小児睡眠障害:検査と治療法について

3月 18, 2020
小児の睡眠障害は、一般的に不健康なライフスタイルや不適切な行動のパターンが原因ですが、それ以外の原因も考えられます。どの場合においても、最善の治療法を決定するために専門家の診断を受けることをお勧めします。

睡眠は、子供と大人のどちらにとっても心身の健康維持に不可欠ですが、子供の睡眠はより重要な意味を持ちます。

残念ながら、子供の最大30%が睡眠障害を抱えていると推定されています。

調査によると、子供の50%が何らかの睡眠の問題を抱えていますが、多くは小児睡眠障害と診断されないケースです。両親が過剰に甘やかしている、不適切な行動などの子育てに起因すると考えられています。

十分な睡眠が得られないと、子供の行動と学習能力に影響を与え、集中力と記憶力が低下する原因になる可能性があります。

睡眠は、運動や行動にも影響を与える可能性があるため、十分な睡眠が得られないといらいらしたり、自尊心が傷つくことがあります。

そのため、子供の小児睡眠障害はできるだけ早く発見し、治療を開始することが大切です。

小児睡眠障害の詳細について、このままご覧ください。

小児睡眠障害とは何ですか?

小児睡眠障害:検査と治療法について うたた寝をする子供

小児の睡眠障害には、子供の睡眠関連の問題がすべて含まれます。

  • 眠りにつくのが難しい
  • 眠り続けるのが難しい
  • 過剰な眠気を感じる
  • 不適切な時間に寝る
  • 睡眠時の異常行動

厳密に言うと、次の状況が発生したときに小児睡眠障害だと言及されるでしょう。

  • 毎日のパフォーマンスに大きな影響を与える睡眠の問題
  • 家族、学校、社会的関係に問題を引き起こす睡眠の問題

いつもと違うことや異常な出来事があった場合に、子供がいつもの睡眠パターンを崩してしまうのはよくあることです。

例えば、誰かが亡くなったり家族と喧嘩をしたり対立した時などですが、この場合は、すぐに正常な睡眠パターンに戻ります。

子供の睡眠に異常が現れて元に戻らない場合は、小児睡眠障害に苦しんでいる可能性があります。

睡眠障害のタイプ

小児睡眠障害は主に次のように分類されます

以下を含む睡眠異常

  • ナルコレプシー
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群
  • 周期的四肢運動障害(PLMD)
  • 環境睡眠障害
  • 遅延睡眠相症候群(DSPS)
  • 制限設定睡眠障害
  • 入眠関連障害

以下を含む睡眠時随伴症(パラソムニア)

  • 混乱
  • 夢遊病
  • 夜への恐怖
  • リズム運動障害(RMD)
  • ソムニロキー
  • 悪夢

その他のパラソムニア

続きはこちらから:いびきと睡眠時の無呼吸を改善する方法

診断検査

小児睡眠障害:検査と治療法について 怯える子供

子供が睡眠中にいびきをかいたり、入眠に問題があったり、呼気性喘鳴がある場合は、睡眠障害を疑う親が多くいます。

また、質の高い睡眠が得られない子供は、おねしょをしたり日中に過剰な眠気を感じるかもしれません。

小児科医の診断を受ける際、最初は親が提供する情報を元に診断を行いますが、適切な診断を行うために以下のような検査を行うことがあります。

  • 睡眠ポリグラフ検査:小児の睡眠障害を診断する最も包括的なテストです。子供が寝ている間、脳、心臓、呼吸器、筋肉の活動を監視します。
  • 自宅での睡眠ポリグラフ検査:これは、自宅で子供の睡眠を監視する方法です。
  • 継続的な心肺モニタリング:この検査は、無呼吸または呼吸に何らかの問題がある幼児に適用されます。心拍数と呼吸を監視します。
  • 血球値の検査:過度の眠気や過敏症がある場合に血球値を検査します。睡眠不足の原因から、貧血、寄生虫、甲状腺の問題の存在を除外または確認できます。

ご存知ですか?:睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法

治療法

小児睡眠障害の治療は、その原因に依存します。

小児科医の診断を受けて、適切な治療計画を決定しましょう。

最も大切なのは、子供にとって適切な睡眠衛生を確保することです。

また、必要な睡眠時間年齢ごとに異なることを知っておく必要があります。

  • 0~3か月:16時間
  • 3~12か月:15時間
  • 12か月~2歳:14時間
  • 2〜5歳:13時間
  • 5〜9歳:10時間
  • 9〜14歳:9時間
  • 14〜18歳:8時間

行動という観点から、小児の睡眠障害を矯正するために最も一般的に使用される治療法の1つは「クライ・イット・アウト」メソッドです。

これは、幼児に適用される非常に効果的な治療法です。

基本的には、赤ちゃんを睡眠訓練するための一連のルーチンを作成することで構成されています。

問題の原因が物理的なものであると両親が疑う場合は、専門医に相談する必要があります。

  • Lomelí, H. A., Pérez-Olmos, I., Talero-Gutiérrez, C., Moreno, C. B., González-Reyes, R., Palacios, L., … & Muñoz-Delgado, J. (2008). Escalas y cuestionarios para evaluar el sueño: una revisión. Actas Españolas de Psiquiatría, 36(1).
  • Gállego Pérez-Larraya, J., Toledo, J.B., Urrestarazu, E., & Iriarte, J.. (2007). Clasificación de los trastornos del sueño. Anales del Sistema Sanitario de Navarra30(Supl. 1), 19-36.
  • Ministerio de sanidad política social e igualdad. (2011). Guía de Práctica Clínica sobre Trastornos del Sueño en la Infancia y Adolescencia en Atención Primaria. MSPSI-Madrid. https://doi.org/10.1097/01.mlg.0000243196.75418.6f