舌から分かる9つの健康状態

6月 25, 2017
舌の色からビタミンの欠乏や感染症が分かるという事を知っていましたか? それが単に衛生面に問題があるだけなのか、それとももっと重大な問題を示しているのかも分かるのです。

舌はあなたの健康状態を映し出す鏡のようなものです。

その色から様々なことが分かるので、決して見落とさないようにしてください。

ここでは舌の色がどんな健康状態を示しているのかご紹介していきます。

 

1.いちご色

舌がいちごのような赤になっている時は、いづれかのビタミンが不足しているサインです。テカテカしていますか? それは鉄分とビタミンB12が不足しているのです。

また味蕾がすり減ると、普段より舌が平たくなってしまいます。

ひどくなると、辛いものを食べたり熱いものを飲んだりした時鋭い痛みを感じることがあります。

そういった時は医者に診てもらい、食生活を変えていきましょう。

 

2.茶色

舌に茶色や黒っぽいプラークが付いている時は、お口の中の衛生面に問題がある事を示しています。また喫煙する方や、お茶やコーヒーを大量に飲む方もこのような色になる傾向があります。

この色になると、味の感じ方も変わりますし口臭も気になり始めます。酷くなると味を感じることが出来なくなったりします。

舌や口臭のためだけでなく健康のためにも、こういった悪い習慣はやめましょう

毎日歯を磨き、舌もきれいに磨いて下さい!

 

3.白っぽい

 

色が薄かったり、カッテージチーズが舌に載っているように白くなっているのは、イースト菌感染症(カンジダ症)の兆候です。

このタイプのプラークが出ているのはカンジダアルビカンスが過度に繁殖していることを示しています。

これは抗生物質の長期に渡る使用や、免疫力の弱体化、糖尿病や高血圧などが原因にとなって起こる感染症です。

医者に診てもらってください。

 

4.線が入っている

線やしわは、単に老化現象かもしれません

痛みは普通ありませんが、口の中を衛生的に保っていないと感染症にかかる恐れが増加します。

例えば、真菌は線やしわの中で繁殖しやすく、痛みや焼けるような感覚があります。

医者に診てもらって、治療の指示に従いましょう。

 

5.小さな白い斑点

もし下に白い斑点が見られるようなら、それは重大な健康問題を抱えているサインです。

これ喫煙者に見られる細胞の過剰成長であることが多く、確率はかなり低いですが前癌性のものかも知れません。

数週間消えないようであれば、病院で検査を受けてください。

 

6.水泡や赤い傷

水泡や酷い傷が舌に長期間ある場合は、舌癌のような深刻な病気かもしれません

すぐに医者に診てもらい診断を受けましょう。

 

7.焼けるような感覚

焼けるような感覚が舌にある時は、ホルモンに重大な変化があるのかも知れません。更年期に起こりがちです。

それ以外の原因としては、使っている歯磨き粉があっていないという事もあります。発泡剤として使われるラウレル硫酸ナトリウムにアレルギー反応を示している可能性があります。

一度この化学物質を含まない歯磨き粉に変えてみて、舌に変化があるか確認してみてください。

 

8.痛みを伴う出来物

舌にできる痛みを伴う出来物は、口内炎かも知れません。

通常子供に出来るものですが、大人でも約20%の人は舌に口内炎が出来たりします。

出来物はストレスや免疫力の低下のサインです。一週間以上消えないようなら病院に行きましょう。

 

9.切れ目や形が不規則

かなり稀に見られる特徴ですが、決して悪いことではありません。

痛みがなければ心配することはありません。ただ少し他の人と形が違うだけです。

 

 

 

 

あなたへおすすめ