空腹時にやってはいけない6つのこと

胃が空っぽの状態で目覚めた時、ある行動はあなたに良い効果をもたらしてくれますが、中にはあなたの健康を損なう行動も存在します。

このような習慣は時間帯によって効果が異なり、私達の多くがある特定の習慣を空腹時に行う傾向があるのです。

今回は、空腹の状態で目覚めた時にやってはいけないことを紹介していきたいと思います。しっかりメモを取って出来るだけその行為を避けるようにしてください。

1.抗炎症剤の服用

抗炎症剤などの特定の薬を空っぽの胃に流し込むことは良いことではありません。

また、解熱剤や鎮痛剤など、そのような特性を持った薬は、空腹時に服用してはいけません。

  • 薬の効果を弱めてしまうことがあります。また、胃腸出血などの症状を引き起こす恐れがあるので注意してください。
  • 牛乳は上記のような薬の悪い効果を抑えてくれる働きを持っているので、薬と一緒に飲むと良いでしょう。もちろん水をたくさん飲むことも大切です。

 

*こちらの記事もお勧めです

痛み止めの効果がある9つの食べ物

 

2.コーヒー

コーヒー

朝起きてすぐコーヒーを飲む習慣を持っている人は多く存在するでしょう。しかし、これはカフェインが含まれていないものでも胃酸の生産を促進してしまいます。

胃が空っぽの状態でコーヒーを飲むと、胃の中で燃焼を起こし、消化器官に影響します。

朝食を取らずコーヒーだけで済ますと、セロトニン不足を引き起こし、あなたを一日中悪い気分にしてしまうのです。

  • もし毎朝、一日の始まりにコーヒーを飲むなら、クリームやミルクを入れてみてください。この中に含まれている脂肪がその影響を和らげてくれます。
  • また、天然のコーヒーを出来るだけ選ぶようにしましょう。

3.アルコール

空腹時にアルコールを摂取することは胃に爆弾を投げ込むようなものです。これは空腹時だとアルコールの吸収を2倍にしてしまうので、アルコールを注射で体内に取り込むようなものです。

また、空腹時にアルコールを摂ってしまうと、排出される速度が非常に遅くなります。それは、酷い二日酔いをもたらし、肝臓、心臓、そして腎臓にダメージを与えるのです。

もしどうしても飲まなければいけない時は、炭酸の入っていない冷たいアルコールにしてください。アルコールの吸収速度を遅くしてくれます。

4.ガム

ガム

ガムを噛む時に生産する塩酸は空腹時の胃の粘液に影響を与え、胃炎を引き起こす可能性があります。

もしガムを噛みたい時は、キシリトールやソルビトールなど天然の甘味料が入ったものにしてください。人工甘味料の砂糖、チクロ(サイクラミン酸ナトリウム)、アスパルテームなどが含まれているものは避けましょう。

また、空腹時にガムを噛む場合は10分以上噛まないように心がけてください。

5.激しい運動

空腹時は筋力トレーニングなどの激しい運動をしないようにしてください。もし行うと、筋肉の質量を減少することになります。

また、何も食べていないと体は元気が出ず、効果のあるトレーニングが行えません。

それでも体を動かしたい時は、軽い有酸素運動をするようにしてください。

運動は胃液の生産を促すので、もしあなたが消化器官に何か問題を抱えているのなら、運動をする前は必ず何かを食べるようにしましょう。

 

*こちらの記事も一緒に読んでみてください

たった9分間で!健康的な体型を維持できる朝のエクササイズ9選

 

 

6.買い物

買い物

余計なものまでたくさん買ってしまう恐れがあるので空腹時は買い物に行かない方がいいでしょう。

お腹が空いている状態で買い物に出かけると必要以上に食べ物などを買ってしまうのです。

このようなミスをしないように、空腹時を避けてに買い物に出かけてください。また、あらかじめ買いたい物のリストを家で作っておいてから出かけるのも良い方法です。

このような対処法をとることで、余分なものを買わなくて済みます。

また、クレジットカードやデビットカードではなく現金で支払うようにすれば、お金を払う感覚がより現実的になり、買い物の量をおさえることが出来るのです。

あなたへおすすめ