ネグレリア・フォーレリ感染症:脳を食べるアメーバ

ネグレリア・フォーレリ感染症は、地球上で最も致命的なアメーバ性疾患の1つです。米国で過去60年間に感染した148人のうち、生き残ったのは4人だけです。幸いなことに、これは非常にまれです。
ネグレリア・フォーレリ感染症:脳を食べるアメーバ

最後の更新: 13 8月, 2021

Naegleria fowleri (ペルコロゾア門に属するアメーバ鞭毛虫)の感染は、原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)としても知られるネグレリア症を引き起こします。この状態は非常にまれで致命的であり、この状態に苦しむ患者の死亡率は98.5%と報告されています。

幸いなことに、この感染は非常にまれです。 2008年から2017年にかけて米国で報告されたのは34例のみです。世界では、過去60年間で約450例のネグレリア症が検出されています。

ネグレリア・フォーレリは、淡水、土壌、または宿主の中枢神経系(CNS)内に生息します。症状や治療法など、原発性アメーバ性髄膜脳炎についてもっと知りたい方は、続きを読んでみてください。

ネグレリア・フォーレリ感染症とは?

一般的なメディアでは脳を食べるアメーバとしても知られているネグレリア・フォーレリは、ペルコロゾア門に属するネグレリア属の種です。アメーボゾア門には当てはまらない鞭毛のライフサイクル段階を経るため、系統発生レベルでは真のアメーバではありません。

ネグレリア・フォーレリは、淡水環境、特に汚れていて基質で汚染されている環境を特に好む傾向があります。 医療ポータル『Statpearls』で示されているように、この生物は摂氏45度までの温度に耐えることができ、そのライフサイクルは3つの異なるフェーズに分けられます。

  • 嚢胞:これは微生物の耐性構造です。自由形状がストレスの多い環境にさらされると、それらは直径約9マイクロメートルの円で包まれるようになります。このエンシステーションを促進する要因は、食物の不足、環境乾燥、および摂氏10度未満の温度です。
  • 栄養型:これは分裂し、バクテリアを食べ、そして残念ながら人間に病気を引き起こす段階です。栄養型は10〜35マイクロメートルの大きさで、基本的な移動を可能にする細胞質の延長である仮足を使用して移動します。
  • べん毛虫:この段階が、ネグレリアが他の多くの非細菌性微生物と違うところです。べん毛の形は、2つのべん毛を持ち、栄養型が水性媒体のイオン変化にさらされたときに発生します。

べん毛虫と嚢胞の両方が人間に感染を引き起こす可能性があることを知っておく必要がありますが、栄養型はそれ自体が感染型です。このアメーバ鞭毛虫が宿主の鼻腔に入ると、両方の形態が問題なく感染性栄養型に変化します。

ネグレリア・フォーレリ感染症
脳を食べるアメーバには、環境条件に対応する3つのライフステージがあります。栄養型はニューロンを食べるものです。

なぜ感染が起こるのか?

疾病管理予防センター(CDC)は、この病原体の感染サイクルを示しています。 ネグレリアは、べん毛虫、嚢胞、または栄養型のいずれかとして、鼻腔を通って人体に入ります。鼻から入ると、病原体は呼吸上皮と嗅粘膜に侵入します。

ここからは、嗅神経を経由して、中枢神経系(CNS)へ、より具体的に脳に篩板(篩骨の部分)を通って移動します。大脳、小脳、および嗅球の基本的な側面は、感染した患者の中で最も損傷を受けることになる構造です。

ネグレリアは、免疫系から先天的な反応を引き出します。その病原性は、Nfa1タンパク質(酸素分子に結合する)、窒素酸化物の生成、および孔形成タンパク質の存在に依存します。

人間の体内には餌を与えるバクテリアがいないため、 ネグレリアは中枢神経系のニューロンと星状細胞を捕食します。ある程度、脳を食べるアメーバという名前は、その病原性のメカニズムを表しているのです。

危険因子

メイヨークリニックやその他の情報源によると、ネグレリア感染症の発症を助長する危険因子があるそうです。いずれにせよ、これは非常にまれな病気であることを覚えておく必要があります。

