胸やけに効果抜群!?7つの伝統的な治療薬とは?

8月 9, 2019
薬で胸やけを緩和させることもできますが、バランス取れた食生活を送り、天然成分が有している効能を利用することによって緩和させることもできます。

胸やけ(胃酸過多)は痛みが強く、日常生活に影響を及ぼす可能性があります。そのため、胃酸を中和することができる伝統的、かつ天然成分を使用した胸やけのための治療法を知っていることが重要です。では、7つの治療薬を見ていきましょう。

胸やけとは?

胸やけのための治療薬

胸やけとは、胸の下のあたりに違和感ややけるような痛みを感じることです。これは胃の中にある酸によって引き起こされます。酸が食道に逆流したときに炎症が生じるのです。

違和感が長い間続くわけではありませんが、治療が求められる場合もあります。他の症状を伴う胸やけの場合には、より強い治療と継続的な検査が必要な可能性もあります。これは酸の逆流が消化器系の不調をきたし、胃食道逆流症を引き起こす可能性があるためです。

また、胸部の他の痛みと混合しないように、痛みの評価を行うことをお勧めします。後者は、心臓発作の症状である可能性があります。適切な診断のため、胸やけの感覚を明確に特定しなければなりません。

疑問があるようであれば、医者に診てもらいましょう。

胸やけのための治療薬

一般的に、医者は食生活の中から酸を生産しているものを除外するために検査を行います。同様に違和感の原因を判断するために、腹部の張り、継続的なげっぷ、または胃から起こり得る他の問題があるかどうかについても確認します。

しかし、これらの症状は妊娠している女性にも一般的に見られます。妊娠している場合には、医者への相談なしに薬を摂取することは避けましょう。

しかし、胸やけであるとわかっている場合には、胸やけを緩和させるための伝統的な治療薬がとても役に立ちます。

胸やけのための7つの伝統的な治療薬

伝統的な治療薬はとても効果的ですが、全ての人々に同じ効果があるとは限らないということを心に留めておきましょう。人それぞれの性質によって効果が異なってきます。

ご存知ですか?腸内細菌異常増殖症候群の10の兆候

1.アロエベラ、きゅうり、りんごのブレンド

この組み合わせは、腸管にとても役に立ちます。炎症を軽減し、胃酸を中和することで逆流を防ぎます。

材料

  • きゅうり 1本
  • 青りんご 1個
  • アロエベラのゲル 1/2カップ
  • 水 2カップ

作り方

  • きゅうりと青りんごを小さく切ります。
  • 水とアロエベラと一緒にミキサーにかけます。
  • 1日にコップ1杯、食後に飲みます。

2.じゃがいもジュース

じゃがいも 胸やけ 治療薬

じゃがいもには、でんぷん、抗酸化物質、および繊維が豊富に含まれており、胸やけを和らげてくれます。このじゃがいもの性質は胃のpHを安定させ、食道を強めてくれます。

材料

  • じゃがいも 2個
  • 水 2カップ

作り方

  • じゃがいもを洗います。
  • じゃがいもをジューサーにいれます。
  • ジュースになったら、少しの水と混ぜます。
  • 胸やけの不快さがあるときに飲みましょう。

または、

  • じゃがいもを洗い、薄く切ります。
  • 容器に入れて、飲料水に浸します。
  • 一晩置きます。
  • 胸やけの不快さがあるときに飲みましょう。

3.パパイヤジュースと亜麻仁

パパイヤと亜麻仁で作るこの治療薬は、抗炎症作用と酵素のおかげで胃酸を抑えることができます。また、栄養価も高いです。それだけでなく、胃酸中和剤として働き、胃酸の逆流を減少してくれます。

材料

  • パパイヤ 1個
  • 亜麻仁 大さじ1
  • はちみつ(お好みで)

作り方

  • 全ての材料をよく混ぜます。
  • お召し上がりください。

4.生姜

生姜には酸性化合物を制御するアルカリ性効果があり、それによって胃のpHを安定させるため、胃酸を減少してくれます。

材料

  • 生姜の根 通常の大きさ 4個(薄く切ったもの)
  • 水 2カップ

作り方

  • 水を沸騰させます。
  • 生姜を加え、20分間浸出させます。
  • 寝る前に1回、グラス1杯を飲みます。

こちらもご参考に:アルカリ性ダイエット:人気の秘密は?

