空腹時に水を飲むことで得られる/メリット

· 12月 9, 2015

私たちの体は殆どが水で出来ています。筋肉の75%、脳の90%、骨の22%、血液の83%が水で構成されています。ここで理解したいのは、水を飲むことの重要性で、それはズバリ健康のため、そして様々な病気から身を守るためです。空腹時にたったグラス1杯~4杯の水を飲むことで得られるメリットを、是非感じてほしいと思います。さて、それによって得られるメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

空腹時に水を飲むべき10の理由

水は生きていくのに不可欠で、体の全臓器がスムーズにそして健康に機能するためにを必要としています。

みず

朝食前にグラス1~2杯の水を飲むことは、体が必要としていな物質や毒素を排出するのに最良です。水は病気になるのを防ぎ、朝一番に新陳代謝を高めます。

体は夜寝ている間に細胞の修復をし、浄化しています。従って空腹時に水を飲むことは、無駄なものを尿と一緒に対外へ排出し、体を強化する上で非常にメリットがあるのです。

空腹時に水を飲むことで得られるもう一つのメリットは、アルコールやたばこ、ジャンクフードやその他の汚染物質から受ける有害な影響を、少なくしてくれることです。

肌にとっても強い味方です。空腹時に飲むコップ2杯の水は、お肌の弾力性を整え、しわをでき難くします。

朝、水を飲むと、重要な臓器を守り、潤いを与え機能を調整してくれます。全体的な身体の調節をはかり、リンパ系や腸管輸送を健康に保つのを助け、ストレスホルモンと言われているコルチゾールを調節し、病気から体を守ります。

空腹時にグラス2~3杯の水を飲むのはダイエットにも最良です。毒素を体外へ排出する以外に、水は脂肪の燃焼とカロリーの消費につながります。空腹に感じることも減るので、食べ過ぎも減らしてくれます。

朝、空腹時にグラス1杯の水を飲めば、通常朝に感じられやすい疲れや眠さの感覚を取り除き、1日の始まりを元気に迎えることができます。朝食前に水を飲むことで、お通じを刺激してくれるので、便秘にもよいです。

もし胃炎などで悩んでいれば、水は一番の特効薬です。空腹時にグラス3杯の水を飲むと、胃酸の量を減らし、胃炎による痛みを軽減します。

朝にどう水を飲むか

水

朝に水を飲むことは、健康を維持する上でとてもいい習慣と言えます。水はゆっくりと静かに飲みます。というのも、大量の水をがぶ飲みしてしまうと、同じメリットが得られない上に、健康障害が起こり得ます。

  • 1日に2リットルの水を飲む場合は、これを4回に分けましょう。まずは起きぬけにグラス1杯、朝食後に1杯、昼食と夕食前にそれぞれ1杯飲むといいでしょう。
  • 定期的に水を飲むことに慣れたら、量を少しずつ増やしていきます。始めは起きぬけの空腹時にグラス1杯から始め、慣れてきたら2杯3杯と増やします。
  • 質のいい水を飲みたいので、水道水の質を調べるといいでしょう。水道水が基準に満たない場合は、ヘルシーな水を手に入れましょう。
  • 水から得られる健康のメリットへ、更に補足を加えたい場合は、空腹時に飲む水にレモン果汁を加えるといいでしょう。