泣くことの効果

9月 11, 2015
良い涙は2種類のホルモンを放出して天然の麻酔薬として機能し、痛みを軽減する力を持っています。涙はまた、体内に蓄積されたストレス起因の毒素を排除するのに役立ちます。

長い間、泣く行為は未熟な人格を象徴するとされており、泣くことは弱さの表れとみなされていました。しかし、泣くことは健康と自然なプロセスのためにとても良いのです。

私たちが悲しみを泣くことで表現する時、痛みの感覚を和らげる自然鎮静剤の役割を果たす化学物質を、体が自動的に放出します。泣く行為は、オピオイドおよびオキシトシンと呼ばれる2種類のホルモンを放出させ、辛い感情を弱めます。涙は天然の麻酔として機能し、心の安寧を与え、辛さから少し「解放」してくれます。

一言で言えば、泣くことは、健康的な体の維持に役立つ良いエクササイズです。落ち込んだり何かを心配している時に、自分が泣くのを許すことは必要です。涙が出る時、それは非常に自然なプロセスで、嘆いた後は少し安心したように感じる傾向があります。

涙は、喜びと興奮の感情も表現しますが、苦悩と深い痛みの象徴として、苦しい時に出るのが最も一般的です。しかし涙は他にも、私たちの健康にどのような利点を持つでしょうか?

視力に良い

涙は、目の粘膜の脱水状態を防ぎ、目の潤滑と潤いを保ち、あなたの目を良い状態に保つのを助けてくれます。また専門家によると、涙を出すことができない場合、視力に悪影響を与えやすいそうです。

殺菌作用

バクテリア

涙には、リゾチームと呼ばれる強力な化合物が含まれるため、細菌との接触から数分以内にその細菌を死滅させる力を持っています。これは、例えば風邪やその他の病気を引き起こす細菌から、私たちを保護してくれます。

毒素の排除

私たちが強い感情や痛みを経験した時、そして泣いている状態を落ち着かせるのが難しい時に流す涙は、ストレスや他の理由によって体内に蓄積された毒素を排除するのに役立つ、優れたセラピーとなります。

ストレスの軽減

目から落ちる涙は、汗をかいた時に体から分泌される物質と似ており、共にストレスのレベルを下げる良い方法です。

気分の向上

感情

私たちが泣く時、マンガンが大量に放出されます。体内のマンガンのレベルが高いと疲労、神経過敏、抑うつ、不安、そして感情の安定に深刻な影響を与える他の障害を引き起こす可能性があるため、涙には心を落ち着かせる効果があります。

このことは常に覚えていてください!

あなたは今、涙が精神の健康に関して持つ利点について知りましたが、泣くのを我慢することは絶対にしないと覚えておくことが重要です。泣きたい欲求を抑えることは、不安や否定的感情の解放を阻止することで、全身に害を与えることになるのです。鬱積した感情は、さらに濃縮され、時間がたつにつれ、さらに悪い結果を引き起こします。

泣く必要があると感じた時には、決して自分の気持ちを表現することを恐れたり恥じたりしないようにしましょう。問題を洗い流すためには、涙を流さないといけないのです。

あなたへおすすめ