筋肉の拘縮:予防と治療法について

30 6月, 2020
筋肉の拘縮を予防するためには、スポーツの前後にウォームアップとストレッチ運動を行う必要があります。

持続的で不随意の筋肉の収縮である筋肉の拘縮には、予防がとても大切です。筋肉の拘縮は、実はとても一般的であり、健康な生活を送る人にも起こる症状です。筋肉の拘縮が起こると、体の特定の領域に強い痛みが現れ、正しく動かすことができなくなります。

よくみられるのが背中への影響ですが、実際には、体のほぼすべての部分で起こる可能性があります。一般的には運動に深く関連していますが、活発な毎日を送る人だけに影響するわけではなく、座りがちな生活を送る人や、たまにしか運動しない人にも見られる傾向があります。

前述したように拘縮は煩わしい問題となるため、今回の記事では拘縮を防ぐ方法について説明します。

筋肉の拘縮

筋肉の拘縮とは、筋肉の持続的で不随意な収縮であり、一般的に間違った方法で行う運動が原因だと考えられます。また、運動時に適切な準備やウォームアップを行うことなく筋肉を激しく動かすことで起こる可能性もあります。

長時間悪い姿勢で過ごす場合や、柔軟性や弾性の不足とも関係してると言われています。

筋肉の拘縮が緊張とストレスのために現れることもあります。最近では、首や僧帽筋によくみられますが、これは、ストレスやコンピュータの前で作業したりテレビを見るときの姿勢が原因と言われています。

筋肉の拘縮による痛みは、血液が正常に流れることができないために起こります。血液の流れが悪くなると炎症が起こり老廃物が蓄積されます。このタイプの痛みは、運動後に筋線維が弛緩しない場合にも起こります。

 

筋肉の拘縮:予防と治療法について 痛みのある女性

こちらもお試しください:姿勢を正す4つのストレッチ法

筋肉の拘縮を予防する方法

筋肉拘縮は、容易に回避することができる、いくつかの原因によるものです。そこで、筋肉の拘縮を予防するために役立ついくつかのヒントをご紹介します。

ウォームアップとストレッチの実践

ウォームアップとストレッチにより、筋線維の過剰な使用を予防することができます。ウォームアップとストレッチを行う最適な時間は、運動の前後です。

定期的な運動

毎日適度な運動を行い、運動強度を徐々に上げれば、筋肉の拘縮を予防するのに役立ちます。短い散歩から始めて、歩幅と散歩を行う時間を徐々に増やしましょう。体力を強化したい場合は、軽めのウエイトを使ったルーチンを行うことをお勧めします。

正しい姿勢の維持

前述したように、現代社会で起こるほとんどの筋肉拘縮は姿勢の悪さによるものです。私たちはコンピュータやテレビの前で多くの時間を過ごし、自分の姿勢にあまり注意を払いません。そのため、筋肉の拘縮を防ぐためには正しい姿勢を意識し、姿勢が悪くなっていることに気づいたらできる限り修正することが大切です。

オフィスで仕事をし、常に同じ姿勢で長時間を過ごさなくてはいけない場合は、少し休憩を取るように心がけてください。立ち上がって少し動くようにすることで、筋肉に蓄積された緊張を和らげることができます。

筋肉の拘縮:予防と治療法について 頭痛持ちの女性


筋肉の拘縮を予防する方法:ストレスを軽減

現代社会に生きる私たちは、忙しいライフスタイルを送り、生活はストレスと不安で満たされています。残念なことに、このストレスが連続的な筋肉の緊張につながります。したがって、ストレスを軽減するか解消するように気をつけることが大切です。できる限り健康的な生活を行うように心がけましょう。

ストレスの軽減や健康的な生活を送るためには、ヨガをお勧めします。ヨガは不安をコントロールするのに役立つだけでなく、筋肉にも大きなメリットがあります。

ヨガには柔軟性を高め、体をリラックスさせる効果があるため、筋肉の拘縮を防ぐためにできる最も効果的な運動の1つです。同様に、他のリラクゼーション方法を実践しましょう。マインドフルネス、アロマセラピー、瞑想などを試してください。不安を軽減し、自分自身だけでなく周りの人や環境により優しくなるのに役立つでしょう。

こちらもご参考に:ヨガで引き締まった筋肉を手に入れる方法

その他のヒント

急激な気温の変化を避けてください。寒い季節には、運動する前にウォームアップを行うのを忘れないようにしてください。また、エクササイズの正しいテクニックを理解することが大切です。間違った方法で運動すると、怪我や筋肉の拘縮につながる可能性があります。

結論

筋肉の拘縮を回避する最前の方法は、適度な運動ルーチンを毎日行うことですが、徐々に運動強度を上げる必要があります。また、運動テクニックを正しくコントロールすることも大切です。

運動やアクティビティの前後にはウォームアップとストレッチを忘れないでください。

これらの対策を講じても筋肉の拘縮が発生する場合は、医師や理学療法士に相談してください。問題を解決するのに役立ちます。

  • José Fernando Jiménez Díaz (2006). Lesiones musculares en el deporte (España). https://www.redalyc.org/pdf/710/71000304.pdf
  • Mohamed El Bakkali El Gazuani (2015). Fisiología del calentamiento previo al ejercicio físico y su importancia en la prevención de lesiones musculares. Revisión narrativa (España). http://tauja.ujaen.es/bitstream/10953.1/1761/1/TFG%20EL%20BAKKALI%20EL%20GAZUANI_MOHAMED.pdf