メッケル憩室とその特徴について知っておくべきこと

3月 24, 2020
メッケル憩室患者の約2%のみが、合併症を起こすと言われています。メッケル憩室の影響を受ける人の大部分は、生涯無症状のままです。この記事では、メッケル憩室ついて知っておくべきすべてを学びましょう。

メッケル憩室は消化管の先天性欠損症で、妊娠5週目から7週目までの期間における胚発生の変化が原因です。

この問題の発生率は0.3%〜3%です。

平均すると、人口のわずか2%がメッケル憩室を発症すると考えられ、患者の約5%~7%に症状が現れます。

つまり、ほとんどの場合は無症候性です。

メッケル憩室は、1809年にドイツの解剖学者であるヨハン・フリードリヒ・メッケルが、最初に発表しました。

発症率は男女同じですが、合併症は男性が3〜4倍多く見られます。また、成人よりも子供が頻繁に診断を受けます。

メッケル憩室
メッケル憩室とその特徴について知っておくべきこと 小腸

メッケル憩室は、一部の人の小腸で発生する小さな膨らみです。

胚発生中は、前腸は卵黄管を介して卵黄嚢とつながります

胚が成長すると、卵黄嚢と前腸の両方が消え、卵黄管の残留物はわずかな割合にとどまります。

メッケル憩室とへそをつなぐ繊維性の素が総腸間膜管です。

臍瘻または卵黄嚢嚢胞がごく稀に現れます。

臍瘻は、腸とへそとの直接的なつながりであり、これにより、へそを通る便の通過が生じます。

主な特徴
メッケル憩室とその特徴について知っておくべきこと 内部の画像

メッケル憩室は、小腸を構成する粘膜、粘膜下層、固有層で構成されています。

偽憩室には最初の2層しかないため、3層の場合は本当の憩室です。

回腸の腸間膜境界にあり、通常は5〜10cmの長さで、直径2.5cmに達することがあります。

卵黄動脈または上腸間膜動脈の残りから潅注を受けます。

異所性、結腸、膵臓、および十二指腸の胃粘膜、肝胆道組織、およびブルナー腺の遺体を明らかにすることは一般的で、先端に子宮内膜組織があることも一般的です。

こちらもご参照を:大腸憩室症(けいしつしょう)と憩室炎:症状と自然療法

症状

メッケル憩室は、通常小児期の初期に合併症を引き起こす可能性があり、 60%は10歳よりも前に現れます。

症状のある人は合併症のリスクが4~6%です。

出血は最も一般的な合併症で、胃粘膜の消化性潰瘍疾患と関連付けられます。

一般的には、2歳頃に痛みのない血便が症状として現れます。他の一般的な合併症は腹痛です。

患者の約20%が憩室炎を発症しますが、臨床的に虫垂炎と区別することはできません。

症例の40%で腸閉塞が発生します。

患者の0.5%〜3.2%が腫瘍を発症しますが、それらはほとんど良性です。

続きを読む:憩室炎の改善に効果的な食品

その他の興味深い事実

メッケル憩室は、他の多くの病気と同様の症状があるため、診断が困難です。

専門医は、大腸内視鏡検査、腹部テクネチウムスキャン、ワイヤレスカプセル内視鏡検査など、診断を確定するための検査を行うのが一般的です。

出血や腸閉塞がある場合は、憩室を除去する手術が行われる場合があります。

メッケル憩室を含んだ腸管の楔状切除術、または腸管切除吻合術で、異所性胃粘膜を遺残させないことが大切です。

以前は開腹による外科手術でしたが、最近では腹腔鏡手術が行われが行われることが多くあります。

メッケル憩室の治療としての手術は非常に安全であり、合併症を起こすことはほとんどありません。

患者の多くは手術後に完全に回復し、メッケル憩室を再発することはありません。

  • Piñero, A., Castellanos, G., Rodríguez, J. M., Parrilla, P., Martínez, E., & Canteras, M. (2001). Complicaciones, diagnóstico y tratamiento del divertículo de Meckel. Cirugía Española, 70(6), 286-290.
  • FLOCH, M. (2010). Divertículo de Meckel. In Netter. Gastroenterología.
  • Motta-Ramírez GA, Reyes-Méndez E, Campos-Torres J, García-Ruiz A, Rivera-Méndez VM, García-Castellanos JA, & Aragón-Flores M. (2015). El divertículo de Meckel en adultos. Anales de Radiología México.