あごのたるみの解消法

· 7月 20, 2015

年を重ねるにつれ、私たちの身体はさままざな変化を体験します。

水分とコラーゲンが不足するため、お肌にハリがなくなり、少しずつたるみ、筋肉にもしまりがなくなりますが、特に目立つのが首。

脂肪がついていわゆる二重あごになってしまうかもしれません。

そんなのヤダ!と思われる方のために、本記事では簡単なあごのたるみのお手入れ法をいくつかご紹介しましょう。

筋肉の張りが失われる主な原因は、加齢により身体がコラーゲンをあまり作らなくなり、肌細胞が、老化を早めるフリーラジカルと戦えなくなことだと言われています。

しかし、コラーゲンは私たちの周りの食品から摂取することが可能です。

こちらもご参考に:コラーゲンの生成に良い4つの食べ物

あごのたるみの解消法

ひまし油マッサージ

ひまし油

ひまし油は、あごのたるみの解消に非常に役立ちます。

ひまし油に含まれる必須脂肪酸が、肌の乾燥を防ぎ、柔軟性と保水性を高め、肌の滑らかさと清潔さを保ち、瑞々しい肌が蘇る効果が期待できます。

使用方法

  • 大さじ1杯のひまし油を同量のオリーブ油を容器に入れて混ぜます
  • 少量を手のひらに取り、首からあごに向けて、下から上へと手のひらでしっかりマッサージします。
  • 15分以上続けてください。
  • 小さいタオルを熱い湯に浸してからしっかりとしぼります。
  • このタオルを首にあて、5分間蒸しましょう。
  • 湯気が油の吸収を助け、肌をさらにリラックスさせます。
  • 夜行ってください。

水分補給

水-5

水を飲むのは健康にいいというのは、よく知られていますが、意識して実行していますか?

十分な水分の補給は、肌の健康を保ち、シワを防ぐのにも役立ちます。

体内のバランスがよく保たれていれば、それがそのまま身体の外側にも現れる効果があります。

毎日、少なくとも2リットルの水を飲むようにしましょう。

直射日光を避ける

太陽

太陽は健康に欠かせないもので、体内におけるビタミンDの合成を促進します。

しかし日焼けは肌の老化を早めるため、直射日光に当たる時間を最低限に保ち、直射日光に当たる場合は、必ず日焼け止めクリームやサングラスを使って身体を守りましょう。

特に首は日焼けに敏感なので、日焼け止めだけではなくタオルなどで首を守るか、太陽光線が強い時間帯は日光浴を避けるようにした方がよいでしょう。

こちらもご参考に:日焼け止めとして使えるナチュラルオイル

正しい食生活

人参スムージー

抗酸化物質やβカロチン、ビタミンA・C・Eを豊富に含む食事をとることは、お肌の健康を維持し、たるみを防ぎ、フリーラジカルと戦うために非常に大切です。

デザートなどにオススメなのが、ビーツやりんごをベースにした生ジュースです。

水分の補給にもなりますし、若々しいお肌を保つのに必要なビタミンやミネラルを提供してくれます。

アボガドとブドウのパック

アボカド-マスク

老化を防ぐ抗酸化物質が豊富なパックを作りましょう。

今回は、アボガドとブドウをの組み合わせをご紹介します。

使用方法

  • アボガド半分の実の部分をすくいとり、ブドウ5粒と一緒にミキサーにかけるか、フォークを使ってよく混ぜます。
  • ペースト状になったら出来上がりです。
  • 首にしっかりと塗ります。
  • パックを塗ったらソファなどに横になり、20分間そのままにして浸透させます。
  • 毎日続ければ、少しずつお肌にハリが出てくるなど効果を実感できるでしょう。
  • 肌に水分を補給し、ミネラルを与えることで肌の元気を回復させる方法です。

オートミールパック

オーツクリーム

オーツ麦は、肌荒れの手当法として昔から使われてきました。

肌のたるみが現れやすい敏感な首周りに欠かせない必須脂肪酸を補給します。

使用方法

  • 半カップのオーツ麦と、コップ半分の熱い牛乳、そして小さじ1杯のローズヒップオイルをよく混ぜ合わせます。
  • ペースト状になったら首に塗ります。
  • うまく塗布できない場合は、横になり、汚れないように胸の上にタオルを置いてから首に塗ってください。
  • 15〜20分間このままにして浸透させ、終わったら、冷水できれいに洗い流します。