二重あご に最も効果的な7つのエクササイズ

8月 26, 2018
太っているわけではないのに二重あごで悩んでいる女性はたくさんいます。あごを引き締めるためのエクササイズで二重あごを解消しましょう。

今回紹介するエクササイズを毎日数分続けるだけで、顎と首の筋肉を強化して 二重あご を解消するのに役立ちます。

この部分に蓄積した脂肪は、あなたが心筋の代謝疾患に罹りやすいことを意味しているかもしれません。

太り過ぎによって二重あごになることもありますが、顎の筋肉が緩すぎると、二重あごのように顔の形を悪くしてしまうこともあるのです。

これは基本的にある年齢に達した時に現れますが、何歳でも可能性はあるので注意しておきましょう。

そこで今回は二重あごを軽減するのに最も効果的なエクササイズを紹介したいと思います。

1.舌の円運動

二重あご のためのエクササイズ

  • 快適な場所で、背中をまっすぐにした状態で座って口を閉じてください。
  • その後、円を描くように根本から舌を動かします。
  • 1日10回を3セット行うようにしましょう。
  • また、円運動と一緒に舌を左右に動かすのも良いでしょう。

こちらの記事もオススメです:小顔作りの秘訣はコレ!手軽にできる顔やせ法

2.舌プレス

  • 背中をまっすぐにして肩を楽にしてください。出来るだけ快適な場所で行うようにしましょう。
  • 天井が見えるまで頭を後ろに傾けます。
  • その後、喉の方に向かって舌を押すように動かしてください。押している間、顎を胸につけるように頭を動かします。
  • このエクササイズをしている間は舌を押し続けるのを止めないように集中しましょう!終わったら舌を楽にして元の位置に戻します。
  • これを毎日最低20回行うようにしましょう。

3.しかめ面

  • このエクササイズは立ったままでも、座った状態でもどちらでも行うことが出来ます。
  • まず、下唇を出来るだけ前へ突き出して赤ちゃんが泣く寸前のような表情を作ります。
  • そのしかめ面の状態のまま、首の筋肉に力を入れて顎が胸にタッチするよう動かします。
  • エクササイズ中は必ず背中と肩をまっすぐにした状態にしておきましょう。
  • 顎が胸に触れたら元の場所に戻し、休みます。これを1日最低15回行いましょう。

4.ザ・オー(O)運動

二重あご 解消エクササイズ

  • 背中をまっすぐにして肩を楽にしてください。
  • 頭を後ろに傾け、口を閉じたままアルファベットのOのような形にしてください。
  • 首に力を入れたまま、この体勢を20から25秒保ったら元に戻します。これを1日10回繰り返します。

5.顎ローテーション

  • これも立ちながら、または座りながら行ってもらって構いません。大切なのは背中を出来るだけまっすぐ保つことです。
  • 次に、あなたの顎をどちらかの肩にタッチします。それを交互に行います。
  • そして、顎を肩から胸にかけてもう片方の肩へ半円形の動きでなぞっていきます。これを行っている間は肩に力を入れないようにしましょう。
  • 10回繰り返してください。

こちらの記事もどうですか?:二重あごの解消法

6.天井にキス

  • まず、腕がまっすぐになるように立ってください。
  • 次に、頭を後ろの方に傾けます。
  • そして、出来るだけ唇に力を入れます。首や顎の筋肉が緊張するくらい力を入れてください。
  • 少なくとも5秒続け、元のポジションに戻します。
  • これを毎日15回やりましょう。

7.母音発声

二重あご には母音発声

最後のエクササイズはとてもシンプルでいつでも出来るものです。

  • まず、立ちあがって背中をまっすぐにします。
  • そして、母音をゆっくり発声します。出来るだけ口を大きく開いて行いましょう。
  • あなたが出来る回数だけ行ってください。