  • 消毒されていない淡水で泳ぐ:ほとんどの人は、停滞した水または消毒されていない自然環境に存在する水で泳いだ後に感染します。
  • 非常に暖かい水で泳ぐ:この病原体は寒さにうまく反応しません。したがって、それは温帯気候でより一般的です。
  • 年齢が若い:習慣と衛生状態が低下する傾向があるため、幼児はネグレリアに感染しやすくなります。

最後に、アメーバは塩分環境では生き残れず、塩素に敏感であることに注意する必要があります。海や適切に処理された公共プールで泳ぐことで感染することは不可能です。

ネグレリア・フォーレリ感染症の症状

感染の臨床的兆候は2〜8日の範囲で発生しますが、抗菌剤と化学療法のポータルで示されているように、24時間後に症状を感じ始める患者もいます。それでも、標準化された図がないということを指摘する必要があります。

最も一般的な症状は、激しい頭痛、羞明、錯乱、てんかん発作、および昏睡です。また、異常な心臓リズムおよび心筋、 心臓の筋肉組織の特徴的な壊死などが報告されています。

これらすべてに加えて、医師は主な原因が頭蓋内圧の上昇であると信じています。ネグレリア症の患者では、脳脊髄液の圧力が水柱600ミリメートルに上昇します。上記のように、予後は非常に悪く、ほとんどの場合、死に至ります。

診断テスト

MSDマニュアルに示されているように、この病気は腰椎穿刺(およびその後の脳脊髄液分析)と脳生検によってのみ確認できます。医師は、過去数日間に未処理の真水と接触したネグレリア症の症状のある人々に対して、これらの検査を行います。

一方、画像検査(コンピューター断層撮影および磁気共鳴画像法)は病気を検出しませんが、他の考えられる健康上の問題を除外することができます。脳脊髄液が得られたら、医師はアメーバのゲノムを探すために培養または遺伝子分析を行います。

ネグレリア・フォーレリ感染症
実際、画像診断は、症状を混乱させる可能性のある他の問題を除外するのに役立ちます。

ネグレリア感染症の可能な治療法

ネグレリア感染症の治療選択肢は、生存している患者が不足しており研究室内での研究となっているため、非常に限られています。

以下は、現在使用されている、または試用期間中の薬ですが、患者の回復を保証するものではありません。

  • アンホテリシンB:これは糸状菌であるStreptomycesnodosusから抽出された抗生物質および抗真菌剤です。ネグレリア症を治療するために歴史的に最も一般的な薬です。
  • ミルテフォシン:これは、乳がんを治療するために最初に開発された抗原虫剤です。この治療により、2013年に2人、2016年に1人の3人の患者の命が救われました。
  • フルコナゾール:これは、表在性および全身性真菌感染症の予防における補助薬です。中枢神経系への浸透率は良好です。
  • アジスロマイシン:これはマクロライド系抗生物質の広域抗生物質です。この病気の実験段階にあります。

残念ながら、過去10年間に米国で生存者は3人しかいませんでした。このため、治療の有効性を測るのが非常に困難です。過去60年間にこの国で感染した約150人のうち、生き残ったのは4人だけなのです。

心配するべきではないまれな問題

これらの最新のデータは憂慮すべきように見えるかもしれませんが、過去60年間に米国検出されたネグレリア症は合計148例のみです。現在、この米国には3億2800万人が住んでいます。この病気は非常にまれであり、影響を受ける人の割合は非常に少ないため、心配する価値はありません。

したがって、一部の情報源が維持しようとしている社会的警戒もありますが、私たちは心配することは何もないことを強調します。

停滞した海域では病原体が生息している可能性があるため、ウォータースポーツの練習を避けた方がいいでしょうが、こういった予防以外に、ネグレリアによる感染を避けるためにできることはほとんどありません。

こちらの記事もおすすめです。
虫歯の原因とは?
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
虫歯の原因とは?

虫歯は歯がボロボロになってしまう状態です。さまざまな要因が合わさって虫歯を引き起こす可能性になります。その要因というのは、主に食事、細菌、唾液の成分です。虫歯は、まず歯の表層であるエナメル質を損傷させた後、歯の最も内側の部分である歯髄に達するまで徐々に進行します。