妊娠中の茶色いおりものについて

妊娠中の茶色いおりものは、非常によくあることです。ほとんどの場合、自然な原因によるもので、自然に治ります。しかし、どのような場合に医師に相談するべきなのでしょうか?
妊娠中の茶色いおりものについて

によって書かれた Edith Sánchez

最後の更新: 09 8月, 2022

妊娠中の茶色いおりものは、比較的よく見られる症状です。重要なのは、他の症状を伴わないこと、おりものが大量ではないこと、3日以上続かないことです。

とはいえ、合併症の可能性を排除するために、医師または婦人科医の診察を受けることが最善です。一般的に、妊娠期間中のおりものは白色であるべきと言われています。では、なぜこのような色の変化が起こることがあるのでしょうか? 考えられる原因は以下のとおりです。

妊娠中の茶色のおりもの

妊娠中に茶色のおりものが出る女性は、5人に1人と言われています。通常、受精卵が子宮の壁に着床するとき、つまり妊娠の初期に起こります。実際、月経と混同されることがよくあります。

正確には、この色のついた液体(濃い赤にも見えます)は、古い血液で構成されています。しかし、月経の出血に比べると、質感は軽く、量もそれほど多くありません。そして、ほとんどの場合、数時間しか続きません。

しかし、数日から数週間続くようであれば、受診の必要性が出てきます。一般的に、茶色のおりものは通常、妊娠の最初の時期に発生します。痛みやかゆみなど他の症状が出ることはなく、異臭や粘り気があることもないはずです。

妊娠中 茶色のおりもの
妊娠中の褐色のおりものの量が多かったり長期にわたる場合は、できるだけ早く医師に相談することが重要です。

妊娠中に茶色のおりものが出る理由

妊娠中の茶色いおりものには、2つの理由があることが多いようです。1つ目は着床です。受精卵は卵管から子宮に移動する必要があります。そこで受精卵は子宮内膜に付着しますが、その際に多少の剥離が生じるため、このようなおりものが発生するのです。

このプロセスは、受胎後7日から14日の間に行われます。通常、まずゼリー状のピンク色のおりものが出ます。続いて、茶色っぽいおりものが出てきます。これは少量で、滑らかな粘性があり、悪臭はありません。

通常発生する2つ目の理由は、ホルモンの変化です。このため、妊娠中ずっと茶色いおりものが出る女性もいます。このおりものは非常に軽く、他の症状はありません。

しかし、痛み、かゆみ、発熱、粘性の奇妙な変化などの症状と同時におりものが発生する場合、以下のいずれかの問題が原因である可能性があります。

感染症

性病や尿路感染症の症状によって、妊娠中に茶色のおりものが出ることがあります。この場合、排尿時の痛みや灼熱感、骨盤内の不快感、かゆみ、悪臭など、他の症状とともに起こります。

胎盤剥離

胎盤が早期に剥離したことを示す症状である場合もあります。これは、妊娠3ヶ月に起こります。この場合、胎盤が非常に少なく、その上層の血管が損傷しています。このため、おりものは茶色に染まります。

子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮の中にできる良性の腫瘍です。血管が多く、出血しやすい位置にあることもあります。

子宮外妊娠

子宮外妊娠は、受精卵の着床が子宮の外で行われることです。症状のひとつとして、茶色いおりものや月経以外の出血があります。また、激しい腹痛、骨盤内の極度の圧痛、膣内の重苦しさなどがあります。

流産

妊娠中の茶色いおりものは、流産の兆候である可能性もあります。これは通常、第20週以前に起こり、激しい腹痛、無臭の膣からの液体の喪失、発熱、悪寒などの症状を伴います。

妊娠中の褐色放電の他の原因

  • 妊娠中の茶色いおりものの原因として考えられるもう一つのものは、性器の外傷です。これは、性行為の際にペニスが子宮頸管の壁に当たって起こることが多いです。そのため、軽い出血が起こり、膣分泌物がそのような色合いになってしまうのです。
  • 子宮のポリープもこの症状を引き起こす可能性があります。
  • また、茶色のおりものは、子宮頸がんの兆候である可能性もあります。進行していない限り、妊娠に影響はありません。

