口からの危険信号で疾患を発見

4月 14, 2016
歯がグラグラしていると感じたら、歯周炎の疑いがあります。感染がないのに歯が抜けたら、骨粗しょう症の兆候かもしれません。

口は、食べ物、水、体が最適に機能するために必要なすべての栄養素の体への玄関口です。しかし、それはまた、疾患につながりかねない微生物の侵入口でもあり、あなたの健康に重要な役割を果たしています。

あなたは毎日、歯の問題や口臭を引き起こす可能性がある多くのウイルスや細菌を排除するために、良好な口腔衛生の維持を心がけていることと思います。

口腔ケアに加えて、他の健康問題を知らせる口からの警告サインについて考えることが必要です。どのような警告サインがあるかご存知ですか?

歯や顎の痛みから疾患を発見

2-jaw-pain

下顎が痛み、それに腕に向かって放射状に起こる疲労感や胸の痛みが伴い始めたら、心臓発作の兆候かもしれません。

口の上部に痛みがあれば、副鼻腔感染症を示唆している可能性があります。それは、鼻の通路を取り囲む空洞が炎症を起こした時に発生し、通常、あご、歯、頭に痛みを引き起こします。

ほとんどの場合、この種の痛みは、夜間の歯ぎしりからくる筋肉の緊張が原因です。

 

口内炎や口の潰瘍から疾患を発見

口内炎、口唇ヘルペス、白板症、真菌感染症は、口内にいつ何時でも現れかねない傷の最も一般的なタイプです。

それぞれ大変異なる原因によって起こり、口内の隠れた疾患、感染症、高熱、または口内の炎症を警告している可能性があるので、それらが何か注意を払うことが重要です。

 

口臭から疾患を発見

3-bad-breath

口臭のほぼ90%が口の中で起こり、舌の裏のある種の細菌や歯周病に関連付けられます。

残り10%に関しては懸念すべきで、口臭が突然に起こる場合は特に気をつけてください。これは、2型糖尿病、肝不全、腎臓や腸の問題を警告しているかもしれません。

 

歯茎の外観の変化から疾患を発見

歯茎が白っぽくなったのに気付いたら、貧血の明確な兆候です。赤血球数が減少した場合、歯茎の色が淡くなります。また舌が赤く腫れ、テカテカしているのに気づくかもしれません。

一方、歯茎が赤くなり炎症を起こした場合、おそらく歯肉炎や細菌感染症の兆候です。

 

歯の喪失から疾患を発見

4-tooth-loss

突然、歯がグラグラすると感じ、鮮やかな赤色の歯茎を伴っているなら、歯周炎かどうか医者に診てもらうことが重要です。この場合、歯肉炎は歯を支えている組織に影響が出る程進行しています。

明確な感染の兆候がないのに虫歯に苦しんでいる場合は、骨粗しょう症の初期の兆候である可能性がありますこの段階では骨密度が減少し、この病気が急激に進行する可能性があるため、既に閉経している女性は、これらの信号に細心の注意を払う必要があります。

 

歯茎の出血から疾患を発見

これは一般的に、その部位に損傷や感染がある場合に起こります。しかし、出血が慢性的かつ多量である場合、白血病の警告サインかもしれません。

鼻血を伴う場合はまた、肝臓障害を示しているかもしれません。肝臓は血液の凝固を促進する物質を生成しますが、正常に機能していない場合は、歯茎と鼻血を引き起こす可能性があります。

どちらの状況でも、すぐに医師に相談してください。これらの兆候を無視した場合、深刻な問題に発展する可能性があります。

アスピリンを服用したり閉経期間にある場合にも、出血が通常より多いかもしれません。しかし、これに関しては心配することはありません。症状を観察して、水で口をゆすぎ、少量の重曹で口を消毒しましょう。

あなたへおすすめ