耳の感染症の治療方法

· 10月 13, 2015

耳の感染症を経験したことはありますか?

外耳道や歯からの感染、そして異物や虫の耳への混入など、その発症原因はさまざまですが、多くの人が一度は経験したことがあるといわれています。

耳感染症について知っておくべきこと

耳感染症は、耳の外側よりも内側で起こる場合に深刻化すると考えられており、適切な治療がなされなければ、聴覚とバランス感覚を失い、めまいが生じ、最悪の場合聴力を失ってしまいます。

  • 外耳炎や外耳感染:刺激、痛み、発赤、そして一時的な難聴を起こすことがあります。一般的に、細菌によってまた真菌やウイルスによって感染します。
  • 中耳炎や中耳感染:子供たちの間で起こりやすいものです。その症状は、発熱、痛み、神経過敏、一時的な難聴、および食欲不振です。中耳内の空間に流体と粘液が詰まったときに起こります。耳感染症のこのタイプの影響を受けやすい人は、状態が慢性化することがあります。
  • 内耳炎や内耳感染:吐き気、めまい、嘔吐、バランス感覚の喪失などの症状が起こします。耳の内側の大部分が炎症になったときに発生します。これは稀な病気ですが、一度起こると大変激しい症状です。

ご存知ですか?:耳の衛生を保つ方法

耳3

耳感染症の家庭療法

  • 湯たんぽにお湯を入れ、タオルや布でカバーして、耳の上に当ててください。温めることで鎮痛効果と血行促進効果があります。
  • バジルの葉一握りとオオバコの葉一握りを潰して、温めてください。これを幹部に当てれば、湿布としての役割を果たします。
  • オリーブオイル大さじ半分を温めて、コットンに浸してください。耳の入り口にコットンを詰め、1時間放置してください。
  • タマネギのスライスをつぶします。電子レンジで温め、布にくるみます。発症している耳に湿布として適用します。
  • つぶしたニンニク1つとエキストラバージンオリーブオイル大さじ1杯を温めてください。温まったら、綿球に浸して、耳の入り口に当ててください。
  • 米2握りを布バッグやタオルで包んで加熱してください。それを枕の上に置いて、感染している側の耳を当てて横になってください。
  • 清潔に洗って乾燥させたガラス容器に、オリーブオイル7滴とビタミンEカプセルを1つを加えてください。潰したニンニク2つを加えてよく混ぜてください。 混合物を加えたボトルを閉めて1分間加熱します。混合物が完全に加熱された後、それをろ過し、液体を耳の中に数滴を滴下してください。ただし、鼓膜に穴が開いている場合や耳から膿が出る場合には行わないで下さい。
耳

  • 水1リットルとアブサン(ニガヨモギで味付けされたリキュール)大さじ2杯を混合し、10分間加熱してください。液体を少し冷まして、耳にその蒸気を当ててください。
  • 1カップの沸騰したお湯にルー(別名ヘンルーダ。ミカン科常緑多年草)大さじ2杯を加えてください。それを冷ましてから、液体中にコットンボールを浸し、耳の中に当ててください。
  • レモンを絞り、そのジュースにコットンボールを浸してください。就寝前に静かに10分間、それを耳に当てます。この方法は、油分の蓄積によって引き起こされる痛みに適しています。
  • オリーブオイル4杯にカモミールの花10枚を潰し、2日間放置してください。その後、コットンボールに染み込ませてください。この方法は、過剰な油分がでることによる痛みに適しています。
  • アーモンドオイル2杯分を加熱してください。室温に冷ましてから、コットンボールに染み込ませて、外耳道に2滴を滴下してください。
  • オレガノの葉一握りを半カップの水で3分間煮沸してください。それを冷ましてからろ過して、液体をスポイトに注いでください。 その後耳に3滴滴下してください。
  • ジャガイモを電子レンジで温まるまで低出力で温めます。それをタオルや布で包み、耳の上に当ててください。
  • 1/2カップの沸騰したお湯に塩を一握り加えてください。布をお湯に浸して、耳に当てます。
  • 大根を摩り下ろして、加熱します。薄い布でそれを包み、冷えてから耳に当ててください。
  • 外耳道にアロエベラを3~4滴落とし、数分間反対側に頭を傾けてください。鼓膜に穴が開いている場合、この方法は使用しないでください。
  • フダンソウの葉一握りを潰して液体を抽出してください。スポイトを使用して、それを耳に約3~4滴を落としてください。

こちらの記事もご覧ください:外耳炎に効く自然療法

耳の痛みと感染症の防止策

耳2

  • 耳を掃除するために綿棒は使用しないでください。
  • のどの感染症がある方は、治療してください。
  • 免疫を強化するために健康的な食生活を送りましょう。
  • ヘッドホンは他者と共有しないように注意してください。
  • 池、湖、川など水が衛生的でない所では泳がないようにしましょう。
  • 塩素入りのプールで頻繁に泳ぐのは耳に好ましくありません。
  • 耳の中に異物を入れないようにしましょう。
  • 耳の中の水が入った場合は、排出するように横になって寝ましょう。