憩室炎の改善に効果的な食品

· 7月 21, 2017
憩室炎の場合は、第一に病院で治療を受けることが大切ですが、それを補うものとして、この記事を参考に、食生活を見直してみてください。

憩室とは、消化管の内側の一部が膨らんだ状態のことで、細菌の感染や炎症を伴うものを憩室炎といいます

憩室の原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、排便の際に力をかけすぎることなどによって、腸壁に圧力がかかることが一つの可能性として考えられています。憩室炎の症状が軽度の場合は、安静、流動食と、しばしば抗菌薬の内服により治療しますが、重度の場合は入院して、抗菌薬を静脈内投与し、ときには手術を行うこともあります。[出典:MDSマニュアル家庭版]

憩室炎の一般的な症状には次のようなものがあります:

  • 血便
  • 下痢
  • 便秘
  • 嘔吐
  • 圧迫感
  • 腹部を触ったときの痛み

憩室炎で苦しんでいる場合、まずは病院で治療を受けることが大切ですが、この記事では、憩室炎の改善をサポートするものとして効果的な食品・栄養素や、改善のために注意したいポイントをご紹介します。

じゃがいも

じゃがいも

多くの人にとってなじみ深い野菜であるじゃがいもは、豊富な抗酸化成分とでんぷん質が消化の助けとなることから、憩室炎の改善のためにぜひ食べてほしい食品です。

ただし、憩室炎の場合、油の摂取は避けた方がよいため、揚げ物や炒め物以外の調理法を選ぶようにしてください。

オーブンで焼いたり、ふかしたり、茹でてマッシュポテトにしたりと、油を使わずに調理しましょう。

こちらもご覧ください 健康的で美味しいじゃがいもを楽しむ方法

パパイヤと洋梨

パパイヤと洋梨は、消化を助ける効果のあるフルーツで、特に結腸の健康に効果的です。

二つのを組み合わせることによって、さらにおいしさがアップしますし、栄養もバランス良く摂ることができます。また、どちらも食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富であるという点からも、憩室炎の症状の改善に役立ちます。

ビタミンC

体は、新しい細胞の産生など、さまざまな活動の中で大量のビタミンCを消費しているため、私たちはビタミンCを積極的に摂る必要があります。憩室炎の改善のためにもビタミンCは欠かせません。

大麦

大麦

穀物の中には、憩室炎の場合には避けた方がよいものもありますが、大麦には抗炎症作用があり、憩室炎の改善のために積極的に食べてほしい食品です。

スープやシチューに入れたり、シリアルに混ぜたりと、お好きな食べ方で食べてみてください。

にんにく

にんにくは、自然療法の材料として最も多く使われる食品の一つで、憩室炎のための自然療法にも使われます。

にんにくの活性成分はとても強力で、感染症を防ぐ効果があり、憩室の炎症の悪化を防ぐためにも効果的です。料理の風味付けに少量のにんにくを使ってみてください。

こちらもご覧ください にんにくの驚きのダイエット効果

スパイシーなもの・辛いものを避ける

辛い食べ物・スパイシーな食べ物や、味の濃い料理は、憩室炎の治癒を遅らせる原因の一つです。たとえそういった料理がお好きでも、憩室炎が治るまでは避けた方がよいでしょう。

治療が遅れるだけでなく、炎症が悪化する可能性もあります

オレガノ

オレガノ

料理の風味付けにオレガノを使うのは良いアイディアです。

オレガノには抗菌作用があり、感染症や寄生虫の予防に役立ちます。

また、体から老廃物を排出するのを助ける効果があるという点からも、憩室炎の治癒をサポートします。

 

病院での診断・治療が最も大切

憩室炎の症状には、他の消化器系疾患による症状と似通ったものがいくつかあり、しばしば混同されます。

また、何か別の病気が隠れている可能性もあるため、自己判断せず、必ず医師の診察を受けることが大切です。

病院での治療を補うものとして、この記事を参考にしてみてください