子どもの睡眠障害を改善するヒント

11月 27, 2019
思春期には、習慣やライフスタイルが睡眠に影響を与えることがあります。この記事では、思春期の子どもの睡眠障害を改善するヒントをご紹介します。

良い睡眠は、心身の健康を保つために不可欠です。しかし、質の悪い睡眠に悩まされている子どもはたくさんいます。そのため、本日の記事では、思春期の子どもの睡眠障害を改善するヒントをご紹介します。

一般的に、思春期の子どもは1日8時間以上の睡眠を取る必要があります。そのため、質の良い睡眠の妨げとなっているいるさまざまな原因を知らなければなりません。これで、睡眠障害を改善することができるでしょう。

思春期の子どもの睡眠障害を改善するヒント

1.肥満にならないようにする

現代社会では、不適切なライフスタイルのためにますます多くの子どもが肥満になる傾向があります。

ある研究では、子どもの睡眠障害とBMI値が高いことには関係があると示しています。これで子どもの肥満がより深刻な問題であることが確かになったのです。

睡眠障害は食生活にも影響を及ぼすため、睡眠障害が改善されない場合には肥満を悪化させる可能性があります。

そのため、野菜、豆類、全粒穀物、赤身の肉、魚、卵が豊富なバランスの取れた食生活を送ることが重要なのです。家の食事は、これらの食品群に基づいているべきです。また、小麦粉、揚げ物、砂糖の過剰摂取は避けましょう。

また、体重維持のためには運動も重要です。思春期の子どもは、活動的であり続け、座りがちなライフスタイルを避けたほうがいいでしょう。

こちらもご参考に:子供の肥満を解消しよう:一緒にできる楽しい運動

2.携帯の使用を規制する

思春期の子どもが睡眠障害に悩まされているもう1つの理由は、テクノロジーです。親にとって、子どもの携帯やコンピュータ使用する時間、テレビを見る時間、およびビデオゲームをする時間をコントロールするのは難しい問題です。

これらの機器は、子どもの健康にとても有害である過剰刺激にさらすことになります。神経に直接影響を与えて体のバイオリズムを崩し、睡眠に影響を与えてしまうのです。

しかし、この問題は子どもだけでなく、親にも影響を与えています。そのため、家族全員の携帯の使用が規制されるべきです。就寝2時間前には、これらの機器の使用を避けるといいでしょう。

3.禁煙する

子どもの睡眠障害

残念ながら、思春期から喫煙を初めてしまうことがあり、それが不眠症を導くかもしれません。

思春期の喫煙と質の悪い睡眠にも関係がある可能性があるからです。禁煙することで子どもの睡眠障害を改善することができるでしょう。

ニコチン依存の克服を助けるには、忍耐強くなって子どもに対して理解を示すことが重要です。さらに、何らかのサポートが必要となる場合があることも覚えておきましょう。

こちらもご参考に:しっかり睡眠をとりたい! 試してみたい就寝前の7つの習慣

4.親の就寝時間と睡眠障害

最後に、例えば夜間勤務をしているなど、親の就寝時間が思春期の子どもの睡眠障害に影響を与えているといくつかの研究で言及されています。

これに関しては、家族全員の睡眠スケジュールを尊重することが重要です。すでに子どもが睡眠障害である場合には、眠りが浅く簡単に起こされてしまうためです。

子どもの睡眠障害を改善する他のヒント

良い睡眠を取ることで、子どもの疲れを癒し、日々の活動でより力を発揮することができるでしょう。

  • 毎日同じ時間に就寝する。
  • バランスの取れた食生活を送り、夜食べるものに気を付ける。
  • 刺激物の摂取を控える。(コーヒー、紅茶、炭酸飲料、エナジードリンクなど)
  • 肥満にならないようにする。
  • 座りがちなライフスタイルを避け、週に数回運動を行う。
  • 喫煙や飲酒を避ける。
  • 特に就寝の数時間前には、携帯や一般的なテクノロジーの使用を避ける。
  • 睡眠スケジュールを確立し、家族の睡眠の妨げとなる夜の活動は控える。
  • 寝室が静かで暗く、適切な温度が保たれているようにする。
  • 過剰な課題が睡眠の質に影響を与えている可能性があるので、スケジュールが負担になりすぎないようにする。健康でなければ、良い大学に行っても意味がありません。

これらのヒントをもとに、子どもの睡眠障害を改善しましょう。質の良い睡眠はパフォーマンスを向上してくれます。

  • Chen, D. R., Truong, K. D., & Tsai, M. J. (2013). Prevalence of poor sleep quality and its relationship with body mass index among teenagers: Evidence from Taiwan. Journal of School Health. https://doi.org/10.1111/josh.12068
  • Chaput, J. P., & Dutil, C. (2016). Lack of sleep as a contributor to obesity in adolescents: Impacts on eating and activity behaviors. International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity. https://doi.org/10.1186/s12966-016-0428-0
  • Atkinson, G., & Davenne, D. (2007). Relationships between sleep, physical activity and human health. Physiology and Behavior. https://doi.org/10.1016/j.physbeh.2006.09.015
  • Dugas, E. N., Sylvestre, M. P., O’Loughlin, E. K., Brunet, J., Kakinami, L., Constantin, E., & O’Loughlin, J. (2017). Nicotine dependence and sleep quality in young adults. Addictive Behaviors. https://doi.org/10.1016/j.addbeh.2016.10.020