アロマテラピーは生理痛に効果的?

ある種のエッセンシャルオイルのアロマは、生理痛などの不調を落ち着かせる効果があるようです。研究結果と自宅での試し方をご紹介します。

最後の更新: 01 6月, 2021

古くから我々人間は、月経痛などの痛みを和らげる方法として、アロマテラピーを利用してきました。これは、様々な植物から抽出した精油を使用するもので、いくつかの研究によると、抗炎症作用や鎮静作用があるとされています。

月経困難症の際に真っ先に試される治療法ではありませんが、月経時の日中に塗ることで、心地よい安心感が得られることから、多くの女性が好んで使う方法です。では、研究ではどのような結果が出ているのでしょうか? また、家庭でアロマセラピーを行うにはどうすればよいのでしょうか? ぜひ読み進めてください!

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、リラクゼーションや痛みの緩和を促す特性を持つ様々な植物化合物やエッセンシャルオイルを使用した補完的な治療法です。その使用方法は、吸入または皮膚への塗布(キャリアオイルとの組み合わせ)です。

アロマテラピーは、関節リウマチ、筋肉痛、呼吸器系疾患などの緩和に寄与すると考えられており、中国の伝統医学でも人気があります。しかし、その効果を裏付ける証拠がないため、従来の医学の一部とはみなされていません。

こちらもお読みください:3日間の生理休暇は必要?

アロマテラピー 生理痛
アロマテラピーで使うオイルの香りには、様々な利点があります。

アロマテラピーはどのようにして月経痛を和らげるの?

アロマテラピーの最も重要な用途の一つは、生理痛の緩和に関係しています。原発性月経困難症の女性の多くが、症状緩和のためにこの方法を利用してきました。アロマテラピーの有効性に関する研究は不十分ですが、その効果については多くの逸話があります。

オイルを吸入する方法とマッサージで塗り込む方法の両方で、月経痛や月経に伴うその他の症状の重症度を軽減するのに役立つ可能性があります。これはどのようにして起こるのでしょうか? 科学者の間では、プラシーボ効果によるものだと言われています。

しかし、使用されているオイルには、鎮痛作用や抗炎症作用があるという仮説もあります。その結果、生理中のお腹の痛みや炎症を和らげることができるのです。

アロマテラピーと生理痛についての研究結果は?

先に述べたように、アロマテラピーが生理痛を軽減することを証明する十分な証拠はありません。しかし、月経困難症に対して肯定的な効果を示唆する研究はあります。

例えば、Journal of Clinical Medicine誌に掲載された研究によると、アロマテラピーでエッセンシャルオイルを治療的に使用することで、原発性月経困難症を落ち着かせることができるそうです。このような効果は、マッサージによる塗布と吸入の両方で起こります。

一方、Journal of Alternative and Complementary Medicine誌に掲載された研究では、ラベンダー、セージ、ローズのアロマテラピーを局所的に適用することで、月経痛の重症度を軽減する効果があることがわかりました。

さらに、エッセンシャルオイル(シナモン、クローブ、ローズ、ラベンダー)とアーモンドオイルを組み合わせたマッサージが、女性の生理中の痛みや、さらには大量の出血を和らげるのに役立つという研究結果も出ています。今のところ、これを証明するにはさらなる研究が必要です。

こちらもお読みください:生理中の不調を解消する自然療法

自宅でアロマテラピーを行うには?

アロマテラピーの主な利点の一つは、ほとんどの人にとって安全であると考えられていることです。加えて、少ない材料で自宅でセッションを行うことができます。必要なのは、基本的なエッセンシャルオイルと、オリーブ、ココナッツ、アーモンドなどのキャリアオイルだけです。

材料

  • エッセンシャルオイル(ラベンダー、ローズ、セージ、カモミール)5滴
  • キャリアオイル 大さじ1(15グラム)

使い方

  • まず、エッセンシャルオイルを大さじ1杯のキャリアオイル(ココナッツ、オリーブ、アーモンド)と混ぜ合わせます。
  • 準備ができたら、腹部にオイルを擦り込み、優しくマッサージします。
  • 円を描くようにして、5分から10分ほど続けます。
  • 痛みが続くようであれば、1日3~5回、マッサージをしてください。

オプション

  • 5~10滴のエッセンシャルオイルをポットでわかした熱湯で希釈します。
  • ポットからの蒸気を吸い込みます。
  • アロマテラピー用ディフューザーでも同じことができます。
アロマテラピー 生理痛
多くの女性にとって、月経痛や生理痛は、日常生活に支障をきたすほど不快なものです。

アロマテラピーに関する注意事項

ほとんどの場合、アロマセラピーは安全です。とはいえ、オイルをいきなり体中で使用する前に、少量のテストを行うのがベストです。そのためには、最小限の量を肌に塗り、1日待ちます。その後、刺激や不快感がなければ、問題なく使用できます。

吸入するオイルの中には、特定の人にアレルギー反応を引き起こすものもあります。そのため、使用中に鼻づまりやくしゃみなどのアレルギー症状が出た場合は、使用を中止したほうがよいでしょう。

アロマテラピーは生理痛に効く補助

生理痛を和らげるためには、アロマテラピーは有用な補助になるでしょう。しかし、第一選択の治療法ではありませんし、その効果は一時的なものかもしれません。

月経困難症が頻発している場合は、医師の診断を受けたほうがよいでしょう。専門家は、補完的な検査が必要かどうかを判断し、他の治療法を教えてくれるはずです。

こちらの記事もおすすめです。
無視できない6つの生理不順
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
無視できない6つの生理不順

生理不順はどの年齢の女性にも起こる一般的な問題です。これは深刻な問題のサインではありませんが、ホルモンバランスの乱れや栄養失調、またはその他の症状の兆候になることもあるので注意しましょう。最も一般的な生理サイクルは28日から35日と言われており、女性の年齢やホルモン、そして習慣によって変化しま...



  • Silva J, Abebe W, Sousa SM, Duarte VG, Machado MI, Matos FJ. Analgesic and anti-inflammatory effects of essential oils of Eucalyptus. J Ethnopharmacol. 2003 Dec;89(2-3):277-83. doi: 10.1016/j.jep.2003.09.007. PMID: 14611892.
  • Cooke B, Ernst E. Aromatherapy: a systematic review. Br J Gen Pract. 2000;50(455):493-496.
  • Lakhan SE, Sheafer H, Tepper D. The Effectiveness of Aromatherapy in Reducing Pain: A Systematic Review and Meta-Analysis. Pain Res Treat. 2016;2016:8158693. doi:10.1155/2016/8158693
  • Masaoka Y, Takayama M, Yajima H, Kawase A, Takakura N, Homma I. Analgesia Is Enhanced by Providing Information regarding Good Outcomes Associated with an Odor: Placebo Effects in Aromatherapy?. Evid Based Complement Alternat Med. 2013;2013:921802. doi:10.1155/2013/921802
  • de Cássia da Silveira E Sá R, Lima TC, da Nóbrega FR, de Brito AEM, de Sousa DP. Analgesic-Like Activity of Essential Oil Constituents: An Update. Int J Mol Sci. 2017;18(12):2392. Published 2017 Dec 9. doi:10.3390/ijms18122392
  • Marzouk, T. M. F., El-Nemer, A. M. R., & Baraka, H. N. (2013). The Effect of Aromatherapy Abdominal Massage on Alleviating Menstrual Pain in Nursing Students: A Prospective Randomized Cross-Over Study. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, 2013, 1–6. https://doi.org/10.1155/2013/742421