腟カンジダ症を緩和する自然療法

2月 24, 2019
腟カンジダ症は日常生活に影響を与える可能性がありますが、幸いにも症状を緩和したり軽減するための方法や予防法が数多く存在します。

膣カンジダ症は、様々な真菌、特にカンジダアルビカンスによって引き起こされる感染症です。

この感染症は、正常な免疫システムを持つ人々にも発症しますが、妊娠中の女性だけでなく、糖尿病やエイズを患っている人々にもよく起こります。

この記事では、腟カンジダ症の原因、症状、治療に役立つアドバイス、そして自然療法などについて詳しく説明します。

また腟カンジダ症を予防する方法もご紹介します。

一般的な感染症:膣カンジダ症

腟カンジダ症は、一般的な病気の一つで、全ての人が、人生の中で一度は感染すると言われています。

イースト菌感染症には、表在性、カンジダ症のような中等度、そして重症の3つのタイプがあります。

原因

ほとんどの女性は、生涯のある時点で膣内でのイースト菌感染症にかかっています。

このイーストは、膣、口、消化管、皮膚に少量見られることがよくあり、ほとんどの場合、感染症の症状を引き起こすことはありません。

それはカンジダと膣内に通常存在する多くの微生物はお互いのバランスを保っているからですが、カンジダの量が増量するとカンジダ症を引き起こします。

ご存知ですか?:カンジダの増殖を抑える6つの自然療法

症状

腟カンジダのかゆみ

外陰部のかゆみはカンジダ症の最も一般的な症状ですが、以下のような症状を発症する人もいます:

  • 膣の燃えるような感覚や痛み
  • 排尿時の痛み
  • 性交痛

予防法

男性と女性のどちらもこの病気に感染するリスクは常にあります。

しかしここからご紹介する予防法を理解すれば、感染するリスクを抑えるのに役立ちます。

  • 体の衛生状態を維持することは通常カンジダ症の予防に効果があります。特に、シャワーから出たときに肌をよく乾かすことが大切です。
  • 口腔カンジダ症を予防するには、歯を磨き、マウスウオッシュなどを使うと効果的です。たばこを吸ってはいけません。
  • 生殖器とその周りでのカンジダ症を防ぐためには、コンドームを使用してください。
  • 妊娠中の女性は、膣内細菌叢の酸を軽減するために、ヨーグルトを食生活に取り入れるのが良いでしょう。

カンジダ症の種類

カンジダ性間擦疹

最も一般的な臨床形態で、脇の下、鼠径部、臀筋間隙、乳房下のひだ、首などの大きなひだ、および手、足、および耳後部の小さなひだなどに感染します。

カンジダに感染した人の肌は赤くなり、また腫れを引き起こし、感染した場所に不快感やかゆみを感じます。

消化器系のカンジダ症

  • 食道:炎症が起こり、嚥下障害、胸やけ、および胸痛を引き起こします。
  • 胃カンジダ症:これは特に胃潰瘍を患っている患者に発生します。
  • カンジダ腸炎:これは腹痛と頻繁な排便を引き起こします。血便や下痢から脱水症状を起こします。
  • 直腸カンジダ症:肛門にかゆみ、灼熱感、および刺激を引き起こします。

生殖器系のカンジダ症

次のような症状がある場合は、細心の注意を払う必要があります。

  • 膣カンジダ症:これは、特に妊婦における膣のpHの変化が原因で、膣内の刺激やかゆみを引き起こします。
  • 亀頭炎:これは亀頭および陰茎の包皮に感染を引き起こし、かゆみを伴う膿疱を引き起こします。

こちらもご参照を:家庭でできるカンジダ膣炎の対処

カンジダ症を治療するための効果的な自然療法

プレーンヨーグルト

女性のイースト菌感染症のための優れた自然療法は、腟にヨーグルトを塗布する方法です。

膣の酸性度を下げ、増殖するためには酸性の環境を必要とする真菌の成長を遅らせます。

男性もこの方法を活用することができますが、塗布してからそのままにしなくてはいけないため、ヨーグルトで濡れた下着を着用するのはあまり快適ではありません。

材料

  • プレーンヨーグルト大さじ2(30 ml)

使い方

  • 膣の中と周りにプレーンヨーグルトを塗ります。
  • 1〜2時間放置します。

カンジダ症を治療するためのマウスウォッシュ

マウスウォッシュ

リンゴ酢とレモン汁はどちらも防腐性と抗生物質性を持っており、ティーツリーのエッセンシャルオイルは天然の再生特性を持っています。

これら3つの成分を組み合わせると、腟カンジダ症の症状を緩和する効果のある強力な自然療法薬が出来上がります。

材料

  • りんご酢 1カップ(250 ml)
  • レモン汁 大さじ1(15 ml)
  • ティーツリーエッセンシャルオイル2滴

使用方法

  • 3つの材料を混ぜ合わせてから、よくかき混ぜます。
  • カンジダ菌を除去するためには、1日2回、この液体で口内をゆすぎます。

Sobel, J. D. (2014). Genital candidiasis. Medicine (United Kingdom). https://doi.org/10.1016/j.mpmed.2014.04.006

Millsop, J. W., & Fazel, N. (2016). Oral candidiasis. Clinics in Dermatology. https://doi.org/10.1016/j.clindermatol.2016.02.022

Bartlett, J. G. (2004). Guidelines for treatment of candidiasis. Infectious Diseases in Clinical Practice. https://doi.org/10.1097/01.idc.0000130888.27859.52