法は、オビソゲンをできるだけ避けることです。そのためには、生態系に由来する食品を消費し、プラスチック製の食品や飲料のパッケージを再利用しないでください。

化粧品を選ぶ際にはラベルを注意深く読んで、今回ご紹介した上記の物質が含まれていないことを確認する必要があります。

同様に、オビソゲンを含む製品への曝露を完全に避けるのは難しく、実際にはほぼ不可能であることに留意しましょう。そのため、体内の酸化を予防するのに必要な栄養素を体に補給するように食生活を調整することが大切です。

さらに、健康的でバランスの良い食生活は、ホルモン系が正しく機能するのに役立ちます。そして同時に、代謝機能の健康に問題が生じているという指標を軽減するのにも役立ちます。

同時に、定期的な運動もこのプロセスで重要な役割を果たします。 身体活動と適切な栄養の摂取を組み合わせることは、健康を促進する優れた方法です。

  • Jin F., Thaiparambil J., Ramya Donepudi S., Vantaku V., et al., Tobacco specific carcinogens induce hypermethylation, DNA adducts, and DNA damage in bladder cancer. Cancer Prev Res, 2017. 10 (10): 588-597.
  • Song Q., Li R., Zhao Y., Zhu Q., et al., Evaluating effects of prenatal exposure to phthalates on neonatal birth weight: structural equation model approaches. Chemosphere, 2018. 205: 674-681.
  • Ranciere F., Lyons JG., Loh VHY., Botton J., et al., Bisphenol A and the risk o cardiometaboli disorders: a systematic review with meta analysis of the epidemiological evidence. Environ Health, 2015.