こちらもお読みください:透明な水っぽいおりものの原因について

妊娠中の茶色いおりものの種類とその意味

妊娠中の茶色いおりものは、発生する妊娠時期やその他の状況によって、意味が異なります。詳しく見ていきましょう。

妊娠初期

妊娠中の茶色いおりものは、妊娠初期、具体的には、妊娠の初期に多く見られます。他の症状、特に痛みを伴う場合は、子宮外妊娠の兆候や流産の危険性が考えられます。

妊娠中期

妊娠中期に褐色のおりものが出るのは珍しいことです。流産のリスクは残りますが、非常に低いです。痛みがある場合は、胎盤剥離の可能性が高いです。これはできるだけ早く医師の診察を受けてください。

第3半期

妊娠中期になると、感染症にかかる可能性が高くなり、茶色いおりものが出るようになります。また、ホルモンの変化により、子宮頸管びらんが起こり、おりものが出ることもあります。これは通常、心配するようなことではありません。

上記に加えて、妊娠末期になると、粘液栓が排出され、出産の時期を知らせます。

性交後

妊娠中は子宮頸管がより敏感になっています。そのため、どんなに気をつけていても、性交後に茶色いおりものとして微量に出血することが少なくありません。他の症状がない限り、心配することはありません。

双子の妊娠

結局のところ、この症状は、双子以上を妊娠中の場合に頻繁に起こります。これは、おりものに不快なにおいや変な感触がなければ、正常なことです。また、他の症状もないことを確認しましょう。

いつ医師に相談するべき?

一般的に、妊娠中の茶色いおりものは少量でおさまっているべきです。また、悪臭やサラッとしていない場合、濃すぎるなどの異常な特徴もあってはなりません。非常に軽く、滑らかで、数時間から数日続くのであれば、医師に相談する必要はありません。

この問題では、3つの基本的なポイントを考慮に入れる必要があります。

  • 量。茶色いおりものが大量に出る場合は、医療機関に相談することをお勧めします。
  • 期間。3日以上続く場合は、警告のサインです。
  • 発症の時期。原則として、妊娠第1期以降におりものが現れたら、専門家に診てもらうのが一番です。
妊娠中の女性 おりもの
茶色いおりものに、痛みや悪臭、変な感触など他の症状が伴う場合は、婦人科に行きましょう。

まとめ

妊娠中の茶色いおりものは、それだけで心配になるような兆候ではありません。特に妊娠初期には、女性の4分の1から5分の1がこの症状を持っています。ですから、パニックになったり、何か問題があると推測したりしないでください。

とはいえ、妊娠2~3ヶ月にこの症状が出たときは、他に症状がなくても、医師に相談したほうがよいでしょう。また、少しでも気になることがあれば、診察にかかることをお勧めします。

こちらの記事もおすすめです。
カンジタ膣炎を防ぐ5つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
カンジタ膣炎を防ぐ5つの方法

イースト菌感染症、またはカンジタ膣炎はカンジタとよばれる真菌が原因です。この最近は女性の膣内や内臓環境に常在する菌です。免疫力のおかげで、通常はカンジタ菌の活動は抑えられているので、体に害を及ぼしません。健康体で、体を清潔に保って入れば、カンジタ菌の増殖は抑えられ、膣炎も予防できます。



  • Kim SM, Kim JS. A Review of Mechanisms of Implantation. Dev Reprod. 2017;21(4):351-359. doi:10.12717/DR.2017.21.4.351
  • Khaskheli, Meharunnissa et al. “Vaginal discharge during pregnancy and associated adverse maternal and perinatal outcomes.” Pakistan journal of medical sciences vol. 37,5 (2021): 1302-1308. doi:10.12669/pjms.37.5.4187