術後の出血リスクについて

2月 22, 2020
外科手術は静脈・動脈血栓塞栓症 のリスクを上昇させます。専門家によると、抗血栓薬の一時的な中断が、血栓症や塞栓症のリスクを高めてしまうそうです。今日は、術後の出血リスクについて見ていきましょう。

術後の出血は怪我や外傷によって引き起こされることがあります。様々な種類の血管が酸素や栄養を運びます。血管がダメージを受けると、血管内部や外部が出血することがあります。

ダメージを受けた血管からの出血を止めるには、適切に止血しなくてはいけません。

  • 血小板:血小板は骨髄で作られるとても小さい細胞です。血小板の通常の量は、150,000から400,000です。
  • 凝固因子:これらの因子は血液中に存在し、主に肝臓で作られます。

 

外科手術は静脈・動脈血栓塞栓症 のリスクを上昇させます。専門家によると、抗血栓薬の一時的な中断が、血栓症や塞栓症のリスクを高めてしまうそうです。

経口抗凝固剤によって誘発される術前出血のリスクは、通常低いでしょう。

術後の出血リスクファクター

血小板

患者に対しての、外科的処置のリスクアセスメントは必要です。そのため、医師が選択する抗血栓治療の種類は、それぞれの患者の状態によるでしょう。

従って、外科的処置の血栓性リスクと出血性リスクの両方について医師は判断しなくてはいけません。外科的処置の血栓性リスクは、医師が抗凝固療法を中断した時、血栓症のリスクが上昇するため、とても重要なのです。

これらのケースでは、医師は抗凝固療法を継続するか中断するかを決断することができます。中断することになったらヘパリンが処方され、経口凝固剤を使用した療法が開始されるでしょう。

こちらも合わせてどうぞ:分娩後出血の治療方法

術後の出血リスク

大量出血とは、少なくとも2つのユニットの輸血を必要とする深刻な出血です。頭蓋内、胸腔内圧、腹膜出血であることもあります。

出血の複雑化に直面した時、医師は出血の場所や広がりによって治療を確定します。また、抗凝固のレベルも重要な役割を果たします。命を脅かす量の出血もまた大量出血だと考えられます。

出血の可能性はまた、術後の抗血栓療法の再導入を調整するでしょう。もし、抗凝固の抑制が一日以上続くなら、医療チームによるヘパリンの導入が必要となるかもしれません。

 

 こちらも合わせてどうぞ:血小板の数を増やす効果が期待できる4つの自然療法

 

術後の抗凝固療法

薬を保つ医師

抗凝固療法は、手術の後2〜3日で再開されるべきです。ですが、常に主治医と相談するようにしましょう。

手術の2〜3日後、予防の意味で、少ない量から始めましょう。術後の出血が続いていない場合のみ、48〜72時間後に治療容量を始めるべきです。

ワルファリンとアセノクマロールの療法を使って治療する患者の多くは、出血性合併症を起こしていない限り、外科的介入の晩に抗凝固療法を行うことができます。

ですが、抗凝固療法を始めてから4〜5日経たないと療法の効果は始まりません。その主な目的の一つは、抗凝固療法を通してできるだけ早く患者の抗血栓状態を回復させることです。医療従事者は、適切な術後止血を行い、出血のリスクを考慮しなくてはいけません。

一般的に、手術を終えた24時間以内には出血が止まるでしょう。ですが、必ずしもそうとは限りません。だからこそ、抗凝固療法は正常に止血されるまでは開始されるべきではないのです。

  • Vivancos, J., Gilo, F., Frutos, R., Maestre, J., García-Pastor, A., Quintana, F., & Ximénez-Carrillo. (2016). Guía de actuación clínica en la hemorragia subaracnoidea. Sistemática diagnóstica y tratamiento. Neurologia. https://doi.org/10.1016/j.nrl.2014.10.002
  • Tortora, G. J., & Derrickson, B. (2006). Hemostasia. In Principios de Anatomía y Fisiología.
  • García, M. C. L., & Ramos, J. A. (2018). Hemorragia posparto. In Ejercer la medicina. https://doi.org/10.2307/j.ctt21kk0w3.24