見た目で化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材10

3月 5, 2019
野菜や果物は見た目だけで、化学肥料やスプレーを使用して栽培されたものかどうか見分けやすいものがあります。

どのように、化学肥料やスプレーなどを使って栽培されたものかどうかを判断するか、知っていますか?

ご存知のように、果物や野菜は、体や頭にとってとても良く、バランスが取れた食事には欠かせません。

しかし、生産量を安定させる為に、化学肥料や殺虫剤が使用され、成分が果物や野菜に吸収されてしまします。

ですから、買い物時に賢い選択ができるようなヒントを知っておくと便利です。

今回紹介する10種の食材を見分ける方法に気をつけて、賢くお買い物しましょう。

 

一目でわかる、化学肥料やスプレーが使われているか、いないかを見分ける方法

1,人参

にんじん 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

大きくて、オレンジが鮮やかな人参に騙されないようにしましょう。大きさと、綺麗なオレンジ色は食欲をそそりますが、あまりにも綺麗なものは避けたほうがいいでしょう。

斑点があるものも避けたほうがベストです。

こちらもお読みください:ニンジンに秘められた健康成分と効果

2,じゃがいも

じゃがいも 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

じゃがいもは化学成分をよく吸収します、ですから、中ぐらいのサイズの物を選ぶのが良いでしょう。表面がツルツルで、大きいものは避けましょう。

こちらもお読みください:ジャガイモの健康効果

3,トマト

トマト 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

トマトは良いものを選びやすい野菜です。触って確かめてみるのが一番でしょう。

皮が人工的に見え、白い線があれば硝酸カリウムが使われています。

  • トマトは一色で、小さな茎が付いているものを選びましょう。

4,きゅうり

きゅうり 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

きゅうりを選ぶときは、先が硬いものを選びましょう。旬のシーズンであれば買い物リストに加えても大丈夫です。

きゅうりを切ってみて、タネがないものは捨ててしまう方がいいでしょう。害のある成分がたくさん含まれている可能性があります。

5,キャベツ

芽キャベツ 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

キャベツは見分けやすい野菜の一つです。キャベツの葉が綺麗で、薄く、一色のものを選びましょう。

この場合も斑点も見逃してはいけません。

6,りんご

りんご 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

りんごは、大きくてなんの汚れもないものが美味しそうに見えますが、小さくて、完璧な形や色でなく、半分緑色のものを選びましょう。

  • オーガニックのりんごか確かめたいときは、沸騰したお湯につけてみましょう。
  • 皮に油分の膜ができれば、パラフィンや他の物質が付いているので、食べるのを避けた方が良いでしょう。

7,かぼちゃ

かぼちゃ 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

この野菜は皮を見ればすぐにわかります。皮が滑らかで綺麗だったら買ってもいいでしょう。

一方、繊維状のまっすぐでない線があり、黒っぽい点があるものは避けましょう。殺虫剤をたくさん含んでいる可能性があります。

8,いちご

いちご 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

買うときにリスクを下げるには、自然ないちごは他のものと比べて見た目は完璧でなく、色の鮮やかさもかけることを覚えておきましょう。

  • 一番わかりやすい特徴は、化学肥料などを使用していないものは、特に小さいことです。
  • 別の方法は、水に浸けてみることです。数分後には果汁が出てきているはず。もしそうでなければ、化学薬品で処理されている可能性があります。

9,すいか

すいか 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

旬の時期に食べるのがオススメの果物です。そうでない場合、硝酸カリウムに触れている可能性があります。

  • 切ったとき、中身が鮮やかな赤色で、黄色い繊維があれば、硝酸カリウムが含まれている証拠です。
  • 良いスイカの繊維は白色です。

10,チェリー

チェリー 化学肥料やスプレーが使われているかわかる食材

チェリーの見分け方も難しくありません。色が鮮やかで均一なものを選びましょう。もし色がくすんでいて、斑点がみられる場合は殺虫剤がかかっている可能性があります。

  • 品質を確かめるには、お湯につけてみましょう。
  • 数分経ってもチェリーの香りがしなければ安全です。

これらのヒントを実際に使って買い物しましょう。映画に出てきそうな綺麗な果物や野菜に騙されてはいけません。

サイズがまばらで、強い香りがあり、鮮やかすぎないものが理想です。形やサイズ、色がさまざまなものは、良いものです。

食材をいつも手に乗せて、重いものを選ぶようにしましょう。

虫がついていて、汚いと感じても心配いりません。有機栽培のものである証拠です。

また、良く洗い、フルーツでも火を通せる場合は火を通しましょう。

  • Tricker, A. R., & Preussmann, R. (1991). Carcinogenic N-nitrosamines in the diet: occurrence, formation, mechanisms and carcinogenic potential. Mutation Research/Genetic Toxicology. https://doi.org/10.1016/0165-1218(91)90123-4
  • Robles, H. (2014). Nitrosamines. In Encyclopedia of Toxicology: Third Edition. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-386454-3.00523-6
  • Ward, M. H., Pan, W. H., Cheng, Y. J., Li, F. H., Brinton, L. A., Chen, C. J., … Hildesheim, A. (2000). Dietary exposure to nitrite and nitrosamines and risk of nasopharyngeal carcinoma in Taiwan. International Journal of Cancer. https://doi.org/10.1002/(SICI)1097-0215(20000601)86:5<603::AID-IJC1>3.0.CO;2-H