透明な水っぽいおりものの原因について

明確な水様分泌物は、出産可能年齢の女性の通常のタイプの分泌物です。妊娠初期にもよく見られます。
透明な水っぽいおりものの原因について

最後の更新: 21 4月, 2022

透明な水っぽいおりものは、妊娠可能な年齢のすべての女性において正常です。色としては、通常、水に似ています。卵白のような粘性があり、月の中で最も妊娠しやすい日に発生します。

透明な水のようなおりものの主な機能は、卵子の受精を促進することです。その存在によって、精子は卵子に到達できるよう、よりよく滑ることができるのです。

また、透明な水のようなおりものがある場合、下腹部に軽い痛みを伴うのが普通です。これは、卵子が卵巣から放出され、卵管に向かって前進する瞬間に対応するためです。

透明な水っぽいおりものの特徴

透明な水っぽいおりものは、女性がその月の最も妊娠しやすい日にさしかかっていることを示す主な指標です。通常、最初はより液状で、次の日には濃厚で弾力性のあるものになります。後者は、排卵が起こっていることを示すサインです。

受精を促進するだけでなく、透明な水のようなおりものには他の働きもあります。

  • 自浄作用の働き。このタイプのおりものは、腟内の死んだ細胞やゴミを取り除き、排除するのに役立ちます。
  • 調整因子。このタイプのおりもののおかげで、腟壁の水分と潤滑性のバランスが適切に保たれます。
  • pHを調整する作用。いくつかの研究によると、このおりものは膣のpHを調整し、保護微生物の成長を促進する働きがあるとされています。

さらに、水っぽい透明なおりものは、月のどの時期にも起こりうるので注意が必要です。実際、激しい運動をした後に分泌されることも珍しくありません。これは、心配する必要はありません。

透明な水っぽいおりもの 特徴
激しい運動の後、水っぽいっぽいおりものが出る可能性がありますが、完全に正常のことです。

透明な水のようなおりものの原因

このタイプのおりものは、ホルモンの変化と関連しています。女性ホルモンは、月経周期を生み出すさまざまなプロセスを刺激したり抑制したりする物質です。

これらのホルモンのうち、エストロゲンは、膣分泌物の生成に最も影響を与えるものです。エストロゲンは、排卵が起こる少し前に増加します。そのため、透明な水のようなおりものの量が増えます。

排卵後はエストロゲンが減少し、おりものは濃くなり、量は少なくなります。一方、このタイプのおりものは、妊娠第1期や妊娠第3期にも現れることがあります。第2期ではそれほど一般的ではありません。

こちらもお読みください:卵巣の早期摘出について

何かがおかしいという兆候

透明な水っぽいおりものが半透明の色を保ち、見た目がやや粘性で、異臭がなければ、すべて問題ありません。逆に、おりものの粘度、色、質感に変化がある場合は、問題があることを示すサインである可能性があります。

入手可能なデータによると、膣炎の95%までが、おりものの変化をもたらします。考慮すべき変化は次のとおりです。

悪臭を放つおりもの

悪臭を放つ膣分泌物は、多くの場合、イースト菌や細菌感染の兆候です。この状況を医療従事者に相談することが重要です。淋病、クラミジア、トリコモナスなどの性感染症が原因である可能性さえあります。

また、デリケートゾーンを過度に衛生的にすることで、膣内フローラのバランスが崩れることもよくあることです。このような状態では、イースト菌感染症やカンジダ症が発生しやすくなります。いずれの場合も、おりものは悪臭を放ちます。

色の変化

おりものの色の変化も、感染症の指標となることが多いようです。

  • 細菌性膣炎の場合、色は灰白色になり、非常に臭いが強くなります。
  • カンジダ症の場合は、どろっとした塊のような白い色になります。
  • トリコモナス症の場合は、泡のような緑黄色のおりものが出ます。

こちらもお読みください:腟カンジダ症を緩和する自然療法

血の混じったおりもの

透明な水のようなおりものの中に、少量の血液が混じっていることがあります。完全にピンク色に見えることもあります。これは、卵子が受精したこと、および女性が妊娠していることを示す最初のサインの1つである可能性があります。しかし、これは妊娠検査薬や実験室検査で確認する必要があります。

血の混じったおりもの 妊娠
血の混じった織物は、妊娠を示している場合があります。妊娠検査でこれを確認できます。

親しい間柄での良好な衛生習慣が鍵

透明な水のようなおりものが通常の外観を保っている限り、このおりものは正常であると考えることができます。量の変化は問題の兆候ではありませんし、粘度の変化も問題ではありません。

しかし、色、におい、感触の変化は、何か別のことが起こっている可能性を示すサインです。そのような場合は、婦人科医に相談するのが一番です。

デリケートゾーンの衛生状態を良好に保つことは常に必要不可欠です。しかし、膣洗浄は、実は膣の健康には良くないので、乱用しないようにしましょう。綿の下着を着用し、パンティライナーの使用は控え、膣内細菌叢の変化のリスクを軽減するようにしてください。

This might interest you...
カンジタ膣炎を防ぐ5つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
カンジタ膣炎を防ぐ5つの方法

イースト菌感染症、またはカンジタ膣炎はカンジタとよばれる真菌が原因です。この最近は女性の膣内や内臓環境に常在する菌です。免疫力のおかげで、通常はカンジタ菌の活動は抑えられているので、体に害を及ぼしません。健康体で、体を清潔に保って入れば、カンジタ菌の増殖は抑えられ、膣炎も予防できます。



  • Serrano, S. C. (2018, diciembre). Comportamiento del síndrome de flujo vaginal en mujeres atendidas en un Centro Médico de Diagnóstico Integral. SciELO. Recuperado 23 de diciembre de 2021, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0138-600X2018000400004.
  • Borras, V. E. (2010, diciembre). Síndrome de flujo vaginal. SciELO. Recuperado 23 de diciembre de 2021, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0138-600X2010000400013.
  • Orellana Escobar, N. (2019). Factores Personales Asociados a Sindrome de Flujo Vaginal en Mujeres en Edad Fertil que Acuden al Servicio de Obstetricia del Centro de Salud Aucallama de Mayo Agosto 2018.