クローン病と上手に生きていく3つのアドバイス

5月 22, 2019
クローン病を患いながら普通の生活をするのは容易ではありませんが、コントロールする方法を学べば、生活を楽にすることができます。今回はその手助けとなるアドバイスをご紹介します。

この病気は、痙攣、嘔吐、下痢、その他自分の生活や自尊心を妨げる可能性のある様々な症状が発生します。そのため、うまく対処するための準備をすることが非常に大切です。

不治の病なので、ストレスと鬱につながることがあります。それにポジティブに向き合えるかどうかは人それぞれですが、クローン病と診断された場合に、手助けとなるヒントがあります。まずはクローン病について見ていきましょう。

クローン病とは?

クローン病は慢性的な自己免疫疾患であり、その原因はまだ明らかになっていません。遺伝的な理由であると言われたり、体が処理することのできないバクテリアが原因であると言われることもあります。

クローン病にかかっている場合、腸が原因不明の因子に反応している場合があります。消化管のある部分で炎症を引き起こしますが、遠位回腸及び結腸が最も一般的なものです。

クローン病の症状

クローン病

症状は影響を受けた消化管の面積によっても異なります。主な症状は以下の通りです

  • 腹痛
  • 疲労
  • 食欲不振、体重の減少
  • 下痢

時に症状はより激しく悪化し、他の症状を引き起こす場合があります。

  • 関節炎と炎症
  • 目の炎症
  • 血便
  • 口の潰瘍
  • 発疹
  • 便秘
  • 肛門周囲の傷

ほとんどの場合、症状は数日で消えます。しかし、期間は病気の診断によっても異なります。年に数日しか経験しない人もいれば、3ヶ月ごとに、あるいはもっと頻繁に発生する人思います。

以下のような合併症が現れます

  • 腸閉塞
  • 肛門破裂
  • 潰瘍
  • 瘻孔

生命を脅かすものではありませんが、クローン病と一緒に生活していくには、症状を軽減するために手術が必要になることもあります。また、クローン病を患わっている人は結腸癌のリスクが高いため、定期的に検査をすることが大切です。

クローン病は精神的にも身体的にも影響与えます。クローン病になると、外に出なくなり自宅で孤立し、人生が変わってしまうという場合もあります。仕事にいかなくなったり、他人と交流しなくなったり、不安を感じないために家に引きこもってしまうこともあります。

クローン病と生きていく

残念ながら完全に治癒する方法はありませんが、クローン病はコントロールできる病気です。クローン病を患いながら生きていくことを学ぶ事で、生活の質を改善し、できるだけ長い間健康を保つことができます。

クローン病を患わっている場合に役に立つアドバイスは以下の通りです。

 1.病気を知る

診察

病気をうまくコントロールしたいのであれば、病気についてよく理解しなければなりません。自分の病気について学び情報を得てください。医師が大きな助けとなるでしょう。わからないことや不安があれば質問をしたり、話してください。

家族や友人に、あなたが経験していることをよく理解してもらいましょう。また、必要な時に助けてもらえるようにしてください。愛する人の助けを借りて病気に向き合うことで、気分ははるかに良くなるでしょう。身体的にも感情的にも気分が落ち込んだ時に、家族や友人はあなたの力となってくれます。

ご存知でしたか?:
見過ごせない クローン病の診断とその詳細

2. ストレスの対処方法を学ぶ

ストレス

ストレスがクローン病の直接的原因ではないとしても、症状の引き金になる可能性があります。心は肉体の健康と大きな関係があるのです。ストレスや心配などによって健康を害さないように心がけましょう。

次のようなアクティビティは、心をリラックスさせ前向きな気持ちを保つのに役立ちます。

  • 瞑想
  • ヨガ
  • 音楽を聴く
  • 本を読む

こちらもご参考に:
薬だけに頼らずクローン病の症状を和らげる9つの方法

 3. あなたの体の声を聞く

情緒不安定

あなたの体は絶えずあなたと対話しています。その声を聞き逃さないでください。体があなたに与える信号を理解し、周りの刺激に注意を払ってください。

例えば、ある特定の食べものを食べた後の気分に注意して、食べてもいいかどうか判断してください。

あなたの体が受け入れられない食べ物のリストを作りましょう。バランスのとれた食事をとり、医師の栄養上の推奨事項に従ってください。

あなたは自分の心と体をコントロールすることができます。クローン病にかかったことで、クローン病に支配されないでください。共に生きることを学びましょう。気分が悪い時は医師の処方した薬を飲んだり、散歩に出かけたり、音楽を聴いたり、あるいは心を浄化するアクティビティを行ってください。

決して自分の病気について恥ずかしく思わないでください。できる限り普通に生活を送り、常に自分の健康を第一に考えるようにしましょう。

  • Sans, M. (2006). Enfermedad de Crohn. Gastroenterologia y Hepatologia. https://doi.org/10.1157/13098296
  • Méndez Gutiérrez, T. H. (2010). Enfermedad inflamatoria intestinal. Enfermedad de Crohn. Revista de Gastroenterolog??A de M??Xico.
  • Ballester, M., Boscá, M., & Mínguez, M. (2016). El vivir con la enfermedad de Crohn. Crohn’s & Colitis Foundation of America. https://doi.org/10.1364/OL.34.003268