メチルフェニデートって何? 何に使われるの?

8月 4, 2020
メチルフェニデートは、主に注意欠陥/多動性障害の治療に使用される処方薬ですが、他の状態の治療に使用されることもあります。

メチルフェニデートは、ADHD(注意欠陥/多動性障害)の治療のために専門医が使用する処方薬ですが、体位性頻脈症候群とナルコレプシー(居眠り病)の治療にも処方されます。また専門医が、標準的な治療に耐性のある疲労やうつ病の症例の治療に処方するケースもあります。

メチルフェニデートの歴史

ナルコレプシーの対症療法に刺激剤を使い始めたのは、医師がエフェドリンとアンフェタミンを処方し始めた1930年代にさかのぼります。

その後の専門家による臨床研究では、アンフェタミン、具体的にはベンゼドリンを服用していた多動型の子供たちの著しい進歩が観察されました。

1944年、第二次世界大戦中に、専門家が初めてメチルフェニデートを合成しました。戦争中、多くの専門家がアンフェタミンの化学的な変異体を試し、同様の特性を持つが副作用が少ない穏やかな分子を探しました。

1954年にメチルフェニデートの特許が出されました。このグループにおける他の薬物と比較して、人体に対するこの薬物の作用は、神経栄養面で副作用が少なかったと報告されています。

メチルフェニデートの用途

この薬は、ピペリジン構造を持つ化合物のグループに属しています。それぞれのモノアミン輸送体の再取り込みを阻害する能力により、ドーパミンとノルエピネフリンを脳内で増加させます

メチルフェニデートは、アンフェタミンと同様の構造を持っていますが、神経毒性はないため同じ効果はありません。ここからは、メチルフェニデートが処方される疾患について詳しく説明します。

注意欠陥/多動性障害(ADHD)

ADHDの子供 メチルフェニデートって何?

ADHDは、小児期に現れる神経生物学的な疾患です。現時点では、正確な原因は不明です。

注意欠陥/多動性障害は、小児期に発生する神経生物学的な疾患で、世界の子供たちの5%以上に影響を与えます。現時点では、専門家はこの病状が発症する正確な原因を解明できていませんが、同時に作用する様々なリスク要因の組み合わせである可能性を示唆しています。

前述したように、正確な原因は不明ですが、遺伝的および環境的要因がその発症に大きな影響を与えると、専門家たちは結論付けています。注意欠陥/多動性障害は、遺伝する可能性が76%あります。

ADHDの特徴的な症状は、次の3つの主要な症状に分類されます。

  1. 注意欠陥
  2. 多動
  3. 衝動性

これらの症状がADHDと診断されるためには、次の特定の条件を満たす必要があります。

  • 遅くとも7歳までに現れる
  • 症状が6か月以上継続する
  • 子供の生活の2つ以上の側面に影響を与える
  • 症状が大きな影響を与え子供のパフォーマンスを著しく低下させる

発見:大人の多動症とうまく付き合う6つのアドバイス

 体位性頻脈症候群

体位性頻脈症候群は、めまいや失神を特徴としており、自律神経系が適切に機能しない場合に発生します。

体位性頻脈症候群を発症すると、血管が収縮されず、脳への適切な血液供給を確保できません。脳が正しく機能するためには、適切な血液供給を維持する必要があるため、自律神経系は心臓をより拍動させ、頻脈を引き起こします。

体位性頻脈症候群は、ウイルス感染または傷害の後に発生する可能性がありますが、メチルフェニデートで治療することができます。ただし、体位性頻脈症候群の根本的な原因が何であるかを明確に知ることは、とても難しいとされています。現在は、専門家たちが、体位性頻脈症候群の原因を解明するために研究を続けています。

ナルコレプシー(居眠り病)

居眠り病の女性 メチルフェニデートって何?

専門医は、ナルコレプシーの患者にメチルフェニデートを処方します。この障害は、日中の極端な眠気と不随意の睡眠が繰り返し起こります。

ナルコレプシーの人は、状況に関係なく、長時間目を覚まし続けていることが難しい傾向があります。

前述した注意欠陥/多動性障害と体位性頻脈症候群の2つのと同様に、専門家はナルコレプシーの具体的な原因を解明していませんが、ナルコレプシーの患者は、ヒポクレチン値が低い傾向があります。これは、睡眠と覚醒のサイクルを調整するのに役立つ脳内の物質です。

こちらもご参考に:子どもの睡眠障害を改善するヒント

結論

メチルフェニデートは、主に注意欠陥/多動性障害の治療に使用される処方薬ですが、今回説明したように、医師たちは他の疾患の治療にも処方します。

深刻な副作用をもたらす薬物であるため、医師や薬剤師の推奨事項に必ず従う必要があります。 この薬を誤用すると、深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

  • Vademecum. (2015). Metilfenidato. https://doi.org/Medicamentos Genericos Intercambiables
  • Brant, L. C., & Carvalho, T. R. F. (2012). Metilfenidato: Medicamento gadget da contemporaneidade. Interface: Communication, Health, Education. https://doi.org/10.1590/S1414-32832012000300004
  • Saúde, B. B. de A. de T. em. (2014). Metilfenidato no tratamento de crianças com transtorno de déficit de atenção e hiperatividade. In Portal anvisa.