靴擦れでマメができないようにする解決法7選

· 5月 13, 2018
ココナッツオイルは、靴擦れを止める他、靴の中で起こる感染症を防ぎ、血行を促進します。

水ぶくれ(マメ)は、足と靴が摩擦するためによくかかとの表面にできる痛い傷のことです。マメは深刻な問題でもなければ、長く続くようなものでもありませんが、その痛さのあまりに靴を脱いで一休みしなければならなくなるほどです。しかし、靴擦れでできるマメを防ぐ解決法はいくつかあります。

マメは、新しい靴が柔らかくなり、足の形に調節されてきているときにほぼいつもでき始めます。ですが、マメはよく感染しがちなため、対処する必要があります。

幸いにも、この傷がひどく前に肌を守ることができる解決法と予防策がいくつかあります。

今回は、次回新しい靴や固い靴を履く時に応用できるおススメの方法を7つ紹介したいと思います。メモの用意はいいでしょうか。

1. 保湿クリームを使う

フットケア

かかとと靴の両方に保湿クリームを一塗りすることで、こすれたり、水ぶくれができるのを防ぐことができます。

保湿クリームは肌を潤滑された状態に保ち、固い物質と接触する時の摩耗を防ぎます。

使い方

  • 靴を履く前に、少量の保湿クリームをかかとに接触する部分に塗ります。
  • また、マメができる恐れがある部分の肌にも柔らかくマッサージをしながら塗り込みます。

 

2. アロエベラを塗る

アロエベラジェルの潤い成分は、靴のタイプによって起こる摩耗から肌を守るのに役立ちます。

また、感染症を防ぐ抗菌作用もあります

使い方

  • アロエベラジェルをたっぷりかかとに塗ります。
  • しっかり吸収されるまで柔らかくマッサージをしながら塗り込みます。
  • もし既にマメができている場合は、1日に2回使いましょう。

3. ココナッツオイル

ココナッツオイル

自然化粧品業界では、ココナッツオイルは最も保湿効果のあるクリームの一つとみなされています。かかとにつけると、水ぶくれを引き起こす靴と肌とのこすれを抑えてもくれます。

事実、ココナッツオイルは、感染症から守り、自然治癒を助けてくれることから、どんな表面の傷にも使える素晴らしい治療薬です

使い方

  • ココナッツオイルをマメができている患部に塗ってしみわたらせます。
  • 靴の内側にも少量塗って、靴の素材の部分を滑らかにするのもよいでしょう。

4. タルカムパウダー(ベビーパウダー)

タルカムパウダーは足の悪臭を防ぎ、中和してくれる作用でよく知られていますが、靴擦れでマメができるのを防ぐ解決策としても優れた製品です。

汗は、つま先の部分が開いていない靴を履く事によって起こる肌への摩擦に貢献する要因でもありますが、タルカムパウダーはその汗をかくことで発生する湿気を吸収します。

使い方

  • 適量のタルカムパウダーを靴のかかとの部分とかかとの肌に付けます。

5. ワセリン

ワセリン

ワセリンで足を保湿することで、肌を柔らかく保ち、死んだ細胞をなくし、水ぶくれのような損傷をなくすことができます。

ワセリンの油っぽい質感が靴を履いている時に足を滑りやすくするため、肌が革や固い素材と常に接触することを防ぎます。

使い方

  • 少量のワセリンを指先に取り、かかとやその他の患部に塗り込みます。

こちらもおすすめ:ワセリンの効果と使い方

6. アルコール

アルコールを使ったこの技は、肌を傷める革や似たような素材でできた靴を柔らかくするのに使えます。

シミを作る可能性があるため、浸透性のある素材に使うことはおススメできません。

使い方

  • 新聞紙を丸め、アルコールで湿らせます。湿らせた新聞紙の玉を靴の中に入れます。
  • 靴を履く前にアルコールが作用するように4、5時間そのままで放っておきます。

7. 氷った袋

靴を大きくする方法

少しキツイ靴を買ったことはありませんか?そうした靴はマメを作ってしまいがちであることから、最良の選択肢はその靴を履き始める前に、その靴のサイズを少し大きくしようと試みることです。

シンプルな氷の袋が、素材を少し広げ、靴がより快適になるようにしてくれる解決策となります。

使い方

  • 2つの袋に水を半分ずつ入れ、しっかりと袋を閉じます。
  • 一番キツイと感じる靴の部分に袋をそれぞれ入れ、靴ごと冷凍庫に入れます。
  • 水が凍ったら袋を取り出して、靴の表面についた水を乾かし、靴を履きましょう。

お分かりのように、靴の種類によっては起こる痛い損傷で悩むことから足を守るとても簡単な技が存在します。

一番試してみたいと思えるものを選んで、この問題への予防策として使ってみて下さいね。