耳を清潔に保つ方法

耳は、あらゆる音をとらえ、平衡感覚を保つために役立っています。そのため、耳の適切な衛生管理が非常に重要です。この記事でそのすべてを学びましょう。
耳を清潔に保つ方法

最後の更新: 10 4月, 2022

耳は体の中で最も重要な感覚器官の一つです。周囲の音を拾うだけでなく、平衡感覚を保つ役割も担っています。そのため、耳の衛生状態は非常に重要です。

まず、正しい耳の衛生状態とは何かを知ることが必要です。余分な耳垢を取り除くだけでなく、外部からのケアも必要です。聴力は、状態によっては治療法があるものの、問題があると治りにくいため、ケアをすることが不可欠です。また、衛生状態を良好に保つことは、感染症や病気の予防にもつながります。

この記事では、耳の衛生状態を維持するための適切な方法をご紹介します。それほど複雑な作業ではないことがおわかりいただけると思います。

耳の衛生を保つには

耳を清潔に保つことは、耳の中だけに限ったことではありません。外側にも気を配る必要があります。なぜなら、耳の外側や周囲にほこりやその他のごみが蓄積し、耳腔に入り込んで特定の健康障害を引き起こす可能性があるからです。耳の衛生状態を保つには、とてもシンプルな方法で十分なのでご紹介します。

  • 綿棒を少量の水に浸し、完全に浸さないようにする。
  • 耳の周りと後ろを丁寧に掃除するこのとき、汚れが残らないように注意しましょう。

もう1つの耳のケア方法は、大音量の音楽を長時間聴かない、または制限することです。どうでもいいことのように思われるかもしれませんが、これは多くの若者が聴覚の問題で医者に行かなければならない理由の1つです。

耳垢とは

耳垢とは 耳の掃除
聴覚の問題は治療が難しいため、耳の衛生状態に注意を払うことが不可欠です。

耳の衛生を保つことは、耳垢を取ることだけに関係すると思っていることが多いようです。耳垢はベタベタして不衛生で不快な物質と思われていますが、実際はまったく逆なのです。

耳垢は、耳の穴の中の皮膚を感染から守る役割を担っています。ですから、耳垢を「汚いもの」「絶対に取るべきもの」と考えるのはやめたほうがいいでしょう。

また、鼓膜を周囲から守る役割もあります。ほこりや異物、あらゆるゴミの侵入を食い止めます。

また、感染症や小動物の侵入から内耳を保護する役割も担っています。このように耳垢の働きは非常に重要であるため、耳の衛生管理は単に耳垢をきれいにするだけではありません。

耳の衛生を保つには

実は、お風呂に入ったり、耳を洗ったりすると、耳垢が自然に排出されるんです。これは、耳垢が余っているときにも起こります。入浴時に耳を濡らす場合は、ぬるま湯で行い、耳腔に水が入らないように心がけましょう。

また、耳の外側とその周辺をやさしく掃除してあげるとよいでしょう。そして、目の細かいタオルで乾かします。綿棒やコットンなどを使用する場合は、耳の外側だけに使用するようにし、外耳道に挿入しないようにしましょう。このようなものを使うと、耳の中に耳垢がたまり、聴力を悪化させるだけです。

一方、耳を汚染された場所につけないようにすることも、前述の対策と同様に重要です。せっかくケアしても、外耳道から細菌が入り込み、さまざまな病気を引き起こす可能性があるのです。

こちらもお読みください:聴覚障害の予防方法

耳の衛生を保つために家庭でできること

耳が自然にきれいになるのを待つのは遅すぎると思うのなら、さまざまな家庭療法に頼ることができます。もちろん、耳に何らかの道具を挿入することは非常に危険であり、絶対に避けるべきであることを忘れてはいけません。

代わりに、下記の方法を試してみてください。しかし、これらを日常的掃除方法として適用しないことが重要です。たまに使うか、耳垢が大量に溜まっていると感じたときに使うようにしましょう。

1.塩水

耳の衛生を保つ 塩水
塩水を使用することは、耳を安全にきれいにするための最良の解決策の1つです。

塩水は、最も簡単な耳の衛生方法の一つでしょう。安価ですぐに用意できるのも魅力です。

こちらの記事もご覧ください:喉の感染症を治療するための6つの自然療法

材料

やり方

  • 水1/2カップに塩大さじ1を加える。
  • その後、ぬるま湯になる程度に少し温めます。
  • コットンに染み込ませてよく絞り、耳掃除に使用します。
  • 最後に、耳の中に2、3滴だけ垂らすと、きれいになり、痛みがある場合はそれも解消するはずです。

2.過酸化水素の使用

過酸化水素も、よく使われる耳の衛生方法の1つです。これは、侵襲性や危険性を伴わずに、患部の細菌を除去することができるためです。

  • 過酸化水素の割合が最も低いものと水を1:3の割合で混ぜます。
  • 小さなコットンを手に取り、混合液に浸します。
  • そして、耳の周りや耳の外側を丁寧になでます。
  • 耳の中に2、3滴垂らして、自然に排出させます。

耳は自浄作用のある器官

前述したように、耳の衛生管理は大切ですが、乱用は禁物です。耳は自分で余分な耳垢を取り除くことができるため、専門家に勧められない限り、侵襲的な洗浄方法は通常必要ありません。

また、鼓膜を傷めないよう、鋭利なものを耳に差し込まないようにすることも忘れないでください。

最後に、耳の衛生に気を配ることはとても重要だということを忘れないでください。さて、準備は万端ですね? 今日から、体の最も重要な臓器の1つである耳をケアすることを始めましょう。

ヘアブラシを清潔に保つコツ
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ヘアブラシを清潔に保つコツ

ヘアブラシ のお手入れ方法をご存知ですか?ヘアブラシは、使うたびに髪の毛が溜まっていくのが普通です。抜けて行く髪の中には、途中で切れてしまうものや、新しい髪が生えてくるために抜けてしまうものもあります。いずれにしても、ブラシに溜まるのは髪の毛だけではありませんので、定期的に掃除することが大切で...