水で減量する方法

· 7月 30, 2015

 

体に水分を補給するため、水は人間にとって不可欠なものです。水を十分に飲まないと、体に毒素が蓄積されてしまいます。水不足は体脂肪過多と消化不良を引き起こす場合もあります。

水を飲むことで、食欲の抑制、筋肉の成長促進、 代謝の活性化といった効果が期待できるでしょう。普段の習慣を少し変えるだけで水分をしっかりと摂れるようになるでしょう。

 

お勧めの水は?

新鮮で、炭酸が入っていない水が水分補給には最適です。カフェインやナトリウムを含む飲み物は避けましょう。このような飲み物は味がついた飲料に多くみられ、純粋な水分の摂取を妨げることがあります。

カロリーの低い混合飲料も避けましょう。このような飲み物に含まれる砂糖の代用成分は、食欲を促進する作用があり、 炭水化物を食べたくなるので減量に適していません。 また、酸性なので歯のエナメル質を損傷し、虫歯発症の要因となります。 お菓子をたくさん食べたときもこのような状態になります。

こちらもお読みください『レモンウォーターを飲むことで得られる効能

方法は?

朝食をとる前に、水を600 ml飲んで下さい。 300 mlずつ、2回に分けて飲んでも構いません。水を全部飲んだ後45分間は何も飲んだり食べたりしないで下さい。

昼食、夕食の毎食45分前にも水を300ml摂取しましょう。朝食、昼食、夕食後は2時間半は何も飲んだり食べたりしないようにしましょう。その後は、水を飲んで構いません。

『毎食前に水を飲むことを続けると、肥満の大人の体重減少に効果的かもしれない』という研究結果はバーミンガム大学のウェブサイトに2015年8月26日付で載せられています。

こちらもお読みください『水分補給の勘違い!よくある5つの間違い』

水を飲むことが体に良い理由

  • カロリーゼロ
  • 減量に留まらず、1日に必要な水分をまかなうことができます。 体は55~60%が水でできており、1日の必要摂取量は2リットル以上です。
  • 様々な病気を予防できま。例を少しあげますと、頭痛、体の痛み、てんかん、肥満、関節炎、気管支炎、喘息、下痢、便秘、 腎臓病などがあります。
  • 体を浄化し、肌をしなやかで若々しく保ってくれます。

ダイエットという目的のみならず、素晴らしい効果を期待できるこの水療法は、日頃から健康習慣として取り入れたいものです。