チオペンタール:投与方法と使用上の注意

9月 9, 2019
チオペンタールは麻酔薬で、バルビツール酸系に属し、チオペンタン酸ナトリウムとしても知られています。

チオペンタールは全身麻酔薬です。この物質は、鎮静剤として一般的に使用されるバルビツール酸塩または中枢神経系抑制薬として作用する薬物です。

チオペンタールはチオバルビツール酸に由来するため、一般にチオペンタン酸ナトリウムとも呼ばれます。

現在の医療分野では、チオペンタールの使用量が減り、より副作用の少ない他の薬剤が代わりに使用されています。

チオペンタールを使用した患者は、麻酔から目がさめると、すべてがゆっくりでやや混乱したと話しています。

そして多くの人が、まるで飲みすぎた日の翌日の二日酔い症状ののようだと話しました。

チオペンタール:投与方法と使用上の注意

いずれにせよ、チオペンタールはその作用が短時間なので、研究者たちは、患者の長期の催眠状態を効果的に誘発できるかどうかを調査する実験を行いました。

最終的に、実験の結果としてチオペンタールには効果がないと判断したため、医療分野では、数分間続く短期麻酔薬としてのみ使用が続いています。

チオペンタールの活性剤

チオペンタールは、すべてのバルビツール酸塩と同様に、GABA受容体に結合します。受容体のサブタイプは異なりますが、チオペンタールの作用薬はベンゾジアゼピンなどの他の弛緩薬と同じです。

この物質が受容体に結合すると、中枢神経系への情報の伝達を調節する結合複合体を形成します。

チオペンタールは、鎮静作用および麻酔効果だけでなく、抗けいれん剤としても作用します。これは、痙攣または発作の場合に、神経伝達物質GABAへの伝達をブロックするからです。

鎮静作用が起こっている間、脳の新陳代謝を軽減する穏やかな状態に入ります。

この状態では、必要な栄養素が非常に少ないため、血液の供給も減少し、頭蓋内圧を低下させます。

こちらもご参照を:抗不安薬について

チオペンタールの使用

チオペンタールが使用されているかどうかを知る簡単な方法は、医師がどのように薬を投与しているかを確認することです。

多くの場合、彼らは気管挿管または口から気管にプラスチックチューブを通して投与します。

チオペンタールが非常に低容量で運ばれると、咽頭反射が停止するという興味深い点があります。

口、喉、または呼吸の問題に対応する方法、つまり、患者が適切な呼吸していない緊急事態で特に役立ちます。

同様に、口に何らかの外傷を置い、血液や異物(破片や歯など)がチューブの挿入を困難にしている場合などの吸入麻酔が必要なケースにも当てはまります。

医師や専門家は、これらを短期間の全身麻酔薬としても使用します。

ただし前述したように、医療分野では使用頻度が減っており、現在では、他の麻酔薬を使用することが多くなっています。

これは、チオペンタールが麻酔薬および鎮静剤であり、鎮痛剤としては機能しないからです。

患者をリラックスさせて鎮静させるだけで痛みを抑える働きはありません。

チオペンタールが使われるのは、頭部外傷に苦しんでいる患者や難治性頭蓋高血圧症の患者の脳神経外科手術や、他の治療にうまく反応しない精神病患者にも投与することがあります。

こちらもご参考に:痛みを和らげる生姜とオリーブオイルシロップ

禁忌

チオペンタール:投与方法と使用上の注意

ここからは、チオペンタールを使用すべきでないケースの、さまざまな要因と条件をリストとしてご紹介します:

  • バルビツール酸塩に対する過敏症:少量の投与で薬物の効果が非常に強く持続することを意味しますが、残念ながら、麻酔下にあると呼吸抑制が生じるリスクがあります。そのため過敏症の患者には投与してはいけません。
  • 他の中枢神経系抑制薬またはアルコールを服用している場合:それぞれが類似した方法で機能して、薬の効果を必要以上に強化するため、決して服用してはいけません。
  • 妊娠と授乳:チオペンタールは胎児にも薬が渡り、胎児の神経系機能の低下を引き起こします。
  • 有害物質の取り扱いまたは車両の運転する仕事の人:鎮静作用により集中力が低下するため危険です。

薬物の投与

ほとんどの場合、医師はチオペンタールを注射として投与し、時には静脈にも注射します。

ただし、チューブを介した吸入麻酔として使用する場合もあります。投与量は異なりますが、通常は体重1kgごとに2〜4 mg  を注射します。

この投与量は薬への感性や反応によっても異なるため、最初に最低量を投与してから徐々に増やしていく必要があります。

チオペンタールは投与後1分で患者に影響を与えますが、決まった量で安定しない場合は数分間しか持続しません。