寝汗の最も一般的な原因5選

寝汗はさまざまな理由で発生する可能性があり、すべての場合に必ずしも深刻であるとは限りません。
寝汗の最も一般的な原因5選

最後の更新: 29 7月, 2021

多くの場合、寝汗の一般的な原因はご自身の身の回りの環境で見つけることができます。気温が高すぎる、重いパジャマで寝ている、または暖かすぎる毛布を使用している可能性などがあります。ただし、これらの理由のいずれかが原因で発生しない場合は、他の考えられる原因を考慮する必要があることもあります。

また、より深刻な問題の兆候である場合もあります。この問題が頻繁に発生する場合は、次のいずれかの病状が原因である可能性があります。

寝汗の一般的な原因

1.閉塞性睡眠時無呼吸

寝汗 原因
睡眠時無呼吸に対しては、このような器具を使うことで良好な結果を得ることができますが、その有効性を証明するには、より多くの証拠が必要です。

この病気に苦しむ人々は夜よく眠れません。これは、気道が塞がれているためです。空気の流れが制限されてしまいます。しかし、呼吸ができないことも寝汗の一般的な原因の1つです。しかし、これがすべてではありません。無呼吸に苦しんでいる場合に経験する可能性のあるその他の症状は次のとおりです。

  • 過敏性
  • 日中の疲れ
  • いびき
  • 頭痛

寝汗とともにこれらの症状の1つまたは複数に気付いた場合は、医師に相談することをお勧めします。閉塞性睡眠時無呼吸症と診断された場合、それがより大きな問題を引き起こす前に治療する必要があります。心臓の問題や糖尿病が含まれる可能性があるからです。

ほとんどの人にとっての解決策は、夜間の呼吸を助ける機械を使用することです。これにより、睡眠が良くなり、関連する症状を取り除くことができます。

いびきを止める方法を見つける:睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法

2.更年期

更年期障害と年齢が、ホルモンの浮き沈みを引き起こします。これは体のコントロールを失わせます。これらの絶え間ない変化はまた、人の体温を大きく乱すこともあります。

更年期の女性は、寝汗のために息が詰まって非常に不快に感じることがよくあります。同じ夜に何度か目を覚ます人もいます。他にも以下のような症状があります。

  • 乾燥肌
  • 機嫌が悪い
  • 不規則な月経周期

更年期が始まる平均年齢は約51歳です。しかし、更年期を始める何年も前に寝汗をかき始めることもあります。女性の中には30代で寝汗に苦しみ始める人もいます。

更年期障害は女性の日常生活の一部であり、「治癒」する必要はありません。ただし、症状があまりにも厄介な場合は、かかりつけの医師にいくつかの治療法を提案してもらいましょう。このライフステージをより快適に通過するのに役立つかもしれません。

こちらもご参考に:更年期の4つの大きな魅力

3.不安

寝汗

日中に不安や慢性的なストレスに悩まされると、寝汗につながる可能性があります。この場合、問題の解決策は、あなたを悩ませているものをよりよく管理する方法を学ぶことかもしれません。

不安の症状を和らげるのを手伝ってくれるカウンセラーに行くのは良いことです。これは、原因がよくわからない場合に特に当てはまります。多くのセラピストは認知行動療法を実践しています。これらは自分の考え方を変えることを教えてくれます。このようにして、不安やストレスを引き起こしている考えを特定して再び取り組むことができるのです

しかし、治療だけでは十分ではないかもしれません。ですから、あなたが自分の役割を果たすことが重要です。次の生活習慣を取り入れて維持してみましょう。

  • 毎日の運動
  • 希望感を育む
  • バランスの取れた食事をする
  • トークセラピーに参加する
  • 創造的な活動を行う(絵画、執筆、彫刻、着色など)

4.いくつかの病気

寝汗が頻繁にあるからといって、自動的に問題を想定するべきではありません。寝汗の原因はさまざまです。ただし、あなたの健康状態に関する最も正確な情報を入手するには、医師の診察を受けることが重要です。寝汗は多くの病気の二次的影響です。細菌やウイルスの感染症のように、深刻なものもあります。 それはある種の癌によってさえ引き起こされる可能性があります。

より深刻な問題である場合、寝汗は通常他の症状を伴います。あなたの医者だけが何が起こっているのかを理解するために適切な検査を行います。治療法は病気によって異なります。

5.低血糖

寝汗

低血糖としても知られる低血糖症は、糖尿病患者の寝汗の原因となる可能性があります。しかし、これだけが症状ではありません。この問題はまた、糖尿病患者が日中にたくさん汗をかくようにする可能性があります。

低血糖は通常、二次的な影響です。これは、糖尿病の治療に使用されるインスリンまたは他の薬の問題によって引き起こされる可能性があります。したがって、これらの問題が定期的に発生する場合は、医師がライフスタイルの変更を提案することができます。さらに、ライフスタイルを変えることで、低血糖に苦しむ可能性を減らすことができます。これには、特定の種類の食品を定期的に食べることも含まれます。血糖値に注意を払うことが必要な場合もあります。

寝汗がある場合は医師に相談してください

他の症状を伴う寝汗は、あなたの健康に何か問題があることを示している可能性があります。ただし、必ずしも最悪のシナリオを意味する必要はありません。

寝汗が多い場合は特に注意してください。これが他の症状と一緒に発生する場合は、それにも注意してください。したがって、医師に相談することで、主な原因を突き止めることができます。さらに、すぐに解決策を見つけるための道を見つけることもできるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
寝汗をかくって、正常?/それとも異常?
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
寝汗をかくって、正常?/それとも異常?

ある種の薬は、心拍数を上げ、皮膚の毛細血管を拡張するため、汗のかき方に影響を及ぼします。でも、寝汗をかくのって、正常なのでしょうか?夜間の寝汗には、さまざまな要因が考えられますから、それぞれの症状を見極め、その原因について学ぶことが大切です。今回は、寝汗をかくのは正常か、というテーマでお話しま...



  • Viera, A. J., Bond, M. M., & Yates, S. W. (2003). Diagnosing night sweats. American Family Physician.
  • Archer, D. F., Sturdee, D. W., Baber, R., De Villiers, T. J., Pines, A., Freedman, R. R., … Warren, M. (2011). Menopausal hot flushes and night sweats: Where are we now? Climacteric. https://doi.org/10.3109/13697137.2011.608596
  • Mold, J. W., Holtzclaw, B. J., & McCarthy, L. (2012). Night Sweats: A Systematic Review of the Literature. The Journal of the American Board of Family Medicine. https://doi.org/10.3122/jabfm.2012.06.120033