乳ガン予防に効果的な6つのアドバイス

· 3月 29, 2018
健康的なライフスタイルを送りながら、運動を継続することが乳ガンの予防に高い効果を発揮するといわれています。もちろん、専門家による定期検診を欠かさないことも重要です。

乳ガンの予防は可能でしょうか?

乳ガンは世界中で多くの人が診断される種類のガンで、乳房にある組織である「乳腺」が異常に成長することで発生するガンです。

乳ガンのリスク要因は数多く存在するため、世界中の女性が乳ガンとその予防に関心を持っています。

医学とテクノロジーの進歩により、乳ガンの治療方法は顕著に進歩しましたが、医師たちは少しでも疑わしい症状があったらすぐに医師の診察を受けるように指導しています。

また健康的な生活を送っていても乳ガンを発症するリスクはありますが、そのリスクを最小限に抑えることができます。

乳ガンの原因とは?

乳ガンの原因は、100%明確になっているわけではありませんが、医師たちは、乳房の組織である乳腺が異常に、そして急激に成長することで乳ガンを発症すると言う意見には賛同しています。

これらの細胞は、乳房および他の身体組織全体に広がり、血流およびリンパ系に転移します。

ほとんどの場合、母乳を産生する乳管細胞から始まりますが、これは浸潤性の乳管ガンとして知られています。

乳ガンの危険因子

いくつかのホルモン、環境要因、および遺伝的要因は、乳ガンを発症するの可能性のあるとしてよく知られていますが、なぜ乳ガンを発症する人がいるのか、そして発症しない人がいるのかは現時点では明らかになっていません。

乳ガンと関連があるとされる要因

  • 女性であること: 男性も乳がんを発症する可能性がありますが、女性の方が発症しやすい。
  • 加齢
  • 自分または家族に乳ガンの病歴がある
  • オーバーウエイトまたは肥満
  • 生理が早く始まった人
  • ホルモン療法を行なったことがある人
  • 飲酒をする人
  • 放射線に被曝したことがある人

こちらの記事でさらに詳しくご覧ください:乳ガンについて知ろう

乳ガンの症状

乳ガン検査

  • 乳房の大きさや形の変化
  • 乳房をおおう皮膚の変化
  • 乳房組織の塊またはシコリ
  • 乳首の反転
  • 乳首の周りの皮膚が剥がれ落ちる
  • 胸の周りの皮膚の赤みや小さな穿孔

乳がんを予防するための推奨事項

乳ガンは非常に複雑な病気なので、100%予防するための効果的な方法について議論することは不可能です。

ただし、乳ガンを発症する危険のある要因にさらされている場合は、発症のリスクを軽減する特定の習慣や推奨事項があります。

1-活発に毎日を過ごす

 

エクササイズ

活発なライフスタイルを送っている人は、乳ガンを発症しにくいと言われています。

運動により、女性の健康の重要な鍵を握るホルモンであるエストロゲンの値を正常に保ちます。

2-体重の増加を予防する

肥満やオーバーウエイトにより体内の脂肪細胞が増えると、ガンになるリスクが高まります

そのため、健全な生活習慣を送りながら、健康的でバランスの良い体重を維持することが大切です。

3-飲酒の量を制限する

アルコールの摂取は、私たちの健康に負の影響を及ぼします。また飲酒により乳ガンを発症するリスクが高まるため、飲酒量を自制することが大切です。

4-母乳育児を行う

母乳育児

母乳育児は、赤ちゃんに最高の栄養を補給するだけではなく、乳ガンをはじめとする疾患を予防する効果があります。

5-毎月の自己触診

乳ガンの予防に効果的なのが、自己触診です。乳房や乳房の組織に何か異常がないかを早期に発見する効果があります。

6-遺伝子検査

家族に乳ガンの病歴がある場合は、遺伝子検査を実施して、乳ガンを発症するリスクがどれほど高いかを診断することをお勧めします。

遺伝子検査の結果により、医師は専門的な視点から治療を開始する必要があるかどうかを判断します。

乳ガンを発症するかどうか心配ですか?

乳ガンの疑いがある場合は、できるだけ早く医師に相談して必要な検査を行いましょう。

しかし一般的には、今回ご紹介したアドバイスを参考に、健康的なライフスタイルを送ることで乳ガン発症の機会を減らすことが大切です。