末梢静脈切開について知っておくべきこと

29 1月, 2020
静脈にカニューレを必要とする患者には末梢静脈を切開する必要がありますが、経皮的にこのプロセスを行うことはできません。

末梢静脈の切断は、四肢や頸部の静脈を露出させる外科手術で、短いカニューレ、または大静脈または右心房に到達するカニューレを挿入するために行われます。

これは、静脈への安全で永続的なアクセスを可能にする埋め込み型の静脈アクセスポートです。

経皮的な血管へのアクセスが不可能な患者で、静脈内にカニューレの挿入が必要な場合は、医師は末梢静脈切開を推奨します。

化学療法を受けている患者など、薬物の継続的な投与を必要とする患者に静脈切開術を行います。

この手順は瀉血療法とも呼ばれます。

末梢静脈切開の利点

末梢静脈切開は切開手術です。患者にとって有益な理由をご紹介します。

  • 静脈を直接視覚化して長いカテーテルを導入できます
  • 化学療法、完全な非経口栄養、または高張液を投与できます
  • 静脈の中心にカテーテルの先端を挿入することができます
  • カテーテルを使用して、医師が中心静脈圧を記録できます
  • カテーテルは長期間、場合によっては数年も同じ場所に留まることができます
  • 先端を大きな静脈または右心房に入れることができるため、硬化症および静脈炎の発症を防ぐこともできます

ご存知ですか?:深部静脈血栓症の診断および予防法

末梢静脈切開術

末梢静脈切開について知っておくべきすべてのこと 血液検査

正しい手順とテクニックで行うために最初に考慮すべきことは、患者の位置です。

専門医は、成人の場合は腕の前の内側部分、簡単にいうと肘の前を選ぶことが多くあります。

他の一般的な場所は次の通りです。

  • 首の外頸静脈
  • 三角筋溝の橈側皮静脈
  • 太ももの伏在静脈

患者が子供の場合、足首の内側、または内側のくるぶしの上および前に1センチの場所にある伏在静脈に焦点を合わせます。

患者の状態が許す場合は、外科医は患者に手順を説明して同意を得る必要があります。

切開手術の際には、外科医やその他のスタッフは、キャップ、マスク、滅菌ガウン、および手袋などの適切な着衣を行う必要があります。

合併症

末梢静脈切開について知っておくべきすべてのこと 看護師

一般的に、末梢静脈切開術に関連する合併症は、術後のケア中や術後のカテーテルの位置によって異なります。

起こりうる問題の中でもよくあるものをご紹介します。

  • 静脈が確保できない
  • 静脈破裂または動脈病変:深刻な結果が生じる可能性
  • 静脈破裂、あざ、または動脈結紮
  • カテーテルを動かすのが難しい

術後の合併症は、静脈内のカテーテルの配置場所によって異なります。術後に発症するリスクのある合併症は次のとおりです。

  • 静脈血栓塞栓症
  • 静脈炎:カテーテルを長時間静脈内に放置した場合に発生します
  • 切開部位の膿の蓄積:感染した血腫によるもので、最悪の場合、全身性敗血症の発症につながる可能性があります。

最後にこちらもご覧ください:天然の抗生物質

しっかりとした術後のケアが大切になるのはこのためです。

カテーテルは、滅菌ガーゼで取り扱うことが推奨されています。

細菌の定着を回避して、カテーテルをしっかりと固定することができます。

  • Selene Aideé, V. F., José Ángel, B. C., Jesús, T. J., José Luis, J. C., Wulfrano, R. A., & Eduardo E, M.-J. (2012). Modelo biológico no vivo para la enseñanza de la técnica de venodisección en alumnos de pregrado de la carrera de medicina. Cir. Gen.
  • Rojas, G., Gerson, R., & Lázaro, M. (1992). Acceso vascular con catéteres Broviac-Hickman. Rev. Inst. Nac. Cancerol. (Méx.).
  • Cabrera, C., Méndez, M., Fierro, F., Molina, I., Niño, J., & Beltrán, J. (2011). Catéteres parcialmente implantables en niños con enfermedades onco-hematológicas. CIRUPED.