5.シナモン

シナモン 胸やけ 治療薬

シナモンは胃の問題に優れており、ガス、酸性環境、および炎症の生産を防ぐことにより、消化を助けます。

材料

  • シナモンパウダー 大さじ2
  • 水 1カップ

作り方

  • 水を沸騰させます。
  • シナモンパウダーを加え、数分間浸出させます。
  • コップ1杯を飲みます。

6.バナナ牛乳

バナナはさまざまな胃の状態の治療に使用することができる最も推奨されている果物のひとつです。

材料

  • バナナ 5本
  • 水 1/2カップ
  • 牛乳 1/2カップ

作り方

  • バナナを小さく刻みます。
  • 水と牛乳と一緒にミキサーにかけます。
  • 冷たくし、召し上がってください。

7.パイナップルジュース

パイナップルは、水分と風味が豊かなトロピカルフルーツであり、利尿作用や消化酵素のために有名です。

材料

  • 皮のむいたパイナップル 1個分
  • 水 2カップ

作り方

  • パイナップルを小さく刻み、水と一緒にミキサーにかけます。
  • コップ1杯を飲みます。

また、重い食事を避けることをお勧めします。同様に、肉、調味料、たばこ、コーヒー、お菓子の過剰摂取は避けるべきです。

さらに、油脂の摂取を減らし、バランスの取れた食生活を保つ必要があります。果物、乳製品、そばやオート麦のような全類穀物の摂取を増やしましょう。

  • Radha, M. H., & Laxmipriya, N. P. (2015). Evaluation of biological properties and clinical effectiveness of Aloe vera: A systematic review. Journal of Traditional and Complementary Medicine. https://doi.org/10.1016/j.jtcme.2014.10.006
  • Rajeswari, R., Umadevi, M., Rahale, C. S., Selvavenkadesh, S., Kumar, K. P. S., & Bhowmik, D. (2012). Aloe vera: The Miracle Plant Its Medicinal and Traditional Uses in India. Journal of Pharmacognosy and Phytochemistry.
  • Andre, C. M., Legay, S., Iammarino, C., Ziebel, J., Guignard, C., Larondelle, Y., … Miranda, L. M. (2014). The Potato in the Human Diet: a Complex Matrix with Potential Health Benefits. Potato Research. https://doi.org/10.1007/s11540-015-9287-3
  • Mishra, S., Monro, J., & Hedderley, D. (2008). Effect of processing on slowly digestible starch and resistant starch in potato. Starch/Staerke. https://doi.org/10.1002/star.200800209
  • Muss, C., Mosgoeller, W., & Endler, T. (2013). Papaya preparation (Caricol®) in digestive disorders. Neuro Endocrinology Letters.
  • Okeniyi, J. A. O., Ogunlesi, T. A., Oyelami, O. A., & Adeyemi, L. A. (2007). Effectiveness of Dried Carica papaya Seeds Against Human Intestinal Parasitosis: A Pilot Study . Journal of Medicinal Food. https://doi.org/10.1089/jmf.2005.065
  • Mashhadi, N. S., Ghiasvand, R., Askari, G., Hariri, M., Darvishi, L., & Mofid, M. R. (2013). Anti-oxidative and anti-inflammatory effects of ginger in health and physical activity: Review of current evidence. International Journal of Preventive Medicine.
  • Haniadka, R., Saldanha, E., Sunita, V., Palatty, P. L., Fayad, R., & Baliga, M. S. (2013). A review of the gastroprotective effects of ginger (Zingiber officinale Roscoe). Food and Function. https://doi.org/10.1039/c3fo30337c
  • Shen, Y., Jia, L. N., Honma, N., Hosono, T., Ariga, T., & Seki, T. (2012). Beneficial effects of cinnamon on the metabolic syndrome, inflammation, and pain, and mechanisms underlying these effects-a review. Journal of Traditional and Complementary Medicine. https://doi.org/10.1016/S2225-4110(16)30067-0
  • NESELLO, L. A. N., CECHINEL FILHO, V., CAMPOS, A., ANDRADE, S. F. de, & ROSA, R. L. da. (2017). SCREENING OF WILD FRUIT TREES WITH GASTROPROTECTIVE ACTIVITY IN DIFFERENT EXPERIMENTAL MODELS. Arquivos de Gastroenterologia. https://doi.org/10.1590/s0004-2803.201700000-13
  • Pavan, R., Jain, S., Shraddha, & Kumar, A. (2012). Properties and Therapeutic Application of Bromelain: A Review. Biotechnology Research International. https://doi.org/10.1155/2012/976203