マチンについて知っておきたいこと全て

マチンは、胃のトラブル、二日酔い、月経痛などの治療に用いられてきました。これらの効果を裏付ける科学的な証拠があるかどうかを見てみましょう。
マチンについて知っておきたいこと全て

最後の更新: 22 9月, 2021

マチン、または別名「ヌックス-フォミカ」は、中国、タイ、東インド、オーストラリアなどに自生する常緑の中高木です。その種子は、フォミカとも呼ばれ、自然療法として様々な疾患や症状の治療に用いられています。

勃起不全、便秘、偏頭痛、胃の膨満感、不安感などに対して、伝統的にマチンが使用されてきました。しかし、これらの用途への効果を裏付ける科学的根拠は今のところありません。

種子を生のまま使用した場合の名称として、「ポイズンナッツ(=有毒種子)」とは呼ばれることもあります。これは、ストリキニーネというアルカロイドが含まれているからで、殺鼠剤として使われることもあるものです。つまり危険物質ですが、錠剤や粉末の形で売られてもいます。

マチンの効果

一説によると、マチンには抗炎症作用があるそうです。そのため、喘息やリウマチ、痔などの治療に使用できると考えられています。American-Eurasian Journal of Sustainable Agriculture誌の動物実験によると、炎症の治療に効果があるとされています。

また、マチンの種子には抗酸化物質が含まれているので、体の細胞を傷つけるフリーラジカルに対抗できる可能性があります。さらに、防腐作用があると主張する人も少なくありません。しかし、これにはさらなる研究が必要です。

Phytotherapy Researchがマウスを使って行った研究によると、クルミに含まれるアルカロイドは、大腸がん細胞などの一部のがん細胞の成長を抑制する可能性があるそうです。しかし、これもさらなる研究を必要としており、がん治療の第一選択肢として考えることはできません。

一方、Journal of Ethnopharmacology誌の研究では、マチンの種子が肝臓がん細胞の成長を止める可能性が示唆されています。しかし、この説を裏付けるためには、より多くの科学的研究が必要であることに注意しましょう。

マチンは現在も、腰痛、便秘、月経痛、勃起不全、男性不妊などのさまざまな症状の治療に使用されています。他にも、片頭痛、不安、不眠症などにも使用できるという説もあります。

しかし、このような効果を裏付ける科学的根拠はありません。そのため、使用する前には医師に相談する必要があります。

最後に、Journal of Alternative and Complementary Medicine誌に掲載されたラットを使った研究では、マチンがアルコール使用障害の治療に役立つ可能性が示唆されています。しかし、現時点では、人間のアルコール依存症患者に対する効果は試されていません。

マチン
マチンを使ったアルコール依存症の治療に関する実験は行われていますが、人間への使用を支持するエビデンスはありません。

マチンの使用方法

マチンのサプリメントは市販されており、健康食品店で錠剤や粉末の形で購入することができます。科学的な裏付けがなく、正確な使用量がわからないため、メーカーごとに摂取量や使用方法が異なります。

そのため、摂取する前に医師に相談することが大切です。製品の謳い文句を鵜呑みにしないでください。また、乳糖不耐症の方は、乳製品を使用して作られたものかどうかを確認する必要があります。処方によっては含まれているものもあれば、含まれていないものもあるので注意が必要です。

メーカーによっては、冷暗所に保管すれば3年程度の使用期限があるようです。

摂取により考えられるリスク

マチンは、人間が摂取するには必ずしも安全ではない種と考えられています。30ミリグラム以上を摂取すると、以下のような深刻な副作用が起こる可能性があると考えられています。

  • 背中や首のこわばり
  • 不安感
  • めまいや痙攣
  • 顎の筋肉の痙攣
  • 肝不全

米国国立労働安全衛生研究所(NIOSH)は、マチンの深刻な神経系の副作用のために、その実を危険なものとして分類しています。そのため、特に勃起不全の治療に関しては、医師に相談せずにこの種子を含む製品を使用することは絶対に避けてください。

こちらもお読みください:マシュマロウルート:利点と副作用

マチンの使用を避けるべき人

マチンは誰にでも推奨されるものではありませんが、特定の人には毒性の副作用が増加するリスクが特に高くなります。したがって、以下のカテゴリーに属する人は、摂取を断固として避けるべきです。

  • 妊娠中または授乳中の女性。子供と母親の両方に深刻なダメージを与える恐れがあります。
  • 肝臓病の患者。マチンの種子にはストリキニーネが含まれているため、肝臓の問題を悪化させたり発生させる可能性があります。
マチン
肝臓不全に関連性があるストリキニーネが含まれているため、マチンは肝臓に悪影響を及ぼす可能性があります。

こちらもお読みください:チアシードの7つの驚くべき利点

まとめ

マチンは、オーストラリア、タイ、中国、東インドなどが原産です。伝統的に、勃起不全、不安、便秘、月経痛、偏頭痛など様々な症状の治療に使用されてきました。

しかし、これらの効果を裏付ける十分な科学的研究は今のところありません。それどころか、マチンの種子を大量に摂取することで、深刻な副作用が発生する可能性があります。

また、メーカーによって取り扱い量や使用方法が異なります。製品ラベルに記載されている表示を鵜呑みにしないよう、十分注意してください。謳い文句通りの効果が必ずしもあるわけではありません。

誰もがマチンの摂取を避けるべきですが、特に妊娠中の女性、授乳中の母親、子供、肝臓疾患を患っている人は注意が必要です。マチンを摂取する前に、医師に相談してください。

こちらの記事もおすすめです。
ヴィーガンが摂るべきサプリメント7つ
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ヴィーガンが摂るべきサプリメント7つ

ヴィーガンダイエットは完璧に健康的な食生活だと固く信じる人はたくさんいます。果物や野菜を食べる利点はいろんな研究で証明されているので、完全に間違っている考えではありません。しかし、食事内容によっては、多かれ少なかれ栄養不足に陥る可能性があります。



  • Chaurasia, S. (2009). Anti-inflammatory and Antioxidant Activity of Strychnos nux vomica Linn. American-eurasian journal of sustainable agriculture, 3(2), 244–252.
  • Ren, H., Zhao, J., Fan, D., Wang, Z., Zhao, T., Li, Y., Zhao, Y., Adelson, D., & Hao, H. (2019). Alkaloids from nux vomica suppresses colon cancer cell growth through Wnt/β-catenin signaling pathway. Phytotherapy research : PTR, 33(5), 1570–1578. https://doi.org/10.1002/ptr.6347
  • Deng, X. K., Yin, W., Li, W. D., Yin, F. Z., Lu, X. Y., Zhang, X. C., Hua, Z. C., & Cai, B. C. (2006). The anti-tumor effects of alkaloids from the seeds of Strychnos nux-vomica on HepG2 cells and its possible mechanism. Journal of ethnopharmacology, 106(2), 179–186. https://doi.org/10.1016/j.jep.2005.12.021
  • Sukul, N. C., Ghosh, S., Sinhababu, S. P., & Sukul, A. (2001). Strychnos nux-vomica extract and its ultra-high dilution reduce voluntary ethanol intake in rats. Journal of alternative and complementary medicine (New York, N.Y.), 7(2), 187–193. https://doi.org/10.1089/107555301750164280
  • The National Institute for Occupational Safety and Health [Updated October 30, 2019]. Strychnine. Available from: https://www.cdc.gov/niosh/npg/npgd0570.html